アルザス地方&スイス

  • 精霊教会/ハイデルベルク
    東フランス・アルザス地方の美しい村とスイス・アルプスへの旅でした。 30年ぶりのユングフラウ、ドイツ・ハイデルベルクも懐かしく訪れました。

フランス

  • エッフェル塔
    初めての南フランスから北部ノルマンディー地方への縦断の旅でした。憧れのコート・ダジュールやフランスの美しい村など満喫しました。

オーストリア世界遺産の旅

  • ザッハートルテ
    ウィーン以外は初めてのオーストリア。憧れのハルシュタットを含む世界遺産が8つもありました。

パリ&北イタリア

  • 午後11時のエッフェル塔
    パリは2年ぶり、トリノ、マジョーレ湖は初めて!美食天国フランス・イタリアの名に恥じない?グルメな旅でした。

イギリス

  • お土産
    ロンドン以外は10年ぶりの再訪。緑萌える麗しきカントリーサイドの旅でした。

トラベル

  • オリエント急行の旅
    旅行が大好き。一番好きなところは? う~ん、どの街にも思い出がいっぱい。

スペイン

  • カサ・ミラの吹き抜け
    10年ぶりのスペイン。懐かしいところも初めての街も。

香港グルメツアー

  • パンダクッキー
    14年ぶりの香港へ自力グルメツアー。おいしいものがいっぱいでした。

ソウルわがまま旅

  • チャマシヌントゥルの外観
    宮廷料理など味はもちろん見た目も美しい料理の数々。目でも楽しんでみてください。

韓国旅行3

  • 元祖サンパブチップ入り口
    三度目の韓国は伝統家屋(=韓屋)の村や町並みなどの見学が目的でした。

韓ドラの世界を訪ねて

  • ブタのぬいぐるみ
    二度目の韓国は「韓ドラ・ミーハーツアー」。 いろんなドラマロケ地を網羅しました。

韓国旅行

  • お土産
    韓国旅行のアルバムがやっと完成。 韓国ドラマ以降、文化、食べ物にもすっかりハマっています。

済州島

  • 五味子茶とトウモロコシのひげ茶
    初めての済州島は真冬。 幸い暖かい日々だったので念願だった ヨン様のドラマロケ地も見学できました。 おいしいものもいっぱい!

由布院2

  • 日田市豆田町・街並み
    二度目の由布院は亀の井別荘でした。天領日田市のおひなまつりも。

由布院

  • 駅前からの由布岳
    初めて由布院に行ってきました。

箱根・宮ノ下富士屋ホテル

  • ランチ
    建て替えのため閉館する東京の歌舞伎座へ行くついでに 箱根で泊まろうと憧れのクラシカルホテル、 宮ノ下の富士屋ホテルへ

アレンジメント作品集 

  • 第71回作品 ツインズデコレーション
    自宅でお稽古しているヨーロピアン・ フラワー・アレンジメントの作品集です。

自慢コーナー

  • クリスマスリース
    自称・ビーズ職人という、友人の手作り作品です。 私が作った作品はリングピローが3つになりました。

ガーデニング

  • ポインセチア
    狭いガーデニングですが姉の丹精です。 私は水やりだけ~。

さくら

  • 大手毬
    日本人なら誰もが好きな花、さくら。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月30日 (火)

スター誕生?

先月、姪の娘(3歳半)が東京のスタジオで収録したtv「おかあさんといっしょ」の出演分の放送があったので録画しながらeye見た。一生懸命、体操sign02踊りsign02の身振り手振りをして歌ったり、元気よく手を挙げて返事したり。お兄さんと手をつないでキャラクターたちdogcattaurusが作るアーチをくぐって、最後は落ちてきた風船もゲットpapershinepaper 何度見ても笑える~、笑えるhappy01し、見ていると癒されそうflair さすが我らがアイドル、スター誕生shine
ずっとスタジオ参加に応募して、やっと当選したとか。遠くは九州からも参加者がいたそう。姪たちは上京のついでに横浜の甥宅に泊まり、一緒にディズニーランドも楽しんできた。実は一緒に行く予定だったがsweat01都合が悪くなり残念ながら不参加にsweat02 初めてのbullettrain二人旅も無事終え、大満足なうえ付き添いなしでもok自信がついたらしい。

2012年10月20日 (土)

ウィーン版「エリザベート・コンサート」

今年はウィーン初演から20年が経つミュージカルnote「エリザベート」記念イヤーで、私も着々と制覇中happy01scissors 5月に帝劇の「東宝版エリザベート」、9月の梅芸(ブログでは書きそびれたけどsweat01観劇した)、そして今日のnoteウィーン版「エリザベート・コンサート」、あとは宝塚OGによるnote「エリザベート・ガラコンサート」も控えているflair
ウィーン版メンバーは5年前の引っ越し公演で、その歌声にすっかり魅了されたheart04最多エリザベート役を演じてきた歌姫マヤ・ハクフォート、セクシーでパワフルなトートheart02役のマテ・カマラス、皇太子ルドルフ役の貴公子ルカス・ペルマンの三者に加え、前回も出演したひょうきんなルキーニ役のブルーノ・グラッシーニ、甘い声のフランツ・ヨーゼフ役アンドレ・ハウアー、堂々たる貫禄shineの皇太后ゾフィー役のガブリエル・ラムと、さすがに聞き応えのあるメンバーでのコンサートだった。
コンサートなので大がかりな舞台装置はないが、ウィーン版独特のハプスブルクを象徴する衣装を着け、フルオーケストラで歌い演じてくれるので大迫力。ドイツ語上演だから日本語字幕があり、宝塚や東宝版とは違う、ウィーン世紀末の退廃的なannoy本来の歌詞の意味がわかるのは面白い。それぞれの違いを感じながらも楽しめるのが、このnote「エリザベート」だ。
さらに、ウィーン版ならではのゾフィーと重臣たちがチェスを表す馬に乗りながら歌う、私のお気に入りheart04の場面や、ゾフィーの死の前に一人歌う歌など心に沁みた。マテ氏も先日の東宝版日本語トートより、ドイツ語トートはさらに生き生きとパワフルな歌声だった。彼は「最後のダンス」「闇が広がる」「私が踊るとき」の3曲が素敵。

2012年10月15日 (月)

栗きんとん

ゆで栗をいただいたので、栗きんとんを作ってみた。簡単だけど手間がかかる~sweat01 ゆでた栗は熱いうちに処理したほうが扱いやすいらしいが、すでにゆでであるので仕方なくそのままでsweat01半分に切って(これが冷めていると固いcoldsweats01)中身を出し、すり鉢でつぶし、砂糖を入れて湯せんsign01しながら滑らかになるまで混ぜる。この湯せん&混ぜるのがサボれないcoldsweats01 混ぜた材料を小分けしてラップで包んで茶巾しぼりにして完成flair しぼりの筋もできたし、なかなかの出来栄え。味ももちろんほどよい甘さで自己満足happy01 腕が痛くなった分、おいしいsign02delicious

2012101511430001

2012年10月 7日 (日)

映画「白雪姫と鏡の国の女王」

ジュリア・ロバーツ主演sign02で「白雪姫」を題材に描くコメディsign02 国の財政難もリッチな王子と自分が結婚することで解消しようと画策する女王と、嫉妬から追放された白雪姫が森の小人たちと継母・女王に立ち向かう。童話を基にブラック性に富んだお話になっている。ストーリー展開は置いといてsweat01とにかく衣装が豪華でshine素敵heart04 衣装製作の石岡瑛子さんの遺作となった。しかし、白雪姫が主役ではないのsign02 そういえば原題は「Mirror,Mirror」だ。movie「スノーホワイト」は予告編しか見ていないけど、どうなんだろう。あちらは正統派らしいが。

2012年10月 3日 (水)

映画「最強のふたり」

映画movie「最強のふたり」はハートウォーミングなheart02映画という評判通り、笑いと感動を与えてくれた。富豪の障がい者とスラム育ちの介護人が心を通わせていく姿に清々しいものを感じる。ハンググライダーの事故bombで車いす生活を余儀なくされた富豪と共に、スポーツカーでの高速ドライブ、インストラクター付きハンググライダー、文通相手とのデートなど、できないとあきらめずにトライさせる介護人が痛快。健常者、障がい者という区別なく、ただ一人の人間として接していくことで、お互いの信頼関係が築かれていく。それが固い絆となって、今も大切な友人である、という実話の映画化だそう。家で厄介者だった介護人が人間としても成長していく姿shineも気持ちいいし、ラストは思わず笑みがこぼれるhappy01

2012年10月 1日 (月)

映画「ダークナイト・ライジング」

8月頃、見た映画のことを書きかけて、PC不調のため中断・保存していたのを思い出したので、今さらだけどsweat01 ここ最近いくつか見たので順に書いておこう。

movie「スパイダーマン」に続き、バットマンの映画movie「ダークナイト・ライジング」も見た。このバットマンシリーズも今まで見たことがないのでsweat01前回からの続き具合・状況がよくわからないまま見た。まあ、そのうちわかるだろうとcoldsweats01 なので、途中まではだまされていたが、なんとなく変だなあdashと思っていたことが、実は…flairということだった(見ていない人には意味不明かな)ことにラスト前に気がついたwink その他、シリーズを知らないなりにも破綻や??なところが多々あったけれどsweat01初めてのバットマン映画はそれなりに楽しめた。リアルなCGだと思って見ていた戦闘場面や空飛ぶ乗り物sign02やすごい数のエキストラなど、実は本物だったsign04と後で知って驚きsmile

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ