アルザス地方&スイス

  • 精霊教会/ハイデルベルク
    東フランス・アルザス地方の美しい村とスイス・アルプスへの旅でした。 30年ぶりのユングフラウ、ドイツ・ハイデルベルクも懐かしく訪れました。

フランス

  • エッフェル塔
    初めての南フランスから北部ノルマンディー地方への縦断の旅でした。憧れのコート・ダジュールやフランスの美しい村など満喫しました。

オーストリア世界遺産の旅

  • ザッハートルテ
    ウィーン以外は初めてのオーストリア。憧れのハルシュタットを含む世界遺産が8つもありました。

パリ&北イタリア

  • 午後11時のエッフェル塔
    パリは2年ぶり、トリノ、マジョーレ湖は初めて!美食天国フランス・イタリアの名に恥じない?グルメな旅でした。

イギリス

  • お土産
    ロンドン以外は10年ぶりの再訪。緑萌える麗しきカントリーサイドの旅でした。

トラベル

  • オリエント急行の旅
    旅行が大好き。一番好きなところは? う~ん、どの街にも思い出がいっぱい。

スペイン

  • カサ・ミラの吹き抜け
    10年ぶりのスペイン。懐かしいところも初めての街も。

香港グルメツアー

  • パンダクッキー
    14年ぶりの香港へ自力グルメツアー。おいしいものがいっぱいでした。

ソウルわがまま旅

  • チャマシヌントゥルの外観
    宮廷料理など味はもちろん見た目も美しい料理の数々。目でも楽しんでみてください。

韓国旅行3

  • 元祖サンパブチップ入り口
    三度目の韓国は伝統家屋(=韓屋)の村や町並みなどの見学が目的でした。

韓ドラの世界を訪ねて

  • ブタのぬいぐるみ
    二度目の韓国は「韓ドラ・ミーハーツアー」。 いろんなドラマロケ地を網羅しました。

韓国旅行

  • お土産
    韓国旅行のアルバムがやっと完成。 韓国ドラマ以降、文化、食べ物にもすっかりハマっています。

済州島

  • 五味子茶とトウモロコシのひげ茶
    初めての済州島は真冬。 幸い暖かい日々だったので念願だった ヨン様のドラマロケ地も見学できました。 おいしいものもいっぱい!

由布院2

  • 日田市豆田町・街並み
    二度目の由布院は亀の井別荘でした。天領日田市のおひなまつりも。

由布院

  • 駅前からの由布岳
    初めて由布院に行ってきました。

箱根・宮ノ下富士屋ホテル

  • ランチ
    建て替えのため閉館する東京の歌舞伎座へ行くついでに 箱根で泊まろうと憧れのクラシカルホテル、 宮ノ下の富士屋ホテルへ

アレンジメント作品集 

  • 第71回作品 ツインズデコレーション
    自宅でお稽古しているヨーロピアン・ フラワー・アレンジメントの作品集です。

自慢コーナー

  • クリスマスリース
    自称・ビーズ職人という、友人の手作り作品です。 私が作った作品はリングピローが3つになりました。

ガーデニング

  • ポインセチア
    狭いガーデニングですが姉の丹精です。 私は水やりだけ~。

さくら

  • 大手毬
    日本人なら誰もが好きな花、さくら。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月28日 (火)

命名

姫の名前が決定した。友唯《ゆい》ちゃん。呼び方はかわいいけど簡単に読めないしsweat01ちょっと男の子チックじゃないことsign02 でも2つの候補の名前で運勢などを見てもらって、こちらの方がすべて○だとか。名前に負けないように、男の子っぽくてもいいから(オスカルshineだし)元気でしっかりと育っていってほしいな。今日無事退院して明日はお七夜だそう。両家のジージ、バーバが喜んで集まるらしい。みんなデレデレlovely 今から1カ月以上実家にいるので成長ぶりを近くで見られるのが楽しみheart04

2009年4月25日 (土)

ご対面

姪の赤ちゃんと初めてのご対面shine。3300グラム以上もある元気な女の子。姪にはあまり似ていなくてパパ似のようだ。手指も長く(脚はエコーで「長い脚~」と医師に言われていたとか)泣き声も大きいし、女の子顔ではなく鼻筋の通った凛々しいsign02お顔かもwink。オスカルのように育てようpunchなあ~んてbleah。授乳後、初めて抱っこした。紗和子姫が産まれた時より随分重いので、抱っこしていてもずっしりと重量感がある。名前は候補2つに絞って、ただ今検討中。

2009年4月23日 (木)

無事、姫誕生

21日にhospital入院したまま、2日間産まれる気配のなかった姪がやっと今朝というかnight夜中2時半頃に無事、女の子shineを出産した。3200グラム以上ある元気な姫だそう。やれやれ~、一安心dash。母子ともに健康scissorsとのこと。今日は新米パパ側のジージたちなどで千客万来だったらしいので、明日にでもNew Faceの姫heart04を見に行くことに。ご心配してくださった方々、ありがとうございました。

2009年4月21日 (火)

定額給付金

やっと大阪市から定額給付金dollarの手続き書類が届いた。神戸市ではとっくに出たとか、西宮市でも書類送付はもっと前に終わっているそう。早速、本人証明のコピーなどを貼付した書類を送付したが入金は5月半ば?楽しみheart04にしておこう。う~ん、使い道はsign02

今朝、臨月の姪が破水してhospital入院したと連絡があったけど結局、陣痛が来ないのでいまだ産まれる気配なし。明日になるのかなdash無事産まれますようにflair

2009年4月19日 (日)

通り抜け

089 大阪の春の風物詩、造幣局の桜通り抜けに数年ぶりに行った。今年は開花時期が早かったのか、すでに散りかけている種類も。大手毬や憂金(うこん)、楊貴妃という名前が付けられた私の好きな桜のほか、今年の桜は平野撫子(上の写真)。淡い色が慎ましやか?! 濃いピンクは関山。   083

090

085

086_2

2009年4月12日 (日)

ミヤコのラストディナー

三宮の友人のお店「グリルミヤコ」が今月末に神戸・元町に移転するため、中山手店は15日までと聞いたので金曜日に仲間たち4人で食事にrestaurantwinecake。新しいお店にもまた行くが、長年通ったお店がもうなくなるのは寂しい。特製のローストビーフなど前菜の盛り合わせ、piscesエイ(珍しい!初めて食べるflair)のエビ風味ソース、揚げナスの大根サラダ、神戸牛の網焼き、ハンバーグ、カレー、そしてデザートのケーキ盛り合わせなど、たくさんの料理をみんなでシェアしながら食べられるのがうれしい。ワインを飲み、おしゃべりしながら時間が経つのを忘れた。19日にはフェアウェルパーティもするとか。都合がつけば参加を。先日ミヤコへ行けなかった姪には好物のタンシチューをテイクアウトでお土産にすると、とても喜んで、一人でほとんど全部食べたそうsmile

044045046048049047050

2009年4月 9日 (木)

積ん読

先月は腰痛で休んでいたお陰で積ん読状態だったたくさんの本を読めた。3週間で7冊sign03過去最高記録だ。一番面白かったのはジェフリー・ディーヴァーの「スリーピングドール」。リンカーン・ライムシリーズの番外編ということで、前回ゲストキャラだったキネクシス専門家のキャサリン・ダンスが主役。キネクシスというのは「証人や容疑者のボディランゲージや言葉遣いを観察し、分析する科学」だそうで、人間嘘発見器みたい。狡猾な容疑者との心理戦も手に汗握る展開だ。ほかには話題作のジェットコースター小説(昔、ジェットコースタードラマというのがあったっけsmile)と言われる「テンペスト」は荒唐無稽な展開が劇画チック。琉球王朝時代、女性でありながら宦官と偽って科挙に受かり、朝廷で政治的手腕を発しながらも失脚、後半は王の側室として、また復帰した宦官として宮廷内で同時に両性を生きるというストーリー。壮大な歴史物風だけど途中から文章が妙に軽くなりすぎてちょっとついていけなくなった。かなり流し読み。残念sweat01

2009年4月 7日 (火)

桜爛漫

夙川の桜がやっと満開になったと友人からメールと写真が。日曜はさくら祭りが開かれ、夙川公園では12万人もの人出があったらしい。この川沿い、土手の上にも下にもにびっしり花見宴会のグループが席を占めていたとか。きっと身動き取れないくらいだっただろう。暖かい日が続いて絶好の花見日和だもんね。この美しい桜は週末まで見られるかしら。S09_001 S09_003

2009年4月 5日 (日)

お疲れさま食事会

036_2 義兄の退職を記念して家族が集まってのお疲れさま食事会に私も参加。本当は有馬温泉spaで1泊くらいwinkというのが希望だったが何しろ臨月の姪がいるので遠出は無理。ネットで検索して大阪から35分で行ける池田の料理旅館・不死王閣への日帰りツアーとした。お昼に客室で会席をゆっくりいただけるプランで、海の幸、山の幸を味わえる料理を楽しんだ。季節万頭という真丈みたいなのに鰻が入っていておいしかった。蒸し寿司もグー。食事までの間に温泉spaに入る男性陣、女性陣は姫と遊びながらおしゃべり(実は温泉に入りたいけど日帰りだと身支度や化粧し直しが面倒でsweat01)。お花見cherryblossomとしては山手のほうなのでさすがに桜は遅い。まだ六分咲きくらいかな。019 020 021 022 023 024

2009年4月 4日 (土)

桜の下で結婚式

070 姉と家の外周りを掃除していて、ご近所のお寺で今日結婚式heartが行われるのに気がついた。私が知る限り、このお寺で仏前結婚式を見るのは初めて。銀行で海外勤務をしていた経験のある副住職の代になって、いろいろ新しいことにもチャレンジしているのかも。その縁なのか(勝手な想像wink)、新郎は外国の方で新婦は日本人。満開の桜の下にある掲示板に、達筆な筆文字で二人の名前と式開始時間などが書かれていたからわかった。続々と集まる招待客も外国人と日本人が半々かな。駅から曲がる道を間違えたのか、うちの前を通る人も多く、小さな花束を持った外国の方に道案内をすることも。式場である本堂が開け放たれているので様子が門の外からでもよくわかる。姉たちやご近所の人も出て来て、道行く人も立ち止まり興味津々で見守る中、新郎新婦の入場。花嫁は打掛風着物地のベアトップドレスで、淡い花柄が全体に散らばって後ろには帯結びのような大きなリボンがキュート。新郎は淡い色のスーツ(タキシードではなかったと思う)。媒酌人に手を引かれて控室から一旦、通用門を出て歩道を通り本堂前の大門から入場。ちょうどその向かい側に立っていたので新郎新婦の入場時に私たち野次馬が拍手papershinepaperすると、お二人も媒酌人も驚きながらもにこやかに微笑み返してくれた。ポロポロしかけていた雨もそれ以上降らなくてよかったこと。満開の桜の下でおめでとう、お幸せにsign03071 072

2009年4月 2日 (木)

容疑者Xの献身

東野圭吾原作でラスト号泣cryingして読んだ「容疑者Xの献身」のDVDを見た。映画館へは行けなかった姪がDVDレンタルが開始されたから見たいと言うので借りてきて、ついでに私も。最近、珍しく邦画のDVD鑑賞続きだ。映画movie公開前の予告で、ガリレオ博士の福山雅治はさておき、天才数学者役の堤真一と哀しいヒロイン松雪泰子が原作のイメージにぴったりだなあと思っていた。堤真一は普段は素敵heart04なのに、ボサボサ髪で人生に疲れた寂しい役柄にあまりにもぴったりで驚き。最初に予告を見たときは一瞬、これ誰sign02って思ったほど。演技派なんだな~。視覚的にもなかなかいいミスリードをされていてよかった。知っていても最後のくだりはやはり涙がsweat02 でも読んだときの衝撃が大きかったのでじわ~っweepて感じかな。「献身」と付けられたタイトルの深い意味合いにsign04ムムムthink

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ