アルザス地方&スイス

  • 精霊教会/ハイデルベルク
    東フランス・アルザス地方の美しい村とスイス・アルプスへの旅でした。 30年ぶりのユングフラウ、ドイツ・ハイデルベルクも懐かしく訪れました。

フランス

  • エッフェル塔
    初めての南フランスから北部ノルマンディー地方への縦断の旅でした。憧れのコート・ダジュールやフランスの美しい村など満喫しました。

オーストリア世界遺産の旅

  • ザッハートルテ
    ウィーン以外は初めてのオーストリア。憧れのハルシュタットを含む世界遺産が8つもありました。

パリ&北イタリア

  • 午後11時のエッフェル塔
    パリは2年ぶり、トリノ、マジョーレ湖は初めて!美食天国フランス・イタリアの名に恥じない?グルメな旅でした。

イギリス

  • お土産
    ロンドン以外は10年ぶりの再訪。緑萌える麗しきカントリーサイドの旅でした。

トラベル

  • オリエント急行の旅
    旅行が大好き。一番好きなところは? う~ん、どの街にも思い出がいっぱい。

スペイン

  • カサ・ミラの吹き抜け
    10年ぶりのスペイン。懐かしいところも初めての街も。

香港グルメツアー

  • パンダクッキー
    14年ぶりの香港へ自力グルメツアー。おいしいものがいっぱいでした。

ソウルわがまま旅

  • チャマシヌントゥルの外観
    宮廷料理など味はもちろん見た目も美しい料理の数々。目でも楽しんでみてください。

韓国旅行3

  • 元祖サンパブチップ入り口
    三度目の韓国は伝統家屋(=韓屋)の村や町並みなどの見学が目的でした。

韓ドラの世界を訪ねて

  • ブタのぬいぐるみ
    二度目の韓国は「韓ドラ・ミーハーツアー」。 いろんなドラマロケ地を網羅しました。

韓国旅行

  • お土産
    韓国旅行のアルバムがやっと完成。 韓国ドラマ以降、文化、食べ物にもすっかりハマっています。

済州島

  • 五味子茶とトウモロコシのひげ茶
    初めての済州島は真冬。 幸い暖かい日々だったので念願だった ヨン様のドラマロケ地も見学できました。 おいしいものもいっぱい!

由布院2

  • 日田市豆田町・街並み
    二度目の由布院は亀の井別荘でした。天領日田市のおひなまつりも。

由布院

  • 駅前からの由布岳
    初めて由布院に行ってきました。

箱根・宮ノ下富士屋ホテル

  • ランチ
    建て替えのため閉館する東京の歌舞伎座へ行くついでに 箱根で泊まろうと憧れのクラシカルホテル、 宮ノ下の富士屋ホテルへ

アレンジメント作品集 

  • 第71回作品 ツインズデコレーション
    自宅でお稽古しているヨーロピアン・ フラワー・アレンジメントの作品集です。

自慢コーナー

  • クリスマスリース
    自称・ビーズ職人という、友人の手作り作品です。 私が作った作品はリングピローが3つになりました。

ガーデニング

  • ポインセチア
    狭いガーデニングですが姉の丹精です。 私は水やりだけ~。

さくら

  • 大手毬
    日本人なら誰もが好きな花、さくら。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

ハロウィン

ハロウィンは収穫を祝い、悪霊を払う古代ケルト人の祭りが起源で、米国では仮装した子供がカボチャの提灯を手に家々を回る。最近では日本でも各地でハロウィンの行事が行われるが、姪一家の住むマンションでも初めて子供たちのハロウィン・パーティflairをしたそう。お昼前の時間を決めてマンション中の参加する子供のいる家doorを訪ねてお菓子をもらうsign02行脚をしたとか。参加する子供は11人くらいいるそうだ。一番おちびさんのゆい姫shineもお気に入りのハロウィン・マントflairを着て歩いたんだろうなdash

2010年10月26日 (火)

木枯らし1号

今日は気温が下がり、木枯らし1号が吹いた。まだまだ例年より暖かかったのでつい薄着になってしまうが油断大敵。東北や北海道では紅葉mapleを通り越して初雪snowがあったとか。大阪でも明日はもっと寒くて14℃くらい、天気予報では確か「寒さの底辺」と言ってたようなsign02 それ以後はまた元に戻るからなのか。今からやっと本格的な秋maplericeballshoeを堪能できるのだから、まだ急に寒くならないでsign04

2010年10月24日 (日)

東京バンドワゴン~オール・マイ・ラビング

お気に入りheart04のシリーズ・小路幸也の最新刊book「東京バンドワゴン~オール・マイ・ラビング」を読んだ。最新とはいえ図書館で半年の予約待ちだったのでsweat01やっと今頃。もう5冊目になる、東京下町の古本屋を舞台にした4世代家族たちの話。店に持ち込まれる謎を鮮やかに解き明かす設定で、登場人物たちも生き生きして、下町ならではの人情、愛が溢れていて、いつも読み終えると心が温かくなるような、そんな小説だ。最近は曲名に因んだ副題がついている。スタンド・バイ・ミー、マイ・ブルー・ヘブン、シー・ラブズ・ユーなど、それだけでも懐かしさがflair こんなお店があればなあsign04

2010年10月23日 (土)

そろそろ冬支度?

小さな秋の後、なかなか本格的な秋には程遠かった10月ももう下旬。やっと好きな金木犀の香りがしてきたり、桜の葉がほんの少し色づいてきたり、といよいよ秋本番の到来か。一番過ごしやすい時期だけど、何やら来週から急に気温が下がって寒くなるとのこと。今年は夏が長すぎたし、それに体が順応できるだろうか。うちの家はマンションに比べると寒いので、早めに冬支度をしておかなくちゃcoldsweats01 居間の敷物を冬用に替えた。それだけでちょっとほっこり。ホットカーペットも倉庫から出して準備OKscissors 明日からはrainらしいので、今日のうちにこたつ布団も干して出番待ち。毛布はまだちょっと早いよねsweat01

2010年10月17日 (日)

アレンジメントお稽古

160_2今日のお稽古はクレッセント型テーブルフラワー。
小花が少ないので小さめに活けるように、と言われたのを聞き漏らして普通に大きく堂々活けてしまったのでsweat01やっぱり花が足りなくなったcoldsweats01 それに私も含め白いデンファレばかりが当たった人は色味が足りないのもあり、家の玄関先に咲いているミリオンベルやクッカバラを切って足すことにscissors

久しぶりにお稽古の後のcafeティータイム。香港でペニンシュラの紅茶を買ってきたので封を切った。いつも飲んでいるハロッズやフォートナム&メイソンの紅茶とはまた違った香りと味わいかな。韓国へairplane行っていた人の話など話題が多くてみんなで爆笑happy01 いつまでもおしゃべりが途切れなく面白かった。

2010年10月16日 (土)

香港グルメツアー・アルバム完成

友人のリクエストにお応えして、先日の香港グルメツアーで食べた料理の数々、そのアルバムが完成。その名の通りほとんどが食べ物写真だdash 観光らしき写真はマカオの数点かな。おいしそうに見えるかしらhappy01

2010年10月11日 (月)

La Becasse(ラ・ベカス)でのディナー

オープン20周年記念期間だという大阪・高麗橋のフランス料理「La Becasse(ラ・ベカス)」へ知人と行った。大阪出身のオーナーシェフ・渋谷圭紀氏が18歳でフランスに渡り、ポール・ボキューズやアラン・シャペルで修業したあと開いたお店「ラ・ベカス」は、大阪では数少ない本格的なフランス料理を食べさせてくれることで有名flair お店が四ツ橋にある頃に行ったことがあるが、移転してからは初めて。以前はこぢんまりとしたお店だったが、高麗橋のお店は広く、赤と黒を基調としたモダンな内装。お祝いの胡蝶蘭や豪華な鉢植えがたくさん飾られていた。よく行く芦屋・打出のフレンチはビストロということで家庭料理のカジュアルさが魅力だけど、こちらはウェイティングルームでシャンパンを飲みながら席に案内されるのを待つ、という本格派。期間中はシェフの特別メニューコースがおすすめらしい。アミューズは黄色いピーマン(だったかなsign02)のムース(変わってるsign04、でも美味heart04)、オマール海老のサラダ・オレンジ風味、白身魚のポーピエットとフォアグラ、シェフ自慢の子羊のピカタ、チーズ(私は苦手なのでパスsweat01)、ミツマメ(これがおいしいhappy01)、栗のスープ(アイスクリーム)、コーヒーと焼き菓子いうメニューにブルゴーニュの白ワイン。一品一品丁寧に作られており、さすがお見事shine 実は羊肉も苦手なのだがsweat01シェフの仕事は素晴らしくて、厚切りなのに軟らかく臭みも全くなく、最後までおいしく味わえたhappy01  3時間もかけてゴージャスな気分を味わえた。お土産に記念品もいただいた。

201010091833000_3 109_003

109_004 109_005

109_006 109_007

2010年10月 7日 (木)

香港グルメツアー

友人と14年ぶりに香港airplaneへ行った。返還される前に行こうと家族でairplane旅行して以来だ。今回はお買い物ツアーではなく、久しぶりにおいいしい飲茶など中華料理を堪能したいということでairplanebuildingだけを購入しての自力punchグルメツアーとなった。ツアーの送迎バスはないが、空港(新しくshineなってからはもちろん初めて)からAEL(エアポートエクスプレス)という列車に乗るとたった24分で香港島の駅に到着。駅から大手のホテルへはシャトルバスが運行と、とても速くて便利になっていたのに驚かされた。旅行者用パスとして、そのAEL往復とMTR(地下鉄)3日間フリーパスがピタパのようなタッチ式カードで使用できるシステムになっていて、キャセイパシフィック航空機内で割引で購入できる(HKG$300→HKG$290)。AEL往復だけでもHKG$200だからお得scissors MTRフリー分(HKG$100/約1100円)を3日間とも大活用して動き回った。今までは九龍側のステイが多かったが今回は初めての旅以来の香港島ステイ。高層ホテルばかりが建ち並ぶ中、61階建てコンラッド香港の56階に泊まった。広々とした部屋からは港を挟んで九龍側の夜景も香港島の山側夜景も見える。ホテルとブランドブティックが集まる大きなショッピングアーケードは連絡通路で繋がっているし、地下鉄駅~地下街も昔とは比べ物にならないくらい発達していて行動に便利だった。

念願のディン・タイ・フォンの小籠包shine、糖朝のマンゴープリンshine、名都酒楼の飲茶(プリプリのエビ蒸し餃子、湯葉巻き揚げ)などなど、さすがにおいしいflair 大満足heart02

マカオへも日帰りで足を延ばし、行列のできるCAFE e NATAのエッグタルトを賞味scissors 世界遺産の美しいセナド広場も訪れたが、熱烈慶祝中華人民共和国成立61周年という大看板というか門sign02が真ん中に立っていので、せっかくの波型タイル模様の美しい通りが興ざめだったのがちょっと残念sweat01 カジノホテルは時間がなくて行けず外観のみcoldsweats01 

Hkg_055 Hkg_062

Hkg_086 Hkg_008

Hkg_042 Hkg_081_2

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ