« ソウルB級グルメ・その3 | トップページ | かたつむりのパック »

2011年7月13日 (水)

ソウルのグルメ

最後は韓牛焼肉。これはもちろんB級ではないし、一番値段が高いのにちょっとがっかり ネットで一番人気の焼肉店だったので行ってみたが、ネット口コミはあまり当てにならないなあ 韓国の焼肉と日本の焼肉では部位の好みが違うみたいだし、仕方ないのかな塩タンと言いつつも味付けされたタレが少しかかっていて

<心の声:西宮の大好きな焼肉屋さん(ここ以外では焼肉は食べない)の塩タンとは似ても似つかない > 

味付けカルビや1頭からわずかしか取れない貴重なハラミも同じような味だったし(写真で見てもどっちがどっちかわからない 色が暗いほうが味付けカルビだろう)。でもまあ、炭火で焼くのは加点ポイントだし(私って何様)、サンチュやエゴマなど焼肉を包む葉っぱはおいしいので、日頃の野菜不足を補うためにもひたすら葉っぱで包んで食べた。この店はほとんど日本人客御用達みたいになってしまっているので、次回は地元の人が行くようなお店で味見してみようかな。やはり明洞では観光客相手だから期待できない、との口コミだけは正解

11sel_004 11sel_008 11sel_007

ただミッバンチャンはおいしかった。ネギとエゴマの和え物が一番好き。もやし、ジヨンや卵のスフレみたいなものまで、あまりに数が多すぎて、おかずだけでお腹いっぱいに ビール(メクチュ)はHiteとCassが定番で、どちらかと言えばCassが好み。

11sel_003 11sel_005 11sel_006

お店のインテリアや雰囲気はなかなか素敵な民芸調で、わらじが飾ってあったり興味深い。

11sel_001 11sel_009

|

« ソウルB級グルメ・その3 | トップページ | かたつむりのパック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソウルのグルメ:

« ソウルB級グルメ・その3 | トップページ | かたつむりのパック »