アルザス地方&スイス

  • 精霊教会/ハイデルベルク
    東フランス・アルザス地方の美しい村とスイス・アルプスへの旅でした。 30年ぶりのユングフラウ、ドイツ・ハイデルベルクも懐かしく訪れました。

フランス

  • エッフェル塔
    初めての南フランスから北部ノルマンディー地方への縦断の旅でした。憧れのコート・ダジュールやフランスの美しい村など満喫しました。

オーストリア世界遺産の旅

  • ザッハートルテ
    ウィーン以外は初めてのオーストリア。憧れのハルシュタットを含む世界遺産が8つもありました。

パリ&北イタリア

  • 午後11時のエッフェル塔
    パリは2年ぶり、トリノ、マジョーレ湖は初めて!美食天国フランス・イタリアの名に恥じない?グルメな旅でした。

イギリス

  • お土産
    ロンドン以外は10年ぶりの再訪。緑萌える麗しきカントリーサイドの旅でした。

トラベル

  • オリエント急行の旅
    旅行が大好き。一番好きなところは? う~ん、どの街にも思い出がいっぱい。

スペイン

  • カサ・ミラの吹き抜け
    10年ぶりのスペイン。懐かしいところも初めての街も。

香港グルメツアー

  • パンダクッキー
    14年ぶりの香港へ自力グルメツアー。おいしいものがいっぱいでした。

ソウルわがまま旅

  • チャマシヌントゥルの外観
    宮廷料理など味はもちろん見た目も美しい料理の数々。目でも楽しんでみてください。

韓国旅行3

  • 元祖サンパブチップ入り口
    三度目の韓国は伝統家屋(=韓屋)の村や町並みなどの見学が目的でした。

韓ドラの世界を訪ねて

  • ブタのぬいぐるみ
    二度目の韓国は「韓ドラ・ミーハーツアー」。 いろんなドラマロケ地を網羅しました。

韓国旅行

  • お土産
    韓国旅行のアルバムがやっと完成。 韓国ドラマ以降、文化、食べ物にもすっかりハマっています。

済州島

  • 五味子茶とトウモロコシのひげ茶
    初めての済州島は真冬。 幸い暖かい日々だったので念願だった ヨン様のドラマロケ地も見学できました。 おいしいものもいっぱい!

由布院2

  • 日田市豆田町・街並み
    二度目の由布院は亀の井別荘でした。天領日田市のおひなまつりも。

由布院

  • 駅前からの由布岳
    初めて由布院に行ってきました。

箱根・宮ノ下富士屋ホテル

  • ランチ
    建て替えのため閉館する東京の歌舞伎座へ行くついでに 箱根で泊まろうと憧れのクラシカルホテル、 宮ノ下の富士屋ホテルへ

アレンジメント作品集 

  • 第71回作品 ツインズデコレーション
    自宅でお稽古しているヨーロピアン・ フラワー・アレンジメントの作品集です。

自慢コーナー

  • クリスマスリース
    自称・ビーズ職人という、友人の手作り作品です。 私が作った作品はリングピローが3つになりました。

ガーデニング

  • ポインセチア
    狭いガーデニングですが姉の丹精です。 私は水やりだけ~。

さくら

  • 大手毬
    日本人なら誰もが好きな花、さくら。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

映画「インセプション」

レオ様と渡辺謙の共演で話題の映画movie「インセプション」を見た。人の夢の中に入り込んでアイデアを盗む、ということだけを映画宣伝で聞いていたが、ストーリーはその逆で「植えつける」ことをしようとしていたのだ。そのギャップに戸惑いながら見ていると最初はちょっとわかりにくいかなsweat01と思っていたが、だんだん理解できてくる。そうか、盗むことができるのだからその逆もありかdash 「植えつける」ミッションのためにメンバーが集められるのは「オーシャンズ11」みたいだし、この仕事のために妻を亡くし、その妻が夢に現れるレオ様の苦悩は、先ごろ見た同じくレオ様の「シャッターアイランド」にも似ている。最近のレオ様は苦悩する眉間のしわがすっかりお似合いに。

「植えつける」ミッションを遂行するためにはメンバーが夢の共有をする。夢の中の夢の中の夢、という風に夢には階層があり、現実と夢、夢の階層それぞれでも時間の流れが違う、というところが納得flairできてからは俄然面白くなった。その何階層かの夢を同時進行で見せてくれるのだから、現実に起こっている場面が超スローモーションで表現されているのも面白い。ラストは「シャッター~」同様、結末はご想像におまかせします、的。う~ん、どっちかなsign02 2時間40分と結構長い上映時間だけど、あまり長さを感じなかった。それだけ興味をそそられて集中できたからかな。すっかりハリウッド俳優shineとなった渡辺謙の存在感、夢の設計者であるアリアドネ役のエレン・ペイジ、妻役のマリオン・コティヤール、ほか回りも個性的で名優ぞろい。

2010年7月25日 (日)

ツアーメンバーからのメール

先日のツアーairplaneメンバーだった方からブログとcameraアルバムを見たとのメールmailと、姉と私が写っている写真を送ってくださった。明るく若々しいshine奥様と、絵や写真がご趣味の物静かなご主人というご夫妻。食事時に何度か同じテーブルを囲んで楽しくおしゃべりしているうちに、奥様の実年齢を知り、驚くとともにとても若く見えるので「ご主人と年が離れていると思っていたdash」と姉が打ち明けると、すかさずご主人「バーン!annoy」と指鉄砲で撃ってこられた。そんなことをするタイプには全く見えず、どちらかと言えば寡黙なイメージだったので見ている私は爆笑。実はご夫妻、ほとんど年齢は変わらないのだそうsweat01それから話している間、姉は何度も撃たれる始末coldsweats01 その姿がお茶目で、同じテーブルのメンバーは大爆笑。それ以後そのテーブルは異様な盛り上がりhappy02 ご主人は写真を撮って、それを元にして絵を描くのもお好きだとか。そういえばいつも熱心にカメラを構えていらしたっけ。絵心のない私は絵を描ける人がうらやましいsign04。私が料理写真を撮っているとご主人から「どうするの?」と聞かれたので「ブログに載せるため」と答えると、「それはぜひ見たいな」って言ってくださって、帰り際にメルアドを交換したのだった。ちょっと面映いけどcameraアルバムができたのでお知らせするとすぐにpc見て返事をくださったというわけ。旅行を懐かしみ、出来映えを誉めてくださったのがうれしいhappy01 うふふ、書いてしまいましたsign04coldsweats01

2010年7月23日 (金)

オーストリア旅行アルバム完成!

お待たせしましたhappy01 やっとdashオーストリアcamera旅行アルバムが完成flair 「オーストリア世界遺産の旅」という名のとおり、8つの世界遺産を回った旅なので見所も多く、デジカメのSDを2Gに替えたら500枚くらい撮影できて、選別するのにも時間がかかってしまったsweat01 仕事も忙しかったし、風邪も引いて、予定より遅れちゃったcoldsweats01 楽しんでいただければ幸いです。風邪はもうすっかりよくなりましたscissors

猛暑が続いてぐったりですね。熱中症sunに気をつけましょうpunch

2010年7月19日 (月)

ウィーン・ミュージカル「ダンス・オブ・ヴァンパイア」

先月のオーストリア旅行ではミュージカル「ダンス・オブ・ヴァンパイア(TANZ DER Vampire)」を観劇。10年以上前にウィーンで見そびれたから初観劇shineということでチケットを四苦八苦して入手したので、とても楽しみにしていた。ウィーン・ミュージカルの来日コンサートで「ヴァンパイア」の曲は聞いたし、オリジナルキャストのCDも持っているが、東宝版は見ていない。だからcoldsweats01私自身は両者の違いを比べることはできないけど、「ヴァンパイア」ファンのブログによると、ヴァンパイアたちが眠る墓場のシーンは東宝版とは全然違うらしいflair ウィーン版ではたくさんの棺が幕のように立って並んでいたのが全体がだんだん前方へ斜めにせり出してきて、業界用語で言う<八百屋舞台(平面ではなく斜めになっている)>のようになっていった。その棺の中からヴァンパイアたちが起き出して来て踊り出すという具合。ヴァンパイア伯爵とヒロインのサラ(マジャーンという来日したことがある女優さんだが、歌・芝居以外のダンス場面では別の女優さんが踊っていた。役割分担なのかなsign02 ) のデュエットダンスが激しい振付で、まるでアイスダンスみたいなリフトを軽々と回す、回す。これぞヴァンパイアのダンスsign03と圧巻。他のヴァンパイアたちの踊りも素晴らしく、客席はみんなブラボー拍手papershinepaper (確かに東宝版ではあんなに踊れないだろうから当然、演出は違うよねcoldsweats01) 他にはヴァンパイアに噛み付かれたときの血糊がとても多く、リアル(過ぎsweat01)なのが相違点だとか。

助手アルフレッド役のルカス君はエリザベートのルドルフ役の頃よりさらに素敵になっていたし、オーラのある伯爵Thomas Brorchert、飄々とした教授Gernot Krannerも、サラのお父さんもみんなうまい。フィナーレはほんとに客席全員のスタンディング。久々に本物のミュージカルを見たという感じで興奮覚めやらぬまま帰った。劇場が小さいので肉眼でも十分見えるし(一応、双眼鏡は持参) 字幕がなくても、俳優の目の動き一つでシチュエーションもわかり、ミュージカルの醍醐味を味わった。

NYブロードウェイやロンドンのウェストエンドのように、元々本場のミュージカルnoteは小さい劇場で上演されている。最初にNYで見たときは驚いたものだ、えっ、こんなに小さい劇場なのsign02って。このローナッハ劇場も然り。だから舞台と客席との一体感があって引き込まれるのかも。そのうえ、この劇場の入り口にはヴァンパイアの牙をイメージした装飾があり、舞台の幕も同様。案内係やプログラム販売などのスタッフたちもみんな黒いヴァンパイア・マントを着けていて、遊び心いっぱい。

Aus_464Aus_465

ミュージカル観劇の前日は、壮麗なウィーン楽友協会黄金ホールでの「モーツァルト・コンサート」へ。演奏者が当時の雰囲気あふれる宮廷衣装やカツラをつけてのパフォーマンスが楽しい。このホールは毎年お正月にウィーンフィルがニューイヤーズコンサートを行っているホール(そのときは舞台に美しい花がいっぱい飾られて華やか)で、映画「のだめカンタービレ」でもロケ撮影した場所。千秋先輩が指揮している姿も目に浮かぶbleah

Aus_408Aus_416 

2010年7月17日 (土)

星組「ロミオ&ジュリエット」

風邪がすっきりとは治っていない中、梅田芸術劇場で宝塚星組「ロミオ&ジュリエット」を見た。フランスで人気の新感覚ミュージカルの宝塚版。「エリザベート」や「スカーレット・ピンパーネル」を脚色した小池修一郎演出で、フランス版自体がシェイクスピア原作とは少し違う部分もあるが、さらに宝塚的な創りで「愛」と「死」の象徴的なダンサー(歌・台詞なし)も登場して、いい作品になっていると思う。あの有名な古典劇を斬新な演出で、ダンスナンバーも多い軽快なロックミュージカルになり芝居のテンポも速い。トップスターの柚希礼音が若々しくて恋に奥手の純真な(という新設定)ロミオshineにぴったりheart04 夢咲ねねのジュリエットも一途で愛らしい。仮面舞踏会はロックパーティみたいでミニスカートのドレスがかわいいし、どの衣装も素敵。しかし、主役たち以上に心引かれたのは「愛」。「死」はトートか、トートダンサー?みたいだが、「愛」は柔らかい踊りと妖精のような雰囲気で、そのしなやかなダンスに釘付け。登場するだけで空気が変わるような重要なポイントを担っていた。フィナーレの華やかなデュエットダンスもあり、宝塚らしい雰囲気も残した作品でとてもよかった。

見ようかどうしようか迷っていて前売り時にチケットを買いそびれたが、友人の「どんな席でも絶対見ておいた方がいい」との熱心なオススメがあったので、それに従って観劇することにしたのだが、ほんとsign01見てよかったhappy01 ネットで残席状況を調べるとB席の一部しか残っていなかったが、窓口に行くとたまたまキャンセルの戻りsign02があり、S席の後ろの方だがセンターがあったので即買い、ラッキーflair この作品は来月博多座で1カ月上演されるものの大阪での先行上演だから宝塚大劇場ではやらないとか。今見逃すともう見られない、ということだった。ありがとう、我が友よsmile

2010年7月16日 (金)

夏風邪

7月になってから仕事が忙しく残業続きで、おまけに先週末から珍しく夏風邪を引いてしまいwobbly土日は少し熱annoyもあってほとんど寝ていたが、週明けは咳と鼻水に苦しめながらマスク着用で出勤。その間、早寝早起きを実行し、なんとか回復してきたかな。ブログ更新もメールもお休みしていたのでまたご心配かけたかも。もう大丈夫ですからflair

旅行のcameraアルバムは体調不良のため制作ストップ中でしたが、ぼちぼち再開します。今しばらくお待たせしますm(_ _)m

2010年7月 5日 (月)

モーツァルト博士

先日のツアーメンバーにモーツァルトに詳しい方がいらして、同じテーブルで食事したときは、いろいろ興味深いflairお話を伺い楽しかった。密かに「モーツァルト博士」shineというニックネームをつけた。その「モーツァルト博士」ご夫妻がお留守番の娘さんに国際電話を部屋からかけたけど、うまくかからずsweat02と耳にしたので、私のグローバルなshinemobilephoneでかけてあげた。結局、留守電になったけどsweat01かかったから、と喜んでくださり、約束通り帰宅してから電話代dollarの代わりにとモーツァルトのおすすめCDcdを送ってくださった。

クラシック素人の私には馴染みのない曲note「ピアノと管弦楽の五重奏曲」。これは2曲入っているものが多く、Mozartが1784年28歳のときに作曲したもので、彼自身がこれまでの作品で最高の作品と言っているもの(出だしが最高flair)と、Beethovenが1796年25歳の作曲したものはMozartの模作だそう。へええ~dash DVDはヘルンブルン宮殿で演奏・撮影したもので、なかなか素敵な雰囲気。どちらも楽しませていただいている。ありがとうございました、モーツァルト博士happy01

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ