アレンジメント作品集 

  • 第71回作品 ツインズデコレーション
    自宅でお稽古しているヨーロピアン・ フラワー・アレンジメントの作品集です。

ガーデニング

  • ポインセチア
    狭いガーデニングですが姉の丹精です。 私は水やりだけ~。

自慢コーナー

  • クリスマスリース
    自称・ビーズ職人という、友人の手作り作品です。 私が作った作品はリングピローが3つになりました。

さくら

  • 大手毬
    日本人なら誰もが好きな花、さくら。

最近のトラックバック

宝塚・ミュージカル・歌舞伎

2017年2月26日 (日)

歌舞伎座と椿山荘

先日、東京・歌舞伎座の「猿若祭二月大歌舞伎」で、中村勘九郎の子供たちがお披露目をする「門出二人桃太郎」を観劇。5歳の勘太郎君、3歳の長三郎君の頑張る姿に胸が熱くなった。お兄ちゃんの勘太郎君は芝居も見得も大人顔負けで将来が楽しみheart04

20170215_161659 20170215_171245

今回の宿泊は一度は泊まってみたかった、目白の椿山荘へ。広大な庭園に名前の通り椿や河津桜などが見事で、滝も流れていて十分な散歩コースに。お部屋も広々としてアメニティもロクシタンで充実。

20170215_150459 20170215_140406

20170215_140726 20170215_141627

翌日は世界遺産・上野の国立西洋博物館と東京都美術館の「ティツィアーノ展」を見学。芸術鑑賞後は、久々に訪れた「月島小町」で、もんじゃ焼き(餅チーズめんたいshine)を堪能した。おいしいheart04delicious beerビールも進む~sign02

20170216_113556 20170216_121215


20170216_134116 20170216_134227

初めて、もんじゃ焼きの過程撮影に成功

20170216_134506 20170216_133404_001

往復ともに富士山がきれいに見えた。

20170215_100801 20170216_164557

往路の富士山はくっきり!帰りは朧に?












2017年1月21日 (土)

壽新春大歌舞伎

今年最初の観劇は、松竹座の「壽新春大歌舞伎」の八代目中村芝翫襲名披露だった。橋之助から芝翫へ。息子さん3人も同時に襲名という華々しいお披露目だ。仁左衛門丈が富樫で付き合う勧進帳は、芝翫の弁慶。なかなか貫禄があった。仁左衛門丈の富樫を見るのも十数年ぶりかな。さすがの品格。

20170114_153116 20170114_163224

20170114_153957 20170114_154019










2016年3月28日 (月)

雀右衛門襲名興行

東京・歌舞伎座で雀右衛門襲名興行を観劇。「祇園祭礼信仰記~金閣寺~」の雪姫は今まで見る機会がなくて初めて見た。歌舞伎で重要な三姫のうちの一つ。桜の花びらが雪のように舞う中、歌舞伎の様式美を堪能。他の演目「双蝶々曲輪日記~角力場~」も同じ作品中の「引窓」は何度か見たが、角力場は初めて。「関三奴」も。毛槍を華やかに振る踊りで若手たちが生き生きしていた。
今回の宿泊は初めてのザ・プリンス・パークタワー東京。クラブラウンジから東京タワーがすぐ目の前に見える。フォアグラのオムレツも美味。

20160322_183243

襲名披露の時だけ使用される幕

20160322_14270720160322_211511

東京タワー昼と夜
夜は窓ガラスに天井が映り込んで、友達曰く「ガラスケース入りのタワー」!

20160323_081701 フォアグラのオムレツで朝から満腹

2016年3月20日 (日)

スーパー歌舞伎Ⅱワンピース

またまたご無沙汰してしまいました。仕事が忙しいとブログ更新が後回しになってsweat01ブログ訪問を楽しみにしてくださる方々に申し訳なかったですねdashぼちぼち始めます。

soonsoonsoonsoon

先日、松竹座で「スーパー歌舞伎Ⅱワンピース」を観劇。漫画の「ワンピース」の頂上戦争編を舞台化したもので、映像、照明など現代的な効果に、もちろん歌舞伎の要素もたっぷり。ワンピース自体は全くと言っていいほど知らないのでsweat01少し予習していったけど、あまり気にしなくていいかな。歌舞伎の宙乗りや本水を使っての迫力ある立ち回りなど楽しめた。2部の終わりには客席降りもあって、3階席まで役者さんが来てくれてハイタッチしたり一緒に歌ったり、飛んだりはねたりして大騒ぎ。大盛り上がりだった。

20160307_10332920160307_103342

舞子さんも観劇。衣装やメイクは漫画のキャラとのシンクロ率も話題。

20160307_104314 開演前の舞台上にはルフィのキャラクター




2015年11月 6日 (金)

平成中村座

大阪城西の丸庭園の特設劇場で平成中村座を観劇した。
勘三郎亡き後、橋之助、扇雀たちの強力なサポートの元、勘九郎、七之助兄弟たちが頑張っていて頼もしい。初めて見る演目もとても面白く楽しかった。歌舞伎ビギナーの姉の友人たちも楽しめたようだった。
2階席しか取れなかったので、舞台後ろが開いて大阪城が見える!というウリの演出効果は見られなかったのが残念sweat02でも、こぢんまりとした劇場なので、花道七三の真正面という、花道に立つ役者さんshineと目が合うwink位置だったので、みんな大喜びhappy01
大阪城や西の丸庭園なんて行くのは何十年ぶりsign02秋晴れの下、色づき始めた紅葉とともにお城が美しい。

20151104_10400720151104_10445220151104_104544


20151104_10462620151104_12212720151104_144321









2015年7月12日 (日)

アラジン&エリザベート観劇

東京へ、劇団四季の「アラジン」と帝劇の「エリザベート」観劇に行った。「アラジン」はランプの精ジーニーがうまく観客を乗せて楽しませてくれた。空飛ぶカーペットは見事!ワイアーやクレーンが見えないので、どういう風になっているのかな。
「エリザベート」はキャストが一新されていて、演出もだいぶ変わっていた。私は以前の演出の方が好き。
宿泊はいつもの帝国ホテルではなく、今回初めてインターコンチネンタル東京ベイに。クラブフロアなのでクラブラウンジが使えて便利。ディナーにローストビーフのサービスもあり満足。お部屋からはベイブリッジと東京タワーが見えた。

20150708_13194020150708_17553420150708_165850

アラジンの魔法のランプ、ローストビーフ、お台場の自由の女神

20150708_19502720150708_200834

オシャレなバスルームと、ベイブリッジビューのお部屋





2014年10月10日 (金)

宝塚歌劇100年展

遅ればせながらの話題。

兵庫県立美術館で開催されていた「宝塚歌劇100年展」を先月末の終了間際に見学した。「ベルばら」のオスカルの部屋・軍服の衣装、トップスターの大羽根、ガラスの馬車などなど。これらだけは一緒に写真撮影OKで人気を集めていた(私は辞退coldsweats01)。歴代のトップスターの軌跡などのお宝shineビデオ放映も懐かしくて見入った。ファン垂涎の資料展示で大盛況のようだった。

20140926_130649 20140926_130817_3

20140926_135108 20140926_135419








2014年3月31日 (月)

夢舞台 in Ashiya「史津香の世界」

29日に知人のお誘いで、夢舞台 in Ashiya「史津香の世界」を芦屋ルナホールで見た。数年前、チャリティで公演されたのを二度拝見したが、今回は芦屋市事業に選考されての公演だとか。1部は懐かしい曲で構成されたトリオのプチ・ミュージカル、2部は西﨑流分家家元が日舞と洋楽のコラボとして、ボレロやオペラ座の怪人などを舞われた。ボレロは日舞なのにバレエのような雰囲気もあり、でもしっかり日舞としての群舞も素晴らしかった。これを一番楽しみにしていたのでじっくり鑑賞。また、いろんな動物着ぐるみでの出演も可愛いかった。

2013年7月13日 (土)

松竹座「七月大歌舞伎」

松竹座「七月大歌舞伎」のチケットをいただいたので姉と観劇した。急なことだったが、仁左衛門さんheart04が出演だから即okの返事。夜の部で「曽我物語」「一條大蔵譚」「杜若艶色紫」の3本で、どれも初めて見る演目だ。お目当ての仁左衛門丈は「一條大蔵譚」に出演で、一條大蔵卿の、阿呆と颯爽とした貴公子の二面性を演じ分けるのが見せ場。阿呆な場面はなんとも可愛らしい感じで、仕草や言い回しでいろいろ笑わせてくれる。後の幕では別人のように凛々しく素敵にheart04 源氏の忠臣・吉岡鬼次郎が橋之助、女房お京に孝太郎、常盤御前が秀太郎。観劇前日に、以前に録画してあった「一條大蔵譚」をふと思い出して見てみると、旧歌舞伎座での勘三郎襲名披露公演で、一條大蔵卿が勘三郎、鬼次郎が仁左衛門、お京が玉三郎、常盤御前は雀右衛門と豪華shineで、もう二度と見られないsweat02配役だった。
「杜若艶色紫」は土手のお六という悪女を福助、願哲が橋之助、傾城八ッ橋が扇雀、佐野次郎左衛門に翫雀という、もうみんな中堅になってきたメンバーだ。最後は本水を使っての立ち回りもあり面白かった。

2013年5月23日 (木)

新演出「レ・ミゼラブル」

新演出のミュージカル「レ・ミゼラブル」を帝劇で観劇。旧演出は数えきれないほど見ているせいか、ちょっと物足りなかったなsweat01 映像を取り入れてはいるが、大して効果的でないように思うcoldsweats01 旧演出では街の装置が舞台の両側から動いて一つに合体し、砦(バリケード)に変化していったが、今回は出来上がった完全型のバリケードが舞台後方から前方へ出てくるだけ。そのうえ高さも低いsign02 あのスペクタクル感がなくなった。
逆さ磔のようなアンジョルラスの美しくも壮絶な戦死や、弾丸を拾いに行って撃たれた後、その袋を砦の仲間に投げるという重要な役割を果たす子役のガブローシュも、舞台の盆回しがないのでそんな見せ場がなくなったsweat02 なんだかあっけない幕切れだし、荷車に二人の遺体を載せて引いて帰るなんて、ちょっとがっがりsweat02デナルディエの酒場でもイマイチ盛り上がらなかった。全体に消化不良な感じがした。個人個人の歌・演技は悪くないのに残念sweat01 とはいいつつ、また大阪での公演もキャストを変えて見ることになりそうwink

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

フランス

  • エッフェル塔
    初めての南フランスから北部ノルマンディー地方への縦断の旅でした。憧れのコート・ダジュールやフランスの美しい村など満喫しました。

オーストリア世界遺産の旅

  • ザッハートルテ
    ウィーン以外は初めてのオーストリア。憧れのハルシュタットを含む世界遺産が8つもありました。

トラベル

  • オリエント急行の旅
    旅行が大好き。一番好きなところは? う~ん、どの街にも思い出がいっぱい。

パリ&北イタリア

  • 午後11時のエッフェル塔
    パリは2年ぶり、トリノ、マジョーレ湖は初めて!美食天国フランス・イタリアの名に恥じない?グルメな旅でした。

イギリス

  • お土産
    ロンドン以外は10年ぶりの再訪。緑萌える麗しきカントリーサイドの旅でした。

スペイン

  • カサ・ミラの吹き抜け
    10年ぶりのスペイン。懐かしいところも初めての街も。

ソウルわがまま旅

  • チャマシヌントゥルの外観
    宮廷料理など味はもちろん見た目も美しい料理の数々。目でも楽しんでみてください。

香港グルメツアー

  • パンダクッキー
    14年ぶりの香港へ自力グルメツアー。おいしいものがいっぱいでした。

済州島

  • 五味子茶とトウモロコシのひげ茶
    初めての済州島は真冬。 幸い暖かい日々だったので念願だった ヨン様のドラマロケ地も見学できました。 おいしいものもいっぱい!

韓国旅行3

  • 元祖サンパブチップ入り口
    三度目の韓国は伝統家屋(=韓屋)の村や町並みなどの見学が目的でした。

韓国旅行

  • お土産
    韓国旅行のアルバムがやっと完成。 韓国ドラマ以降、文化、食べ物にもすっかりハマっています。

韓ドラの世界を訪ねて

  • ブタのぬいぐるみ
    二度目の韓国は「韓ドラ・ミーハーツアー」。 いろんなドラマロケ地を網羅しました。

由布院2

  • 日田市豆田町・街並み
    二度目の由布院は亀の井別荘でした。天領日田市のおひなまつりも。

由布院

  • 駅前からの由布岳
    初めて由布院に行ってきました。

箱根・宮ノ下富士屋ホテル

  • ランチ
    建て替えのため閉館する東京の歌舞伎座へ行くついでに 箱根で泊まろうと憧れのクラシカルホテル、 宮ノ下の富士屋ホテルへ
無料ブログはココログ