アレンジメント作品集 

  • 第71回作品 ツインズデコレーション
    自宅でお稽古しているヨーロピアン・ フラワー・アレンジメントの作品集です。

ガーデニング

  • ポインセチア
    狭いガーデニングですが姉の丹精です。 私は水やりだけ~。

自慢コーナー

  • クリスマスリース
    自称・ビーズ職人という、友人の手作り作品です。 私が作った作品はリングピローが3つになりました。

さくら

  • 大手毬
    日本人なら誰もが好きな花、さくら。

最近のトラックバック

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月28日 (月)

留守の間に

147 旅行で留守の間にゼフィランラスが開花していた。出かける前は全然そんな気配はなかったのにちょうど帰宅した日に満開に。今日は二度目の開花。一度目は突然多くの花をつけて咲いてしまうが、二度目は花も少ない。今年は一度目の写真を撮り損ねた。これは二度目の花。アジサイも次々と満開のまま。左の写真、一番かわいいピンクのアジサイ・ファンがいて珍しいから挿し木してほしいと植木鉢を持参されていた。近々、姉の仕事だ。

148 149 150 151

2010年6月22日 (火)

オーストリア旅行

Aus_099 昨日、姉と10日間のオーストリア旅行から無事airplane帰国。ウィーンはもう12年ぶりかなdash ウィーン以外は行ったことがなかったので今回はオーストリアの8つの世界遺産shineを巡る旅に参加した。ハイドンゆかりの町アイゼンシュタット、ノイジィードラー湖、セメリンク鉄道を経て第2の都市グラーツ、憧れのハルシュタットを含むザルツカンマーグート地方、映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台でもある音楽の都ザルツブルク、メルクからヴァッハウ渓谷のshipドナウ川クルーズで可愛い町デュルンシュタイン、そしてウィーンへ戻るというコース。各地の世界遺産は素晴らしく、ウィーンでは楽友協会黄金ホールでのnoteモーツァルト・コンサートや、ウィーン現地サイトにアクセスして悪戦苦闘sweat01しながら自力でゲットしたflair話題のミュージカル「ダンス・オブ・ヴァンパイア」観劇など盛りだくさんな毎日。ツアーのお仲間(平均年齢の高いsweat01ご夫婦が多いwink)ともすっかり仲良くなってとても楽しい旅行となった。

今週から仕事が忙しくなるので、旅のcameraアルバムとしてアップするのはもう少し時間がかかるかもcoldsweats01 しばらくお待ちくださいpaper 旅のお仲間たちもブログを見てくださるそうなので、緊張sign02coldsweats01 まずはほんのさわりだけご紹介。上の写真は絵のように美しいハルシュタット。下はザルツブルクにある鉄の看板が珍しい通りゲトライドカッセ、「サウンド~」の名場面・白いガゼボ、言わずと知れたシェーンブルン宮殿、楽友協会ホール外観(movie映画「のだめカンタービレ」でもロケしてましたflair)、「ヴァンパイア」上演のローナッハ劇場入口(ドラキュラの歯がお出迎えhappy01)、シュテファン寺院の塔から見える紋章。

Aus_207 Aus_249 Aus_359 Aus_406 Aus_460 Aus_431_3 

2010年6月12日 (土)

旅行中

今日12日から10日ほどairplane旅行にhappy01 旅先からはブログ更新しませんのでsweat01しばらくお休みしますm(_ _)m ご心配なくdash

また戻ってからのcameraアルバムをお楽しみに。

2010年6月11日 (金)

アジサイいろいろ

135 138 今年のアジサイはピンクがたくさん花をつけた。青いガクアジサイは例年通りかな。小花全体がハート型になって可愛かったピンクのは藤色になりながらも今年も咲き始めた。花泥棒(もう花盗人sign04なんてきれいな呼び方はや~めたangry)は知らない間に活躍していたようでbearingあまり切り口が見えない下のほうで早々と切り取っていたみたいsweat01 まあ、風通しがよくなったと思って諦めるしかないがdashそんなに早くに切ってどうするんだろう。花は咲かないし、挿し木には早いしcoldsweats01 白いアジサイがなくならないうちに少し切って飾った。

139

2010年6月10日 (木)

韓流スターが来店

昨日、友人のお店・神戸元町のグリルミヤコに韓流スターshineのリュ・シウォンssiが訪れたと聞いた。コンサートの打ち上げだったとかで、ミヤコのおいしい料理をたくさん召し上がったらしい。最近はドラマより料理番組やコンサート、またレーサーとしても有名な彼、実際に見るとノーブルな二枚目とか。さすがにミヤコも有名店shinehappy01 きっと料理番組で見るように、おいしそうに食べられたことでしょう。ちょっと見てみたかったな~。

2010年6月 6日 (日)

宝塚宙組「トラファルガー/ファンキー・サンシャシン」

宝塚宙組「トラファルガー/ファンキー・サンシャシン」を観劇した。英国の英雄・ネルソン海軍提督の愛と奇跡を描いた物語。宝塚らしい軍服姿がカッコイイheart04 フランス・ナポレオン軍はベルばらなどで見慣れた衣装だが、英国海軍の軍服も新鮮で素敵。経費削減のせいかsweat01セットが簡素というか、チープなのが残念sweat02 エルガー作曲「威風堂々」noteはぴったりsign03もっと聞きたかった。映像駆使というなら、タイトルでもあるトラファルガーの海戦シーンをもうちょっと何とかしてほしかったな。ショーは懐かしのsign02昭和歌謡はちょっと長くて、う~んbearingだが、ポップスの懐かしい1曲noteは青春時代の思い入れのある曲heart02だったので、歌の上手なスターが歌ってくれてうれしかったwink 男役と一緒に娘役もパンツ姿でバリバリ踊るシーンが一番お気に入りhappy01

2010年6月 5日 (土)

グリルミヤコで食事会

071_2 073 昨日は半年ぶりに4人の食事会で友人のお店、元町のグリルミヤコへ。ミヤコが元町へ移転してちょうど1周年だし、シェフが復帰し以前のミヤコのメニュー&雰囲気に戻ったので久々に集まった。料理はみんなでシェアするので、オードブル盛り合わせ、揚げ茄子と大根のサラダ、タンシチュー、ハンバーグをオーダー。シェフ自慢のデザート・焼きプリンも。どれもミヤコらしくて、おいしかったhappy01 焼きプリンはとろとろでカラメルが私好みのビターで最高heart04 ごちそうさま、シェフlovely ワイワイ楽しくおしゃべりも尽きないのでいつものことながら遅くまでお邪魔してしまったsweat01

075 076

2010年6月 2日 (水)

映画「オーケストラ」

見たかったmovie映画「オーケストラ」をやっと見た。かつてはボリショイ交響楽団noteの天才指揮者だったが、ブレジネフ政権の時代にユダヤ人弾圧に盾突いたため、今はしがない中年清掃員にsweat01 だが急遽出演できなくなった楽団の代わりを探すFAXを目にしたため、昔の楽団仲間を集めてパリでのコンサートに出場しようと奮闘する感動作。ちょっとありえない展開もあってツッコミどころ満載だが、最後は感動heart02の一言。最後に演奏されるチャイコフスキーのバイオリン協奏曲noteに、このコンサートを実現した意図が明らかになるというのも、演奏の迫力と相まって見応えある作品となった。個性的な楽団員の描写、洗練されたフランス人と騒々しく野暮ったいロシア人との対比が笑える。

2010年6月 1日 (火)

中島潔の襖絵秘話

昨日、NHKのtvクローズアップ現代で清水寺の襖絵を描いた中島潔の取材番組を見た。地上波で見逃したが夜中にBSで再放送していたのでこちらで。ちょうど先月鑑賞したばかりだったので興味津々。絵を描くということは、早くに亡くなったお母さんや故郷への思いが込められているとか。襖絵の製作意図、制作過程なども興味深い。特に金子みすゞの「大漁」という詩に触発された絵の秘話など芸術家としてのこだわりも感動的だった。

イワシの大漁を詠った短い詩の最後の4行「海の中では 何万の いわしの弔い するだろう」に衝撃を受けて「大漁」の連作を始めたが、「描ききれなかった。自分の思い入れが強くてイワシを悲しみの中にだけ置いてしまった」と言う。今回(これが4作目)は生命の力強さ、すさまじさ、輝きを描きたいと思ったのだと。「前回までは金子みすゞの『大漁』、今回はボクの『大漁』です」と言う。8枚組の襖絵、その何百というイワシに1匹1匹目を入れ、最後に大群の先頭のイワシに銀色の目を入れた後、「少しやさしい、温和な顔になったかな」とつぶやいたのが印象的。天国のお母さんであってほしいとの願いだそう。インタビューアーと一緒にこちらまでウルウルsweat02

「大漁」

朝焼け 小焼けだ 大漁だ

おおばいわしの大漁だ

浜は祭のようだけど

海の中では 何万の 

いわしの弔い するだろう 

~金子みすゞ詩集より~

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

フランス

  • エッフェル塔
    初めての南フランスから北部ノルマンディー地方への縦断の旅でした。憧れのコート・ダジュールやフランスの美しい村など満喫しました。

オーストリア世界遺産の旅

  • ザッハートルテ
    ウィーン以外は初めてのオーストリア。憧れのハルシュタットを含む世界遺産が8つもありました。

トラベル

  • オリエント急行の旅
    旅行が大好き。一番好きなところは? う~ん、どの街にも思い出がいっぱい。

パリ&北イタリア

  • 午後11時のエッフェル塔
    パリは2年ぶり、トリノ、マジョーレ湖は初めて!美食天国フランス・イタリアの名に恥じない?グルメな旅でした。

イギリス

  • お土産
    ロンドン以外は10年ぶりの再訪。緑萌える麗しきカントリーサイドの旅でした。

スペイン

  • カサ・ミラの吹き抜け
    10年ぶりのスペイン。懐かしいところも初めての街も。

ソウルわがまま旅

  • チャマシヌントゥルの外観
    宮廷料理など味はもちろん見た目も美しい料理の数々。目でも楽しんでみてください。

香港グルメツアー

  • パンダクッキー
    14年ぶりの香港へ自力グルメツアー。おいしいものがいっぱいでした。

済州島

  • 五味子茶とトウモロコシのひげ茶
    初めての済州島は真冬。 幸い暖かい日々だったので念願だった ヨン様のドラマロケ地も見学できました。 おいしいものもいっぱい!

韓国旅行3

  • 元祖サンパブチップ入り口
    三度目の韓国は伝統家屋(=韓屋)の村や町並みなどの見学が目的でした。

韓国旅行

  • お土産
    韓国旅行のアルバムがやっと完成。 韓国ドラマ以降、文化、食べ物にもすっかりハマっています。

韓ドラの世界を訪ねて

  • ブタのぬいぐるみ
    二度目の韓国は「韓ドラ・ミーハーツアー」。 いろんなドラマロケ地を網羅しました。

由布院2

  • 日田市豆田町・街並み
    二度目の由布院は亀の井別荘でした。天領日田市のおひなまつりも。

由布院

  • 駅前からの由布岳
    初めて由布院に行ってきました。

箱根・宮ノ下富士屋ホテル

  • ランチ
    建て替えのため閉館する東京の歌舞伎座へ行くついでに 箱根で泊まろうと憧れのクラシカルホテル、 宮ノ下の富士屋ホテルへ
無料ブログはココログ