« アフタヌーンティー | トップページ | みなとみらい »

2013年5月23日 (木)

新演出「レ・ミゼラブル」

新演出のミュージカル「レ・ミゼラブル」を帝劇で観劇。旧演出は数えきれないほど見ているせいか、ちょっと物足りなかったな 映像を取り入れてはいるが、大して効果的でないように思う 旧演出では街の装置が舞台の両側から動いて一つに合体し、砦(バリケード)に変化していったが、今回は出来上がった完全型のバリケードが舞台後方から前方へ出てくるだけ。そのうえ高さも低い あのスペクタクル感がなくなった。
逆さ磔のようなアンジョルラスの美しくも壮絶な戦死や、弾丸を拾いに行って撃たれた後、その袋を砦の仲間に投げるという重要な役割を果たす子役のガブローシュも、舞台の盆回しがないのでそんな見せ場がなくなった なんだかあっけない幕切れだし、荷車に二人の遺体を載せて引いて帰るなんて、ちょっとがっがりデナルディエの酒場でもイマイチ盛り上がらなかった。全体に消化不良な感じがした。個人個人の歌・演技は悪くないのに残念 とはいいつつ、また大阪での公演もキャストを変えて見ることになりそう

|

« アフタヌーンティー | トップページ | みなとみらい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新演出「レ・ミゼラブル」:

« アフタヌーンティー | トップページ | みなとみらい »