« 宝塚月組公演「ラストプレイ」 | トップページ | だんじり »

2009年10月20日 (火)

「告白」

本屋大賞ということで話題だった、湊かなえのデビュー作「告白」をようやく読んだ。大どんでん返しの連続とでもいうような展開には素直に驚かされた。娘をクラスの生徒に殺されたという、中学校の女性教師の独白の第1章は驚愕のラストで終わる。その後、第2章からはそれぞれの登場人物の語り口に変わっていき真実が明かされていく。そのどれもが驚きであり、最終章の恐ろしさには後味の悪さも残るが一気に読んでしまった。第1章では独白による淡々とした表現により、今どきのクラス・ホームルームの様子が目に浮かんでくるようで微笑ましかったのに、それが恐ろしい告発の場面に変わっていくのが興味深い。

|

« 宝塚月組公演「ラストプレイ」 | トップページ | だんじり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「告白」:

« 宝塚月組公演「ラストプレイ」 | トップページ | だんじり »