北村の高台にある雰囲気のある韓屋をお茶屋にした「チャマシヌントゥル」。
一見、普通の家にしか見えないので探しながらも通り過ぎてしまいそうでした。
こちらも雑誌掲載の住所と表示が違うので、見つけられないかもとあきらめ、
似たような韓屋をお茶屋にしたほかのお店に入ろうかとブラブラしていて
掲載誌を持ち歩いていた姉が偶然、発見。
「玄関が似てるけどひょっとして、ここじゃない?」って。
ヤッタ~~~~。発見。到着。
趣のある韓屋の門をくぐり、入り口で靴を脱いで上がります。
ガラス戸の奥に中庭を挟んでぐるりと広がる店内。
座卓と座布団がある、懐かしい感じのする落ち着いた空間でした。
左側には個室もありました。