« 6月6日のアジサイ | トップページ | 町会役員会 »

2011年6月12日 (日)

宝塚・宙組公演「美しき生涯/ルナロッサ」

友人のお誘いで宝塚・宙組公演「美しき生涯/ルナロッサ」を観劇した。戦国武将の石田三成が主人公で、秀吉の側近として豊臣家への忠義に生涯を捧げた生き様と、茶々を愛してしまった故の葛藤を描いたお芝居。座付作者ではなく初めて外部の脚本家である大石静を起用している。大河ドラマとも連動し、題材としては悪くないのかもしれないが、設定がちょっとなあって感じ。三成と茶々の純愛といいつつ、結果的には忠義ではなく裏切りに 宝塚的にはイマイチなフィクションかも。衣装は豪華。ショーは中近東を舞台に異国情緒あふれるものだが、あまり目新しい感じではなかった。二番手男役スターが組替えで入ったので、そのお披露目という印象が強かった

|

« 6月6日のアジサイ | トップページ | 町会役員会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚・宙組公演「美しき生涯/ルナロッサ」:

« 6月6日のアジサイ | トップページ | 町会役員会 »