アルザス地方&スイス

  • 精霊教会/ハイデルベルク
    東フランス・アルザス地方の美しい村とスイス・アルプスへの旅でした。 30年ぶりのユングフラウ、ドイツ・ハイデルベルクも懐かしく訪れました。

フランス

  • エッフェル塔
    初めての南フランスから北部ノルマンディー地方への縦断の旅でした。憧れのコート・ダジュールやフランスの美しい村など満喫しました。

オーストリア世界遺産の旅

  • ザッハートルテ
    ウィーン以外は初めてのオーストリア。憧れのハルシュタットを含む世界遺産が8つもありました。

パリ&北イタリア

  • 午後11時のエッフェル塔
    パリは2年ぶり、トリノ、マジョーレ湖は初めて!美食天国フランス・イタリアの名に恥じない?グルメな旅でした。

イギリス

  • お土産
    ロンドン以外は10年ぶりの再訪。緑萌える麗しきカントリーサイドの旅でした。

トラベル

  • オリエント急行の旅
    旅行が大好き。一番好きなところは? う~ん、どの街にも思い出がいっぱい。

スペイン

  • カサ・ミラの吹き抜け
    10年ぶりのスペイン。懐かしいところも初めての街も。

香港グルメツアー

  • パンダクッキー
    14年ぶりの香港へ自力グルメツアー。おいしいものがいっぱいでした。

ソウルわがまま旅

  • チャマシヌントゥルの外観
    宮廷料理など味はもちろん見た目も美しい料理の数々。目でも楽しんでみてください。

韓国旅行3

  • 元祖サンパブチップ入り口
    三度目の韓国は伝統家屋(=韓屋)の村や町並みなどの見学が目的でした。

韓ドラの世界を訪ねて

  • ブタのぬいぐるみ
    二度目の韓国は「韓ドラ・ミーハーツアー」。 いろんなドラマロケ地を網羅しました。

韓国旅行

  • お土産
    韓国旅行のアルバムがやっと完成。 韓国ドラマ以降、文化、食べ物にもすっかりハマっています。

済州島

  • 五味子茶とトウモロコシのひげ茶
    初めての済州島は真冬。 幸い暖かい日々だったので念願だった ヨン様のドラマロケ地も見学できました。 おいしいものもいっぱい!

由布院2

  • 日田市豆田町・街並み
    二度目の由布院は亀の井別荘でした。天領日田市のおひなまつりも。

由布院

  • 駅前からの由布岳
    初めて由布院に行ってきました。

箱根・宮ノ下富士屋ホテル

  • ランチ
    建て替えのため閉館する東京の歌舞伎座へ行くついでに 箱根で泊まろうと憧れのクラシカルホテル、 宮ノ下の富士屋ホテルへ

アレンジメント作品集 

  • 第71回作品 ツインズデコレーション
    自宅でお稽古しているヨーロピアン・ フラワー・アレンジメントの作品集です。

自慢コーナー

  • クリスマスリース
    自称・ビーズ職人という、友人の手作り作品です。 私が作った作品はリングピローが3つになりました。

ガーデニング

  • ポインセチア
    狭いガーデニングですが姉の丹精です。 私は水やりだけ~。

さくら

  • 大手毬
    日本人なら誰もが好きな花、さくら。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月28日 (火)

ヘッドスパ体験

一昨日の美容院でカットと共にヘッドスパを体験した。数種類あるヘッドスパのうちプチスパという体験用のミニコーススパを。効能ごとにマッサージなどが違うらしく、香りも4種類から選べる。首や肩凝りにも効くというのを選び、香りはハーブ系。カット&シャンプー後、力強いマッサージとハーブの香りでリラックスできた。とても心地いいのでまた次回もしてもらおう。

2010年9月26日 (日)

アレンジメントお稽古

157_2 夏の間お休みしていたアレンジメントお稽古の再開。ここ数日で急に秋らしくなってきたように、今日のアレンジのテーマはまさに「秋」。勝手に「秋の気配」と命名した。ススキやリンドウ、ケイトウなど秋らしさを感じる花材を活けた。縦型に活けた隣に小さくまとめた花がかわいく、お気に入り。頭が大きくない、すっきりした今風のsign02ケイトウが素敵でしょ。

今朝、このケイトウの一部の水揚げが悪くてぐったりとしていたので、茎の先を水中で何度も切ったりしてやっと何とか元気回復。そのぐったりした花が私の花材に当たったので、まだ少し頭が重いのかbearing活けてみたらバラバラした印象になってしまった。先生が3本目のケイトウの位置を活け変えてくださったら、あら不思議、ちゃんと収まったflair さすがゴッドハンドshine

今日のティータイムcafeは残念ながらsweat01なし。美容院の先行予約日を変更したら、担当者が今日の夕方しか空いていなかったので行くことにしたし、姉も用事があるのでcoldsweats01

2010年9月25日 (土)

地デジ化完了

我が家の地デジ化もようやく完了した。昨年買い替えた大型テレビtvはデジタル用だし、ケーブルも引いてあるのでscissorsだが、キッチンにある小さいtvはまだ映りも悪くないからアナログのまま。電波障害地域の我が家と隣接の賃貸住宅ではアナログ時代の共同視聴での地デジ対応はもう望めなくsweat02対策としては新たに大きめのUHFアンテナを立てるか、 ケーブルを引くかしかない。でも元々近隣のビルによる電波障害があるので今さらアンテナを立てても必ず受信できるかどうか不明とのことsweat01 春頃から町会でも地デジ対応について説明集会があって聞きに行ったりした結果、やはりケーブルを引くのが一番早道で確実との結論に。大型tvはそのままでOKだが、アナログtvはケーブルのチューナーを取り付けて無事地デジ化が完了flair でも古いtvだと黒い額縁状態になる映像もあり、小さいtvの画面がさらに小さくweep 上下や左右だけの枠は仕方ないけど、額縁はちょっとひどいんじゃないsign02 何とかならないかしらpout

2010年9月23日 (木)

映画「終着駅・トルストイ最後の旅」

映画movie「終着駅・トルストイ最後の旅」を見た。今年はロシアの文豪レフ・トルストイの没後100年とか。映画はトルストイと、世界3大悪妻bombの一人として知られる妻ソフィアとの知られざる生活を描く。世界3大悪妻とは、ソクラテスの妻クサンチッペ、モーツァルトの妻コンスタンツェ(こちらは映画やミュージカルなどで3人の中でも一番有名flair)、そしてトルストイの妻ソフィアだそう。晩年を迎えたトルストイは、財産分与などを巡って妻ソフィヤとトルストイ主義と呼ばれる信奉者たちが対立することに悩まされ、82歳にして突然家出し、小さな駅で最期を遂げた。そんなトルストイ夫妻の長年に渡る愛と葛藤の物語を描いている。今まで知らなかった文豪の理想主義としての生き方や、かたや悪妻と呼ばれる伯爵夫人が現代では当然ともいえる妻と家族の権利を主張しているのだと感じられるのが興味深い。ソフィア役はヘレン・ミレンshineと、トルストイ役はクリストファー・プラマー。2人の重厚でありながら淡々とした演技から夫妻の深い愛が感じられ、感動的なラスト。

2010年9月19日 (日)

水木しげる・妖怪図鑑

友人のお誘いで兵庫県立美術館で開催中の「水木しげる・妖怪図鑑」に行った。盛況だとは聞いていたが、いつもは閑散としているこの美術館で展示室に入るのに30分待ちとは驚きwobbly 子供連れの人も多く、記念撮影cameraができる一反もめんの立体展示の前でも行列が。やっと展示室に入っても順に丁寧に見る人が多いのか、最初の88種類の妖怪の絵の前は黒山の人だかりに近く、なかなか展示物を見ることができない。空いてそうなところを探して見ていった。「ゲゲゲの鬼太郎」キャラでは目玉おやじの前身というか、鬼太郎のお父さんを初めて見た。詳しくはないので最初から目玉おやじかと思っていたcoldsweats01 シツレイシマシタdash 昔から鬼太郎キャラの中では、塗壁とねずみ男がお気に入り。

2010年9月15日 (水)

夕立の後

昨日も午後にrain雨が降り涼しくなり、今日は朝からcloud曇り空。おまけにrain夕立があってすっかり秋の気配。明日も雨模様とかsign04このまま涼しくなっていってくれるとうれしいのだけどdash 「小さい秋」から本格的な秋へflairと期待したい。

2010年9月13日 (月)

小さい秋

やっと猛暑が収まったのか、今日は少し気温も下がり夜はとても涼しくて、この夏初めてエアコンなしで過ごせそたhappy01 そろそろ「小さい秋」が訪れたのかも。Pちゃんのmailに書いてあった言葉が気に入ったのでパクリましたcoldsweats01 「小さい秋」(*_ _) 

昨日は第2回目の町会お掃除デー。前回22名参加(後日、回覧板で発表)と大成功だった町会イベント。先月の掃除は知らなかったsweat01とかで欠席だった方も今回新たに参加されたりと、大人数での掃除大会となった。前回に比べて缶ビンやペットボトルのゴミがだいぶ減っていたのはその効果だろうか。異常気候のせいか、早々と枯葉が多く散っていたのでゴミ袋は葉っぱがいっぱい。気になっていた道路際の雑草抜きもしてすっかりきれいに。たくさんの町会の人が率先して参加するのは素晴らしい。私もいつまで続くかわからないけど、できるだけ参加していこうpunch

2010年9月12日 (日)

宝塚月組公演「ジプシー男爵/Rhapsodic Moon」

宝塚月組moon3公演「ジプシー男爵/Rhapsodic Moon」を観劇した。ご贔屓のキリヤンのトップ就任後2作目。前回は海外ミュージカル1本ものだったが今回は芝居とショーの2本立て。歌・ダンスを得意とするキリヤン率いるショーが楽しみだった。「ジプシー男爵」はヨハン・シュトラウスのオペレッタを基にミュージカル化したものだが、芝居より歌の比重が大きくて原曲そのままを使っているのも多く、曲調がやはり古臭いdashというか(ゴメンsweat01)う~ん、ちょっと期待はずれcoldsweats01noteはさすがに朗々と歌っていて素晴らしいし、コーラスも力強いのだけど、あまり好きなタイプの作品ではなかったのが残念sweat02 でもプロローグのトップコンビshineによる情熱的なデュエットダンスは、モノトーンの素敵な衣装とともに大人っぽい雰囲気で見応えありflair ショーはダンスダンスダンスshine 共に優れたダンサーであるトップコンビが群舞も含めて踊りまくる…というパターンのショーは大好きheart04 欲を言えば、群舞の振付に宝塚的魅力が少なかったということか。でも見事なダンスもたくさんあり、伝統的に言われている「芝居の月組」より「ダンスの月組」という評価になりそうな気配もsign02

因みに昔の伝統的な呼び方は、ダンスの花組、芝居の月組、日本物の雪組、コスチュームの星組(またはゴージャスな星組)だったけ。5組になってからの宙組は何だろうsign02 あれ、記憶にないなdash

2010年9月 5日 (日)

逸翁コンサート

083 知人のお誘いで池田の逸翁美術館マグノリアホールでのnote「逸翁コンサート~帰ってきたタカラジェンヌ」に行った。サブタイトルどおり、出演は今年宝塚歌劇団を退団した萬あきらさん。私が当時のご贔屓のマリコちゃんheart04を見ていた初期の頃は同じ星組に在籍していらしたので、その渋い芝居も好きだった。ダンスがとてもキザだったし、最後の舞台「カサブランカ」のサム役も素敵だったな。今回のnoteコンサートは先頃亡くなった小林公平氏のメモリアルコンサートでもあるので彼の作詞メドレーもあり、宝塚の懐かしい曲やシャンソンなどもポップなジャズアレンジで新鮮だった。ハスキーな歌声と色っぽい流し目も健在shine

誘ってくださった知人とは年賀状やたまのメールだけで長らくお会いしていなかったので、それこそ十数年ぶり。今日お会いできたもうお一方ともご一緒に初めてお会いしたのは、かれこれ20年くらい前sign02のエジプト旅行だったが、おしゃべりしているとまるで昨日のことのように思い出されて楽しかった。旅行中にお互い宝塚ファンだとわかったのでその後も公演やrestaurantディナーショーなどでお会いしたのだったっけ。お二人とも全然変わっていらっしゃらないのですぐにわかったhappy01 旅行のお話もいろいろ。ケニアやタンザニアのサファリもいいし(人生観が変わるそうflairそういえばエジプトでもそんなこと言われる)、昨年の年賀状は南米ベネズエラのギアナ高地にあるエンジェルフォールの写真だったっけ。まだまだ私が行っていない場所も多いwink

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ