« 紅葉狩り | トップページ | 節電の冬 »

2011年12月11日 (日)

クリスマス・アダージョ

先日、世界的指揮者・西本智実指揮のオーケストラ「クリスマス・アダージョ」を聴きに行った。西本智実がクリスマスに贈る初の名作ミュージカルナンバーということで、ポーランドのオケにNY・ブロードウェイやロンドン・ウエストエンドに出演した歌手2名との共演。初めて西本智実氏を見たけどカッコイイ 黒エンビを着て颯爽と歩く姿はまるで宝塚の男役みたい指揮ぶりも華やか。曲目はオペラ座の怪人、レ・ミゼラブル、ミス・サイゴン、アスペクトオブラブなど好きな作品ばかり。女性歌手のイ・ソジョンはブロードウェイの「ミス・サイゴン」でヒロインを務めたこともあるとかで、さすがに素晴らしい。男性歌手のリー・ミードは甘いマスクながらお茶目な仕草も魅力的で、心地いい歌声。途中でオペラやバレエの曲なども挟みながら最後は2人で「聖しこの夜」を英語と日本語で歌ってくれ、清らかな声に癒された。

シンフォニーホールへ行くのは十数年ぶりのことで、近隣の雰囲気もとても変わっていたし、仕事帰りで5分遅刻したのでホール内も勝手がわからず右往左往 エレベーターで案内してくれた係員にチケットを見せたのに、なぜだか違う階に降ろされ、もう1階分階段を上がらされた 見間違えたのかな しかも演奏中は客席へは入れてもらえず(ま、当然ですが)、1曲終わるまで廊下でモニターを見ながら待っていた。

|

« 紅葉狩り | トップページ | 節電の冬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス・アダージョ:

« 紅葉狩り | トップページ | 節電の冬 »