アルザス地方&スイス

  • 精霊教会/ハイデルベルク
    東フランス・アルザス地方の美しい村とスイス・アルプスへの旅でした。 30年ぶりのユングフラウ、ドイツ・ハイデルベルクも懐かしく訪れました。

フランス

  • エッフェル塔
    初めての南フランスから北部ノルマンディー地方への縦断の旅でした。憧れのコート・ダジュールやフランスの美しい村など満喫しました。

オーストリア世界遺産の旅

  • ザッハートルテ
    ウィーン以外は初めてのオーストリア。憧れのハルシュタットを含む世界遺産が8つもありました。

パリ&北イタリア

  • 午後11時のエッフェル塔
    パリは2年ぶり、トリノ、マジョーレ湖は初めて!美食天国フランス・イタリアの名に恥じない?グルメな旅でした。

イギリス

  • お土産
    ロンドン以外は10年ぶりの再訪。緑萌える麗しきカントリーサイドの旅でした。

トラベル

  • オリエント急行の旅
    旅行が大好き。一番好きなところは? う~ん、どの街にも思い出がいっぱい。

スペイン

  • カサ・ミラの吹き抜け
    10年ぶりのスペイン。懐かしいところも初めての街も。

香港グルメツアー

  • パンダクッキー
    14年ぶりの香港へ自力グルメツアー。おいしいものがいっぱいでした。

ソウルわがまま旅

  • チャマシヌントゥルの外観
    宮廷料理など味はもちろん見た目も美しい料理の数々。目でも楽しんでみてください。

韓国旅行3

  • 元祖サンパブチップ入り口
    三度目の韓国は伝統家屋(=韓屋)の村や町並みなどの見学が目的でした。

韓ドラの世界を訪ねて

  • ブタのぬいぐるみ
    二度目の韓国は「韓ドラ・ミーハーツアー」。 いろんなドラマロケ地を網羅しました。

韓国旅行

  • お土産
    韓国旅行のアルバムがやっと完成。 韓国ドラマ以降、文化、食べ物にもすっかりハマっています。

済州島

  • 五味子茶とトウモロコシのひげ茶
    初めての済州島は真冬。 幸い暖かい日々だったので念願だった ヨン様のドラマロケ地も見学できました。 おいしいものもいっぱい!

由布院2

  • 日田市豆田町・街並み
    二度目の由布院は亀の井別荘でした。天領日田市のおひなまつりも。

由布院

  • 駅前からの由布岳
    初めて由布院に行ってきました。

箱根・宮ノ下富士屋ホテル

  • ランチ
    建て替えのため閉館する東京の歌舞伎座へ行くついでに 箱根で泊まろうと憧れのクラシカルホテル、 宮ノ下の富士屋ホテルへ

アレンジメント作品集 

  • 第71回作品 ツインズデコレーション
    自宅でお稽古しているヨーロピアン・ フラワー・アレンジメントの作品集です。

自慢コーナー

  • クリスマスリース
    自称・ビーズ職人という、友人の手作り作品です。 私が作った作品はリングピローが3つになりました。

ガーデニング

  • ポインセチア
    狭いガーデニングですが姉の丹精です。 私は水やりだけ~。

さくら

  • 大手毬
    日本人なら誰もが好きな花、さくら。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月22日 (水)

朝から汗だく

今朝は地下鉄御堂筋線の梅田駅火災で地下鉄subwayがストップした。出勤のため私が最寄り駅に着いたときはすでに改札規制をしていて入れなかったbearing mobilephoneのインフォメーションで火災と地下鉄の運行状況を知らせてくれていたが、気づいたのは駅に着いてからcoldsweats01

駅員さんの話によると、消火活動中だが1時間ほどかかる。トンネルに煙が流れている、とか大ごとみたい。千里中央方面から到着した電車からは大勢の乗客が降りてきて、JRへの振替で新大阪駅へ歩いていく。私も大阪駅までJRで行かなくちゃ、ともっと近いJR駅へと急いだ。ちょうどやってきた電車に乗り大阪駅に着いたが、乗り換えていく谷町線乗り場へたどり着くまでが、また大変wobbly いつもの地下への入り口はすべて封鎖されているので、地上に出て阪急デパの南側へ回り、そこから地下街へ降りる階段を見つけたflair みんな順序正しく黙々と降りていく。私も後に続く。やっと地下街のホワイティに出られたが、物々しい警戒体制。周辺はなんとなくきな臭い。東梅田駅から谷町線で南森町へ、乗り換えて堺筋線にというルートに。でも谷町線も遅延みたいで、空いていたベンチでしばらく待つと、また人がホームにあふれそうに。今日は暖かいとのことだったのでいつもより薄着でコートも薄手にしたが、ここまででもう汗びっしょりにsweat01 ようやく到着した電車に乗り、乗り換えはスムーズに、結局、会社に到着したのは10分くらいの遅れですんだ。しかし、朝から疲れたdash もっとあとから出社してきた人はいっぱいの電車の中でそのまま停車して長く待たされたとか。火災現場近くの電車に乗っていた人やホームにいた人は避難するのに大変だったろう。迂回で汗だくになった私はまだマシなほうかcoldsweats01 その後予告とおり1時間後に運転を再開したそうだけど梅田駅はスルーsign04 帰宅時にはさすがにもう平常運転になっていた。そういえば夕方はJR京都線でも事故があったとかで、そちらに遭遇された方も、今日一日お疲れさまdash

2012年2月19日 (日)

宝塚月組公演「エドワード8世/Misty Station」

宝塚note月組公演「エドワード8世~王冠を賭けた恋~/Misty Station~霧の終着駅~」はご贔屓キリヤンのサヨナラ公演weep 既婚女性との恋のために王位を退いたということで有名な英国王エドワード8世(映画movie「英国王のスピーチ」の王様の兄上)の話。予想通りsign02あまりドラマ性がなくsweat01盛り上がりに欠けたようだが、「さらば王室~」とサヨナラをイメージさせる歌詞や雰囲気などはよかった。トップコンビの退団公演だが、手堅く作品を支えてきた中堅メンバーが数人辞めるのは残念sweat02 でも退団者にもソロやダンスなど目立った場面が与えられていて最後の餞となった。若手ホープたちもソロなどあって活躍。月組、歌える男役いっぱいいるんだなと安心。

ショー「Misty Station~霧の終着駅」はタイトル通り、ミスティーという青年(霧矢大夢=キリヤン)の旅立ちと出会い、終着がテーマ。デュエットダンスがウリのダンサーコンビなのに、いつになく2人は絡まず、トップ娘役が中心になって二番手、三番手の男役と一緒にダンサーとして大奮闘する場面があり、みんなを従えてバリバリ踊っていたのがカッコイイheart04 キリヤンも相手を代えて踊ったり、いつもとは違う感じで、それなりに新鮮。最後はやはりコンビで、うっとりと息の合ったデュエットを見せてくれた。大階段にいる組子を見上げながら、キリヤンが歌う場面はやはりサヨナラ仕様で、あ~、これで宝塚のキリヤンshineは最後なんだな、と思うとウルウルweep 両隣の席の人も涙、涙crying 私の宝塚観劇生活もあと少しの間sign02

ここ10日ほどはあまりに仕事が忙しく残業続きで、またまたブログ更新できなかったcoldsweats01

2012年2月 5日 (日)

源氏物語を読む

近所のお寺で「源氏物語bookを読みましょう」という会があって初めて参加したflair 12月に第1回があり、先月はお休みで今日が2回目とか。そんな会があることを知らなかったが、たまたま今日知ったので姉に誘われて行ってみた。源氏物語は好きなのだが、高校時代、古文はあまり得意ではなかったのでsweat01全文は訳本でしか読んでいないcoldsweats01 30年間高校の教鞭をとっておられた先生が原文を読み解いてくださるとかで興味津々。参加者は10名ほど。近所の人は少なく、遠方から来られている方もあるみたい。まずは前回の復習兼ねて源氏物語の一般的な説明のあと、桐壺の巻を一段落ごと2名ずつの生徒に読ませる。みんな古文をすらすら。え~~~、そんなことするのdashsweat01sign02 この会は「一緒に読みましょうpunch」だったのか、どうしよう~sweat01と焦る。でも、ま、いきなり当てられるのではなく、最初の部分を読んだ方々はどうやら前回の出席者らしかった。復習なのね。その続きは先生が丁寧に読みながら、詳細をわかりやすく説明してくださる。で、次は今日の段落をまた生徒が読みあげるということで、今度は姉も私も指名されてしまったがsweat01何とか読めたよcoldsweats01 ほっdash ほんと、高校以来の古文だわcoldsweats01 先生は最初はおっとり見えたけど、講義が始まった途端はきはきシャキシャキして、いかにも学校の先生って感じに変身flair でも内容はなかなか面白かったので、たまにはお勉強と、また来月も参加してみよう。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ