« 冬の済州島を満喫 | トップページ | バレンタインチョコ »

2010年2月 7日 (日)

宝塚月組・中日公演「紫子/Heat on Beat」

昨日、ご贔屓キリヤンのトップお披露目公演「紫子/Heat on Beat」を名古屋・中日劇場へ知人と見に行った。宝塚大劇場での正式なお披露目は4月のミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」だが、スケジュールの関係で一足早く中日劇場でプレお披露目。雪で新幹線が遅れ気味だったけど、何とか開演にはセーフ。初っ端、ヒロイン紫子の登場が客席からと聞いていたので着席は必至 「紫子」は23年ぶりの再演。名作の誉れ高い作品で私は初演も見ているし大好きな作品だ。

「紫子」よかった~~~~ 紫子は和製オスカルと劇評に書かれていたのを、今さらながら納得。男勝りの紫子は女役も経験したキリヤンにぴったりだし、双子の兄との二役・早替わりも見もの。名曲「花風吹」は見事な歌唱で懐かしくよみがえり、感動 泣き・笑いの感動渦巻くお芝居だった。

ショー「Heat on Beat」も楽しかった~~~~。キリヤンが歌う、歌う、踊る、踊る 前トップのサヨナラ公演のショーをブラッシュアップした(=理事長曰く)ショーで、裸足のダンスもキリヤンが伸びやかにバレエテクニックを駆使して全身全霊で踊っていて見応えあった。

組替えで相手役になった娘役も素晴らしいダンサーで、男前なバリバリのダンス見て一気にファンに 相手役も好きになれないと今後コンビを見るのがツライから安心した。かわいらしいイメージや、大人っぽく魅力的なダンスも素敵。キリヤンとの相性もなかなかいいみたいダンスの呼吸もぴったりだし、肩に担ぎ上げるリフトも軽々できれいだった。久々のダンサートップ娘役の誕生とか。ほか下級生たちも頑張っていて新生月組の順風満帆な出発に安堵 4月が待ち遠しい

|

« 冬の済州島を満喫 | トップページ | バレンタインチョコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚月組・中日公演「紫子/Heat on Beat」:

« 冬の済州島を満喫 | トップページ | バレンタインチョコ »