最終日はハイアットリージェンシー済州から一番近いホテル、
ハナホテルのレストランでランチにした。
日本語メニューがないのでハングルと英語のみ。
両方を解読して「フライドポーク・ウィズ・ベジタブル」をオーダー。
ちょっとイメージとは違ったけれど、これがまた拾い物で
黒豚の薄切りをパプリカ、ピーマン、玉ねぎなどと一緒に炒めて
コチュジャンや唐辛子で味付けしてありました。
辛い。食べれば食べるほど辛い。でも、とてもおいしくてご飯が進みます。
豆ご飯も初めて食べました。
味噌チゲは辛くなくあっさりしすぎて日本の味噌汁みたいでしたが、味はよかったです。
黒豚が辛かったのでわざと?