kate-ketty.cocolog-nifty.com > イギリス

花の名前は?
アップにすると白く見えますが
エジンバラ・近代美術館
エジンバラ城
コナン・ドイル・パブ
エジンバラ城の城門
王家の紋章?
エジンバラ城・半月砲台の大砲
半月砲台からのエジンバラ市街の眺望
エジンバラ城
スコットランド王家の紋章
城最古の建物・聖マーガレット礼拝堂
聖マーガレット礼拝堂内部
旧市街・世界遺産
ロイヤル・マイル
ユニコーンの紋章
ホーリルード宮殿
ホーリルード宮殿の門
ミニクラウンのお土産物
スコットランドの衣装
グラスミア・ジンジャーブレッドのお店
お店の内部
グラスミアの街並み
グラスミア
グラスミアのカフェ
グラスミアの家
ダヴ・コテージ
エスウェイト湖
湖水地方の放牧
ウィンダミアのホテル・レストラン
ビアトリクス・ポターの世界
ピーターラビットの世界/キャラクター立体像
のねずみチュウチュウおくさん
ティギーおばさんの家
キツネどんの家に侵入してきたアナグマ・トミー
パイがふたつあったおはなし
ネコのリビーのキッチン
リビーのオーブン
リスのナトキンのおはなし
あひるのジマイマのおはなし
ジマイマが卵を孵す薪小屋
絵本の表紙展示
ピーターとお母さん
いたずら好きでやんちゃなピーターラビット
農夫マクレガーさん
白鳥の湖?
ウィンダミア湖/ボウネス
レイククルーズ船
湖水地方/グリーンのカーペット
湖水地方
あ、マクレガーさんだ!
ジマイマの風見鶏
タワー・バンク・アームズ
ニア・ソーリー村/ヒル・トップ農場
ヒル・トップ/庭の小道
ヒル・トップ/庭の小道
ヒル・トップ/コテージ前の古いベンチ
ヒル・トップのコテージ全景
ヒル・トップ農場
ポターの結婚後の家
ホークス・ヘッドの街並み
ホークス・ヘッド・グラマースクール
SLの旅へ
連結完了!
ダンディなガイドさん
牛かな?
レイクサイド駅
レイクサイド桟橋
ウィンダミア湖遊覧
ウィンダミア湖のマリーナ
ボートハウスのある家
ストラット・フォード・アポン・エイボン/アン・ハサウェイの家
アン・ハサウエィの家
シェイクスピアの生家
ストラットフォード・アポン・エイボンの街並み
赤いマロニエ
赤いマロニエ
エイボン川の側にメリーゴーラウンド
エイボン川に泳ぐ白鳥の群れ
白いマロニエ
藤の花で覆われた家
キバナフジ
コッツウォルズ/ボートン・オンザ・ウォーター
コッツウォルズ/ボートン・オン・ザ・ウォーター
コッツウォルズ/ボートン・オンザ・ウォーター
鴨の親子
ボートン・オン・ザ・ウォーター/ホテル
何気ない横道にも風情が
コッツウォルズ/バイブリー
バイブリー/アーリントンロウ
バイブリー/アーリントンロウ
バイブリー/アーリントンロウ
バイブリー
バイブリー/スワンホテル
バイブリー/コルン川
オックスフォード/クライスト・チャーチ
クライスト・チャーチの並木
クライスト・チャーチ/グレートホール(ダイニングホール)
クライスト・チャーチ/階段
クライスト・チャーチ/トムクワッド(中庭)
クライストチャーチ/大聖堂
クライストチャーチ/チャペル・ステンドグラス
クライストチャーチ/チャペル・ステンドグラス
クライストチャーチ/ヨナの窓
ロンドン/タワーブリッジ
ロンドン塔
ロンドンアイ
ウェストミンスター寺院
バッキンガム宮殿
衛兵交代
衛兵交代
おもちゃの兵隊さん?
騎馬兵
ビッグベン(国会議事堂)
アフタヌーンティー
オペラ座の怪人
ハー・マジェスティーズ・シアター
ノッティングヒル/ポートベロー・マーケット
ランボルギーニ
ポートベロー/アンティークショップ
ポートベローのアンティークショップ
ノッティングヒル/ポートベロー・マーケット
ノッティングヒル/ポートベロー・マーケット
ノッティングヒル/ポートベロー・マーケット
ノッティングヒル/ポートベロー・マーケット
ノッティングヒル/プライベートガーデン
ノッティングヒルの住宅街
グラスミア・ジンジャーブレッド
グラスミア・ジンジャーブレッド
ピーター・ラビット・グッズ
グッズその2
グッズその3
絵本
お土産

<< 前 | トップページ | 次 >>

ダヴ・コテージ

ダヴ・コテージ

詩人ウィリアム・ワーズワースが最初に住み、詩作に励んだ家ダヴ・コテージ。
昔はこの家の2階からグラスミア湖まで見渡す限り牧草地が続いていたそうですが、
今は目の前に家が立ち並び、残念ながらグラスミア湖は見ることができないとか。

「かつて輝かしかりしもの、今や我が視界より永久に消え失せたりとも、
何物も昔を呼び戻せはしない。
草原の輝き、花の栄光、
ふたたびそれは還らずとも、嘆くなかれ、
その残されたものの奥に、秘めたる力を見出すべし。
(映画「草原の輝き」より。『幼少期の回想から受ける霊魂不滅の啓示』参考)

英文学で習うより前に見た昔の映画、エリア・カザン監督「草原の輝き」に登場、
子供心にも印象に残った詩でした。その後、英文学専攻時に少し習いましたが、
詳細は忘れてしまいました~。
10年前の旅ではこちらは入館、見学済み。今回は車窓のみ。

固定リンク