アイガーとユングフラウの間にはさまれて、そびえたつメンヒ。