« 懐かしい顔ぶれ | トップページ | 松竹座「七月大歌舞伎」 »

2013年7月 9日 (火)

映画「華麗なるギャツビー」

先月末に映画「華麗なるギャツビー」を見て、ブログを書きかけたまま、仕事が忙しかったので忘れてた~ 上映時間の都合で3Dではなく2Dで鑑賞。
昔の映画ではロバート・レッドフォード&ミア・ファローが演じていたけどあまり記憶にない レオ様のギャツビーは期待通り 今の俳優で、あのギャツビーが似合うのはやっぱりレオ様だけじゃないかな。一見ゴージャスながら俗物的で、でもミステリアスで魅力的、かつ陰があるような得体のしれない男にぴったり 「きれいなおバカさん」のデイジーもイメージ通り。1920年代の素敵なファッションも見応えあり。ギャツビーの悲劇的なラストはこの時代を象徴するものなのか。NY上流階級の退廃的なブルジョワ世界の華麗なパーティやクラシックカーの疾走などは3Dで見たら、面白いかもしれない。

|

« 懐かしい顔ぶれ | トップページ | 松竹座「七月大歌舞伎」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「華麗なるギャツビー」:

« 懐かしい顔ぶれ | トップページ | 松竹座「七月大歌舞伎」 »