アルザス地方&スイス

  • 精霊教会/ハイデルベルク
    東フランス・アルザス地方の美しい村とスイス・アルプスへの旅でした。 30年ぶりのユングフラウ、ドイツ・ハイデルベルクも懐かしく訪れました。

フランス

  • エッフェル塔
    初めての南フランスから北部ノルマンディー地方への縦断の旅でした。憧れのコート・ダジュールやフランスの美しい村など満喫しました。

オーストリア世界遺産の旅

  • ザッハートルテ
    ウィーン以外は初めてのオーストリア。憧れのハルシュタットを含む世界遺産が8つもありました。

パリ&北イタリア

  • 午後11時のエッフェル塔
    パリは2年ぶり、トリノ、マジョーレ湖は初めて!美食天国フランス・イタリアの名に恥じない?グルメな旅でした。

イギリス

  • お土産
    ロンドン以外は10年ぶりの再訪。緑萌える麗しきカントリーサイドの旅でした。

トラベル

  • オリエント急行の旅
    旅行が大好き。一番好きなところは? う~ん、どの街にも思い出がいっぱい。

スペイン

  • カサ・ミラの吹き抜け
    10年ぶりのスペイン。懐かしいところも初めての街も。

香港グルメツアー

  • パンダクッキー
    14年ぶりの香港へ自力グルメツアー。おいしいものがいっぱいでした。

ソウルわがまま旅

  • チャマシヌントゥルの外観
    宮廷料理など味はもちろん見た目も美しい料理の数々。目でも楽しんでみてください。

韓国旅行3

  • 元祖サンパブチップ入り口
    三度目の韓国は伝統家屋(=韓屋)の村や町並みなどの見学が目的でした。

韓ドラの世界を訪ねて

  • ブタのぬいぐるみ
    二度目の韓国は「韓ドラ・ミーハーツアー」。 いろんなドラマロケ地を網羅しました。

韓国旅行

  • お土産
    韓国旅行のアルバムがやっと完成。 韓国ドラマ以降、文化、食べ物にもすっかりハマっています。

済州島

  • 五味子茶とトウモロコシのひげ茶
    初めての済州島は真冬。 幸い暖かい日々だったので念願だった ヨン様のドラマロケ地も見学できました。 おいしいものもいっぱい!

由布院2

  • 日田市豆田町・街並み
    二度目の由布院は亀の井別荘でした。天領日田市のおひなまつりも。

由布院

  • 駅前からの由布岳
    初めて由布院に行ってきました。

箱根・宮ノ下富士屋ホテル

  • ランチ
    建て替えのため閉館する東京の歌舞伎座へ行くついでに 箱根で泊まろうと憧れのクラシカルホテル、 宮ノ下の富士屋ホテルへ

アレンジメント作品集 

  • 第71回作品 ツインズデコレーション
    自宅でお稽古しているヨーロピアン・ フラワー・アレンジメントの作品集です。

自慢コーナー

  • クリスマスリース
    自称・ビーズ職人という、友人の手作り作品です。 私が作った作品はリングピローが3つになりました。

ガーデニング

  • ポインセチア
    狭いガーデニングですが姉の丹精です。 私は水やりだけ~。

さくら

  • 大手毬
    日本人なら誰もが好きな花、さくら。

« 新年の抱負 | トップページ | 下関フグ三昧グルメツアー »

2009年1月 2日 (金)

宝塚花組公演「太王四神記」

090102_150028 お正月早々、宝塚花組公演「太王四神記」を観劇。言わずと知れたヨン様heart04のドラマ「太王四神記」の初ミュージカル化だ。制作発表があったときは「ええ~~、映画並みのCGを駆使した、あの壮大な歴史ファンタジーを宝塚で上演するなんて~bearing 」と思っていたが、意外や作品としてはなかなかよかった。長大な物語を2時間半の舞台にうまくまとめていたなあ~というのが一番の感想。ドラマを見ていない人は名前がわかりにくいとか(確かにcoldsweats01)、神話時代からの人間関係や歴史もわかりにくいらしい(確かにsign03ドラマも見る前後にお勉強したものsign04)。でもドラマを見ている者にとっては、こういう風に端折っているのかと興味津々。大長老役は中堅のスターが演じていたが、老け~若返りまでメイクにも凝り、すっかりなりきって大きな悪役として敢闘賞ものflair コムル村村長役も語り部分を担当し、明瞭なセリフと歌で健闘していた。主役タムドクはドラマでは子供時代から青年になってヨン様が登場した途端、オーラshineが漂うのが感じられるほどインパクトがあったので、やはり相当な役者の魅力を発揮しなければ難しい役なのだと思う。本来、戦いにおける家来たちの命をも大切にする王、という人物像だが舞台ではその辺は描かれていないので、役の魅力自体も半減してしまったのかも。敵役のホゲは主役を食ってしまえるような、いわゆるおいしい役。四神の目覚めもスムーズな展開で後半はスピード感があった。前半がちょっともたついたような気もするが、まあヨシとしよう。

« 新年の抱負 | トップページ | 下関フグ三昧グルメツアー »

「宝塚・ミュージカル・歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13235/26744561

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚花組公演「太王四神記」:

« 新年の抱負 | トップページ | 下関フグ三昧グルメツアー »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ