河回村(ファフェマウル)とは、洛東江という川が村を取り巻くように曲がっているから
名付けられたとか。
昔ながらの藁葺き屋根や伝統家屋の村が丸ごと保存されているます。
ここからから眺める村全体が池に浮かぶ芙蓉の花のようだ、
ということから芙蓉台(プヨンデ)と呼ばれたそう。