右の建物がガウディの傑作のひとつ。多彩色建築が脚光を浴びた頃のもので
ガウディの多彩色は主にタイルによって施されているとのこと。
帆船をモチーフにして、表面は色ガラスの破片と円形タイルで覆われており
太陽の光で色とりどりに輝きます。
内部はうねりやよじりを多用した独特の空間とのことですが、
人がたくさん並んでおり時間がなくて残念ながら入場をあきらめました。