「宮廷女官チャングムの誓い」のヒロイン・チャングムが水刺間(スラッカン=王の食事を担当する宮廷内の厨房)の女官、その後は医女となり主治医として仕えた中宗王の名前もありました。