アルザス地方&スイス

  • 精霊教会/ハイデルベルク
    東フランス・アルザス地方の美しい村とスイス・アルプスへの旅でした。 30年ぶりのユングフラウ、ドイツ・ハイデルベルクも懐かしく訪れました。

フランス

  • エッフェル塔
    初めての南フランスから北部ノルマンディー地方への縦断の旅でした。憧れのコート・ダジュールやフランスの美しい村など満喫しました。

オーストリア世界遺産の旅

  • ザッハートルテ
    ウィーン以外は初めてのオーストリア。憧れのハルシュタットを含む世界遺産が8つもありました。

パリ&北イタリア

  • 午後11時のエッフェル塔
    パリは2年ぶり、トリノ、マジョーレ湖は初めて!美食天国フランス・イタリアの名に恥じない?グルメな旅でした。

イギリス

  • お土産
    ロンドン以外は10年ぶりの再訪。緑萌える麗しきカントリーサイドの旅でした。

トラベル

  • オリエント急行の旅
    旅行が大好き。一番好きなところは? う~ん、どの街にも思い出がいっぱい。

スペイン

  • カサ・ミラの吹き抜け
    10年ぶりのスペイン。懐かしいところも初めての街も。

香港グルメツアー

  • パンダクッキー
    14年ぶりの香港へ自力グルメツアー。おいしいものがいっぱいでした。

ソウルわがまま旅

  • チャマシヌントゥルの外観
    宮廷料理など味はもちろん見た目も美しい料理の数々。目でも楽しんでみてください。

韓国旅行3

  • 元祖サンパブチップ入り口
    三度目の韓国は伝統家屋(=韓屋)の村や町並みなどの見学が目的でした。

韓ドラの世界を訪ねて

  • ブタのぬいぐるみ
    二度目の韓国は「韓ドラ・ミーハーツアー」。 いろんなドラマロケ地を網羅しました。

韓国旅行

  • お土産
    韓国旅行のアルバムがやっと完成。 韓国ドラマ以降、文化、食べ物にもすっかりハマっています。

済州島

  • 五味子茶とトウモロコシのひげ茶
    初めての済州島は真冬。 幸い暖かい日々だったので念願だった ヨン様のドラマロケ地も見学できました。 おいしいものもいっぱい!

由布院2

  • 日田市豆田町・街並み
    二度目の由布院は亀の井別荘でした。天領日田市のおひなまつりも。

由布院

  • 駅前からの由布岳
    初めて由布院に行ってきました。

箱根・宮ノ下富士屋ホテル

  • ランチ
    建て替えのため閉館する東京の歌舞伎座へ行くついでに 箱根で泊まろうと憧れのクラシカルホテル、 宮ノ下の富士屋ホテルへ

アレンジメント作品集 

  • 第71回作品 ツインズデコレーション
    自宅でお稽古しているヨーロピアン・ フラワー・アレンジメントの作品集です。

自慢コーナー

  • クリスマスリース
    自称・ビーズ職人という、友人の手作り作品です。 私が作った作品はリングピローが3つになりました。

ガーデニング

  • ポインセチア
    狭いガーデニングですが姉の丹精です。 私は水やりだけ~。

さくら

  • 大手毬
    日本人なら誰もが好きな花、さくら。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月27日 (土)

ブルガリカフェのランチ

阪急デパの5Fにあるブルガリ・イル・カフェで姉とランチ。以前から一度行ってみたかったので、某グルメ会員サイトのポイントが貯まっていて、ちょうどいい機会だから、それを使って会員限定メニューがちょっとお得に楽しめた。お店はレストランではなくカフェなので、ブルガリflairと構えるほどじゃないのが気楽かな。インテリアなど思ったよりカジュアルな印象。昼時は満席だった。

シェフおすすめの前菜6種

Cimg4006_2

かぼちゃの冷製ポタージュ、生ハム、フルーツトマトとモッツァレラ、マリネ、何とか豆sign02のつぶしたものがおいしかった。



4種類から選べるパスタは、トマトのスパゲッティ

Cimg4007_2トッピングは山羊のチーズだったが、苦手かどうかbearing聞いてくれたので、それはパス。別のクセのないチーズにflair トマトソースはあっさりした味。


3種類から選べるデザートは、チョコレートティラミス

Cimg4012_2チョコのつぶつぶ、ブルガリのロゴ入り薄いチョコ&金箔付き。
ボリュームあるけど、とてもおいしくてペロリdelicious



食後の飲み物は、カフェラテ

Cimg4010_2グラスで運ばれたのでアイスかと思ったけどcoldsweats02オーダー通りのホット・カフェラテだった。グラスいっぱいに入った泡立ったミルクに、同時に運ばれてきた小さなグラスに入った熱いエスプレッソを、勢いよく入れてくれたら、カフェラテの出来上がり。グラスだから、こんなきれいな層が見られるのねhappy01 たっぷりでおいしいんだけど、グラスがspa熱くてcoldsweats01しばらくは持てないのが残念sweat01

今度はカフェメニューに行こうdashお隣のテーブルで、おいしそうな3色ジェラートやパフェみたいなのを食べていたのに注目eyeしたからflair

2013年7月13日 (土)

松竹座「七月大歌舞伎」

松竹座「七月大歌舞伎」のチケットをいただいたので姉と観劇した。急なことだったが、仁左衛門さんheart04が出演だから即okの返事。夜の部で「曽我物語」「一條大蔵譚」「杜若艶色紫」の3本で、どれも初めて見る演目だ。お目当ての仁左衛門丈は「一條大蔵譚」に出演で、一條大蔵卿の、阿呆と颯爽とした貴公子の二面性を演じ分けるのが見せ場。阿呆な場面はなんとも可愛らしい感じで、仕草や言い回しでいろいろ笑わせてくれる。後の幕では別人のように凛々しく素敵にheart04 源氏の忠臣・吉岡鬼次郎が橋之助、女房お京に孝太郎、常盤御前が秀太郎。観劇前日に、以前に録画してあった「一條大蔵譚」をふと思い出して見てみると、旧歌舞伎座での勘三郎襲名披露公演で、一條大蔵卿が勘三郎、鬼次郎が仁左衛門、お京が玉三郎、常盤御前は雀右衛門と豪華shineで、もう二度と見られないsweat02配役だった。
「杜若艶色紫」は土手のお六という悪女を福助、願哲が橋之助、傾城八ッ橋が扇雀、佐野次郎左衛門に翫雀という、もうみんな中堅になってきたメンバーだ。最後は本水を使っての立ち回りもあり面白かった。

2013年7月 9日 (火)

映画「華麗なるギャツビー」

先月末に映画movie「華麗なるギャツビー」を見て、ブログを書きかけたまま、仕事が忙しかったのでsweat01忘れてた~coldsweats01 上映時間の都合で3Dではなく2Dで鑑賞。
昔の映画movieではロバート・レッドフォード&ミア・ファローが演じていたけどあまり記憶にないsweat01 レオ様のギャツビーは期待通りheart04 今の俳優で、あのギャツビーが似合うのはやっぱりレオ様だけじゃないかな。一見ゴージャスながら俗物的で、でもミステリアスで魅力的、かつ陰があるような得体のしれない男にぴったりflair 「きれいなおバカさん」のデイジーもイメージ通り。1920年代の素敵なファッションも見応えあり。ギャツビーの悲劇的なラストはこの時代を象徴するものなのか。NY上流階級の退廃的なブルジョワ世界の華麗なパーティやクラシックカーの疾走などは3Dで見たら、面白いかもしれない。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ