キツネの紳士が提供してくれた、鳥の羽が敷き詰められた薪小屋で
何の疑いもなく自分の卵を孵そうとしているジマイマ。