宝塚・ミュージカル・歌舞伎

2018年10月28日 (日)

歌舞伎の助六

先週は東京・歌舞伎座で勘三郎追善興行を観劇した。もう七回忌とは早いものだ。
仁左衛門さんの助六で、揚巻に七之助、白酒売に勘九郎、助六の母に玉三郎という珍しい配役。亡くなった勘三郎が慕っていたという仁左衛門さんが、その息子たちに自分たちの芸を伝承しようという意図のようだった。仁左衛門の助六は初演、襲名時と見逃さないようにしてきたが、なんと20年ぶりとか。お元気で変わらない美しい助六を見ることができて何より。
七之助の揚巻は美しいのだか、まだまだ大きさというか、もう一頑張りを期待したい。次に演じる時はさらに良くなってると思う。
勘九郎は彼らしいうまさで好演。玉三郎の老け役がなんと品格があって美しいのか、改めて驚いた。吉野山の静御前もさすが

1540721824781.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

宝塚月組公演「All for One」

宝塚月組公演「All for One」を観劇。お馴染みの三銃士とダルタニアンの題材に、オリジナルである太陽王ルイ14世の秘密が絡む冒険活劇。ダルタニアンや三銃士、実は女性だったルイ14世という設定(トップ娘役である、愛希れいかは元男役)が今の月組にぴったりの配役となって楽しめた。剣(レイピア)での闘いなど、剣さばきもなかなか見事だし、三銃士のユニフォームがデニム素材というのも似合っていた。

1502540152111.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

オペラ「フィガロの結婚」

兵庫県立芸術文化センターで佐渡裕プロデュースオペラ「フィガロの結婚」を観劇。世界各国で活躍中の歌手が出演、全編イタリア語上演だが日本語字幕付なので、よくわかった 数年前に「セビリアの理髪師」を見たが、オペラはそれ以来かな。
芸文センターでくれるプログラムはミニサイズながら、美しいデザインの表紙に、写真、解説、時代背景などが詳しく載っていて読み応えがあり、復習用にうれしい。

1500804728216.jpg

美しい表紙のパンフレット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水)

松竹座五月花形歌舞伎

今月は観劇続き。梅芸に続き、松竹座の五月花形歌舞伎で「野崎村」と「怪談乳房榎」を見た。最近、ご贔屓の中村屋七之助がお光を演じるのを見たくて野崎村百姓の娘にしては美しすぎるお光だけど😃切ない恋を描く物語で、数十年ぶりに見る演目だった。実際に大根を千六本に切る場面があるので興味津々上手に切れていた
「怪談乳房榎」は勘九郎が三役早替わりで大奮闘。本水を使って迫力あるお芝居に。

1496208209405.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

ミュージカル「王家の紋章」

梅芸でミュージカル「王家の紋章」を見た。原作の漫画のファンでもある。ヒッタイト国イズミル王子役の平方元基が、歌もよかったしビジュアルも素敵まさに原作のイメージ通り。「エリザベート」のルドルフなども演じているそうだが、残念ながら彼のルドルフは見たことがなかったので、今回初めて今後も要注目❗
エジプト王の姉アイシスの濱田めぐみは歌、存在感も圧巻。お見事‼

1496054815043.jpg

1496054816299.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

歌舞伎座と椿山荘

先日、東京・歌舞伎座の「猿若祭二月大歌舞伎」で、中村勘九郎の子供たちがお披露目をする「門出二人桃太郎」を観劇。5歳の勘太郎君、3歳の長三郎君の頑張る姿に胸が熱くなった。お兄ちゃんの勘太郎君は芝居も見得も大人顔負けで将来が楽しみ

20170215_161659 20170215_171245

今回の宿泊は一度は泊まってみたかった、目白の椿山荘へ。広大な庭園に名前の通り椿や河津桜などが見事で、滝も流れていて十分な散歩コースに。お部屋も広々としてアメニティもロクシタンで充実。

20170215_150459 20170215_140406

20170215_140726 20170215_141627

翌日は世界遺産・上野の国立西洋博物館と東京都美術館の「ティツィアーノ展」を見学。芸術鑑賞後は、久々に訪れた「月島小町」で、もんじゃ焼き(餅チーズめんたい)を堪能した。おいしい ビールも進む~

20170216_113556 20170216_121215


20170216_134116 20170216_134227

初めて、もんじゃ焼きの過程撮影に成功

20170216_134506 20170216_133404_001

往復ともに富士山がきれいに見えた。

20170215_100801 20170216_164557

往路の富士山はくっきり!帰りは朧に?












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

壽新春大歌舞伎

今年最初の観劇は、松竹座の「壽新春大歌舞伎」の八代目中村芝翫襲名披露だった。橋之助から芝翫へ。息子さん3人も同時に襲名という華々しいお披露目だ。仁左衛門丈が富樫で付き合う勧進帳は、芝翫の弁慶。なかなか貫禄があった。仁左衛門丈の富樫を見るのも十数年ぶりかな。さすがの品格。

20170114_153116 20170114_163224

20170114_153957 20170114_154019










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月28日 (月)

雀右衛門襲名興行

東京・歌舞伎座で雀右衛門襲名興行を観劇。「祇園祭礼信仰記~金閣寺~」の雪姫は今まで見る機会がなくて初めて見た。歌舞伎で重要な三姫のうちの一つ。桜の花びらが雪のように舞う中、歌舞伎の様式美を堪能。他の演目「双蝶々曲輪日記~角力場~」も同じ作品中の「引窓」は何度か見たが、角力場は初めて。「関三奴」も。毛槍を華やかに振る踊りで若手たちが生き生きしていた。
今回の宿泊は初めてのザ・プリンス・パークタワー東京。クラブラウンジから東京タワーがすぐ目の前に見える。フォアグラのオムレツも美味。

20160322_183243

襲名披露の時だけ使用される幕

20160322_14270720160322_211511

東京タワー昼と夜
夜は窓ガラスに天井が映り込んで、友達曰く「ガラスケース入りのタワー」!

20160323_081701 フォアグラのオムレツで朝から満腹

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

スーパー歌舞伎Ⅱワンピース

またまたご無沙汰してしまいました。仕事が忙しいとブログ更新が後回しになってブログ訪問を楽しみにしてくださる方々に申し訳なかったですねぼちぼち始めます。

先日、松竹座で「スーパー歌舞伎Ⅱワンピース」を観劇。漫画の「ワンピース」の頂上戦争編を舞台化したもので、映像、照明など現代的な効果に、もちろん歌舞伎の要素もたっぷり。ワンピース自体は全くと言っていいほど知らないので少し予習していったけど、あまり気にしなくていいかな。歌舞伎の宙乗りや本水を使っての迫力ある立ち回りなど楽しめた。2部の終わりには客席降りもあって、3階席まで役者さんが来てくれてハイタッチしたり一緒に歌ったり、飛んだりはねたりして大騒ぎ。大盛り上がりだった。

20160307_10332920160307_103342

舞子さんも観劇。衣装やメイクは漫画のキャラとのシンクロ率も話題。

20160307_104314 開演前の舞台上にはルフィのキャラクター




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 6日 (金)

平成中村座

大阪城西の丸庭園の特設劇場で平成中村座を観劇した。
勘三郎亡き後、橋之助、扇雀たちの強力なサポートの元、勘九郎、七之助兄弟たちが頑張っていて頼もしい。初めて見る演目もとても面白く楽しかった。歌舞伎ビギナーの姉の友人たちも楽しめたようだった。
2階席しか取れなかったので、舞台後ろが開いて大阪城が見える!というウリの演出効果は見られなかったのが残念でも、こぢんまりとした劇場なので、花道七三の真正面という、花道に立つ役者さんと目が合う位置だったので、みんな大喜び
大阪城や西の丸庭園なんて行くのは何十年ぶり秋晴れの下、色づき始めた紅葉とともにお城が美しい。

20151104_10400720151104_10445220151104_104544


20151104_10462620151104_12212720151104_144321









| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧