« 尾道日帰りツアー | トップページ | 歌舞伎の助六 »

2018年9月30日 (日)

プーシキン美術館展

5月以来、ご無沙汰のブログ。元気だけど、つい筆無精ならぬブログ無精になってしまってまたボチボチと更新を。

先日、国立国際美術館で開催中のモスクワのプーシキン美術館展に行った。モスクワは私にとってまだ未踏の地 印象派と呼ばれる以前の若きモネの作品「草上の昼食」が目玉。パリにあるもう1枚の「草上の昼食」との違いなども詳しく記載されていて、見比べして参考になった。
他にも「白い睡蓮」やルノワール、セザンヌ、クールベなどフランス風景の絵が中心で見応えがあった。金土の夜は展示中の絵画を写真撮影してよいとか。SNSで拡散するのが目的らしい。

1538278321152.jpg
「草上の昼食」の大ポスター

1538278322199.jpg
ルソーの「馬を襲うジャガー」

|

« 尾道日帰りツアー | トップページ | 歌舞伎の助六 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プーシキン美術館展:

« 尾道日帰りツアー | トップページ | 歌舞伎の助六 »