今回のこだわりホテルは明洞のウェスティン・チョースンホテルで
14階のエグゼクティブデラックスルームに宿泊。
完全リニューアル後だから部屋は広くてきれいだし、ロビーも静かで落ち着いています。
部屋にはミネラルウォーターのほかウェルカムフルーツやチョコレート、
エスプレッソマシーンまで備えられていました。
20階のエグゼクティブラウンジでは朝食のほか、アフタヌーンティータイム、
夜のカクテルアワーなどいろいろサービスが受けられ、とても気に入りました。
また次回もここにしようっと!

客室の窓から下に見えるのは、このホテルのシンボルともいうべき
李氏朝鮮王朝時代の園丘壇(ウォングダン)。
ここは、かつて大韓帝国・皇帝が豊作や雨を祈る儀式が行われていたそうで
今はその一部分が残っているだけです。