王様に差し上げるご飯は水刺(スラ)といい、
ご飯を調えたお膳を水刺床(スラサン)と呼ぶそうです。
調理法が違う12種類のおかず、2種類のご飯、3種類のキムチ、
2種類の鍋料理と醤、お酒などが出されたとか。
朝鮮各地の産地の食べ物を食べることにより、そのときの豊作・凶作など
民の状態も知るために必要だったといいます。
しかし、こんなにたくさん食べられませんよね~、いかにグルメな王様でも。