今度は一番後ろになったので。
なんだか妙に珍しくうれしくて、鉄子の気分です。