古き良き時代の韓屋が残っている一角、北村。
景福宮(キョンボックン)と昌徳宮(チャンドックン)の間に挟まれた地域を
北村韓屋マウルと呼んでいます。
両班(ヤンバン=昔の貴族階級)や王宮の武官・文官たちが住んでいたそうです。
韓国にゆかりのある伝統文化や工芸を扱った博物館や美術館があり、
文化・芸術の街でもあると言えます。
ここは伝統工芸の小さな博物館のようでした。