アルザス地方&スイス

  • 精霊教会/ハイデルベルク
    東フランス・アルザス地方の美しい村とスイス・アルプスへの旅でした。 30年ぶりのユングフラウ、ドイツ・ハイデルベルクも懐かしく訪れました。

フランス

  • エッフェル塔
    初めての南フランスから北部ノルマンディー地方への縦断の旅でした。憧れのコート・ダジュールやフランスの美しい村など満喫しました。

オーストリア世界遺産の旅

  • ザッハートルテ
    ウィーン以外は初めてのオーストリア。憧れのハルシュタットを含む世界遺産が8つもありました。

パリ&北イタリア

  • 午後11時のエッフェル塔
    パリは2年ぶり、トリノ、マジョーレ湖は初めて!美食天国フランス・イタリアの名に恥じない?グルメな旅でした。

イギリス

  • お土産
    ロンドン以外は10年ぶりの再訪。緑萌える麗しきカントリーサイドの旅でした。

トラベル

  • オリエント急行の旅
    旅行が大好き。一番好きなところは? う~ん、どの街にも思い出がいっぱい。

スペイン

  • カサ・ミラの吹き抜け
    10年ぶりのスペイン。懐かしいところも初めての街も。

香港グルメツアー

  • パンダクッキー
    14年ぶりの香港へ自力グルメツアー。おいしいものがいっぱいでした。

ソウルわがまま旅

  • チャマシヌントゥルの外観
    宮廷料理など味はもちろん見た目も美しい料理の数々。目でも楽しんでみてください。

韓国旅行3

  • 元祖サンパブチップ入り口
    三度目の韓国は伝統家屋(=韓屋)の村や町並みなどの見学が目的でした。

韓ドラの世界を訪ねて

  • ブタのぬいぐるみ
    二度目の韓国は「韓ドラ・ミーハーツアー」。 いろんなドラマロケ地を網羅しました。

韓国旅行

  • お土産
    韓国旅行のアルバムがやっと完成。 韓国ドラマ以降、文化、食べ物にもすっかりハマっています。

済州島

  • 五味子茶とトウモロコシのひげ茶
    初めての済州島は真冬。 幸い暖かい日々だったので念願だった ヨン様のドラマロケ地も見学できました。 おいしいものもいっぱい!

由布院2

  • 日田市豆田町・街並み
    二度目の由布院は亀の井別荘でした。天領日田市のおひなまつりも。

由布院

  • 駅前からの由布岳
    初めて由布院に行ってきました。

箱根・宮ノ下富士屋ホテル

  • ランチ
    建て替えのため閉館する東京の歌舞伎座へ行くついでに 箱根で泊まろうと憧れのクラシカルホテル、 宮ノ下の富士屋ホテルへ

アレンジメント作品集 

  • 第71回作品 ツインズデコレーション
    自宅でお稽古しているヨーロピアン・ フラワー・アレンジメントの作品集です。

自慢コーナー

  • クリスマスリース
    自称・ビーズ職人という、友人の手作り作品です。 私が作った作品はリングピローが3つになりました。

ガーデニング

  • ポインセチア
    狭いガーデニングですが姉の丹精です。 私は水やりだけ~。

さくら

  • 大手毬
    日本人なら誰もが好きな花、さくら。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月17日 (日)

アジサイいろいろ

今、真っ盛りのアジサイ。恒例の魔よけsign02も飾った。今年は昨年以上にたくさん花をつけたが、相変わらずの花泥棒も多い。この1週間で10個くらい切られたかなwobbly ぼきっと手折ったのや、きれいに鋏で切っているものなど。いつになく小さな花が密集した部分では1/3くらい切られて適度な剪定にbearingweep  ご近所あちこちにアジサイは咲いているのに、うちのは盗みやすいのかなbombannoypout 一番下の葉っぱが多いのは泥棒さんの剪定のなごりweep

226_2 数少ない白いアジサイと鎌倉のお土産・定番の鳩サブレ。

Hana_018 229 235

230 232 234

2012年6月 4日 (月)

帝劇「エリザベート」

ミュージカルnote「エリザベート」観劇のため1年ぶりに東京へ行った。早くにチケットを確保していたら、その後9月には大阪でも同じ公演が行われると知ったが、それはそれでwink
宝塚以外の「エリザベート」はウィーン版引っ越し公演を見て以来かな。ウィーンのベストキャストでの素晴らしい公演だったので、その後はもう東宝版は敢えて見なかったから。でも今回見ようと思ったのは、そのウィーン版の素敵なトート役だったheart02マテ・カマラスがトリプルキャストに入っていたため。パワフルでセクシーな声、エネルギッシュなパフォーマンスですっかりファンに。日本版のため、ロン毛でメイクもしていて衣装もよく似合っている。日本語も上手に歌っているが、どうしても発音的に違和感がある部分もあるのは仕方のないところか。バラードになるとちょっと気になるcoldsweats01 でも「最後のダンス」や「闇が広がる」などはほんとに見事な歌唱だ。さりげない仕草が絵になって、お気に入り場面がいくつかできた。
確か10月頃には、マテ氏、マヤさん、ルカス君というウィーン版ベストメンバーshineによるコンサート形式のnote「エリザベート」公演もあるので見逃せない。秋は「エリザベート」三昧sign02
エリザベート役は元宝塚花組トップの春野寿美礼。トップ時代にトートも演じたことがあるし歌はうまいのはわかっているが、シシィの高音はどうかなと思っていたが、さすが。きれいな声で堂々と歌い上げていたのに感心。かわいい子供時代も似合っていた。
皇太后ゾフィは元宝塚雪組トップの杜けあき。期待通りの貫禄ある演技と歌。シシィ母ルドヴィカも元宝塚の春風ひとみ。この人も最近はずっと参加しており、上品で完璧なルドヴィカでいつも満足させてくれる。こうして挙げていると、今のミュージカル界では宝塚出身の女優が主要な役を占めていることに、改めて実感する。
ルキーニは初演からずっと同じなので、そろそろ他の人で見たいな。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ