ロンドンからフィレンツェまでベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレスでの列車の旅。ロンドン・ビクトリア駅でのチェックインさえ専用のサロンで行い、大きな荷物は荷物室へ、着替えなどの手荷物だけを持って列車へ。にこやかなスチュアードが名前をチェックしてコンパートメントに案内。ロンドンからフォークストンまではブルマン車という、テーブルとふかふかのソファのダイニングカーでランチをいただきながら移動。そしてドーバー海峡を渡るのはフェリーか、海が荒れているときはバスに乗り換えてカートレイン(ル・シャトル)で海底トンネルを通りフランスへ。その駅に待っているのが「走る貴婦人」と呼ばれる、この濃紺ボディのワゴン・リー、憧れのオリエント急行。内装はすべてアールデコで、2名用のコンパートメントは狭いながらもコンパクトで便利な作り。マホガニーの戸棚を開けると鏡や洗面台など一式が。二段ベッドは就寝前にメークしてくれ、それまでは大きなソファのような座席でゆったりとした気分で旅を楽しめます。