アルザス地方&スイス

  • 精霊教会/ハイデルベルク
    東フランス・アルザス地方の美しい村とスイス・アルプスへの旅でした。 30年ぶりのユングフラウ、ドイツ・ハイデルベルクも懐かしく訪れました。

フランス

  • エッフェル塔
    初めての南フランスから北部ノルマンディー地方への縦断の旅でした。憧れのコート・ダジュールやフランスの美しい村など満喫しました。

オーストリア世界遺産の旅

  • ザッハートルテ
    ウィーン以外は初めてのオーストリア。憧れのハルシュタットを含む世界遺産が8つもありました。

パリ&北イタリア

  • 午後11時のエッフェル塔
    パリは2年ぶり、トリノ、マジョーレ湖は初めて!美食天国フランス・イタリアの名に恥じない?グルメな旅でした。

イギリス

  • お土産
    ロンドン以外は10年ぶりの再訪。緑萌える麗しきカントリーサイドの旅でした。

トラベル

  • オリエント急行の旅
    旅行が大好き。一番好きなところは? う~ん、どの街にも思い出がいっぱい。

スペイン

  • カサ・ミラの吹き抜け
    10年ぶりのスペイン。懐かしいところも初めての街も。

香港グルメツアー

  • パンダクッキー
    14年ぶりの香港へ自力グルメツアー。おいしいものがいっぱいでした。

ソウルわがまま旅

  • チャマシヌントゥルの外観
    宮廷料理など味はもちろん見た目も美しい料理の数々。目でも楽しんでみてください。

韓国旅行3

  • 元祖サンパブチップ入り口
    三度目の韓国は伝統家屋(=韓屋)の村や町並みなどの見学が目的でした。

韓ドラの世界を訪ねて

  • ブタのぬいぐるみ
    二度目の韓国は「韓ドラ・ミーハーツアー」。 いろんなドラマロケ地を網羅しました。

韓国旅行

  • お土産
    韓国旅行のアルバムがやっと完成。 韓国ドラマ以降、文化、食べ物にもすっかりハマっています。

済州島

  • 五味子茶とトウモロコシのひげ茶
    初めての済州島は真冬。 幸い暖かい日々だったので念願だった ヨン様のドラマロケ地も見学できました。 おいしいものもいっぱい!

由布院2

  • 日田市豆田町・街並み
    二度目の由布院は亀の井別荘でした。天領日田市のおひなまつりも。

由布院

  • 駅前からの由布岳
    初めて由布院に行ってきました。

箱根・宮ノ下富士屋ホテル

  • ランチ
    建て替えのため閉館する東京の歌舞伎座へ行くついでに 箱根で泊まろうと憧れのクラシカルホテル、 宮ノ下の富士屋ホテルへ

アレンジメント作品集 

  • 第71回作品 ツインズデコレーション
    自宅でお稽古しているヨーロピアン・ フラワー・アレンジメントの作品集です。

自慢コーナー

  • クリスマスリース
    自称・ビーズ職人という、友人の手作り作品です。 私が作った作品はリングピローが3つになりました。

ガーデニング

  • ポインセチア
    狭いガーデニングですが姉の丹精です。 私は水やりだけ~。

さくら

  • 大手毬
    日本人なら誰もが好きな花、さくら。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月24日 (土)

引っ越し

甥の新居マンション引っ越しの手伝いに駆り出された。姫がいるからなかなか自分たちだけでするのは大変だから、姉、義兄はもちろん手伝うし、及ばずながら私も。今日は一番寒いsad日だとか。天気sunがよかったのでまだ助かった。大きな荷物は業者さんが運んでくれるので本日のミッション・インポッシブルsign01は片付けと旧居マンションの掃除がメイン。ま、姉と私の二人でやれば掃除もあっという間。立つ鳥跡を濁さず、ときれいになった。午後からは北のほうの山がもやってきたなと思っていると、見る見るうちに雪snowが。かなり横殴りに降っていたが、広い窓から見るのは格別。雪snowや雨rainが降っているのを家houseの窓から見るのが好きだ。夕方、ようやく終了。明日は休養だな。

昨日は私の○回目の誕生日shine仕事が忙しい週だったので友人との食事は来週かな。

2009年1月18日 (日)

法事

昨日は父の7回忌、母の27回忌の法事だった。いつもはお寺で法要するが今年は内々だけなので自宅ですることに。姪や甥たちもお参りしてくれた。昨日はお天気もよく暖かだったので法要後の食事に出かけるのも近くだし、みんなで散歩がてらブラブラ歩いていけたのでよかった。姉の幼馴染みの料理屋さんで、ふぐも得意だけど法事の食事なので会席にしてもらった。大サービスで刺身なども大盛り状態で、最後の穴子押し寿司までもう満腹。大食漢の甥ですら、さすがにお腹いっぱいだと言っていた。私は先週の歯の治療後、今はまた噛み合わせが調子悪い時期だから、ナマコやタコが食べにくかったけどそれ以外は結構食べたなあ~。あまりに満腹だから夕食は抜きwink

先日コーヒーメーカーのミルが壊れてsweat01ドリップも以前から調子が悪かったので買い替えた。ウィークデーは電器店に行けなかったからチラシやネットで調べて、やっと今日近所の電器店に買いに行ったら、なんと希望の品shineが在庫処分の対象で今までの値段よりだいぶ下がっていてflairおまけに先週、誕生日ポイントをもらったのでhappy01それも利用するとメチャお得に!ラッキーscissors 昨年から家電の買い替えばかりが続く。大体、寿命が同じなんだろうな~。仕方ないかdash 新しいのはうれしいけどsign04 コーヒーはよりおいしくなったheart04

2009年1月16日 (金)

歌舞伎「霊験亀山鉾」

姉の友人から松竹座の歌舞伎のチケットをいただいたので一昨日、姉と一緒に見た。4時開演だから仕事はbleah早退dash 夜の部は通し狂言「霊験亀山鉾~亀山の仇討」で仁左衛門heart04が悪役で二役すると話題だったので、ちょっと見てみたかったからラッキーscissors 歌舞伎を見るのは随分ご無沙汰、う~ん、勘三郎の襲名興行以来かな。2年ぶりくらいsign02 この狂言は鶴屋南北作だが、あまり上演されていなかったらしく、関西ではなんと77年ぶりだとか。誰も見てないよ~sweat01 南北作で一番好きな「桜姫東文章」みたいな派手さshineはないが、いかにもsign04という創りだ。極悪非道に殺しをする役を仁左衛門が、表情もくずさず冷酷に徹して見せるのが今まで演じてきた悪役とは違う感じ。せっかくの二役だからチラシにあるように、トノコ塗り(白塗りではない、茶色い顔色)で見たかったが、残念ながら早替わりだから無理か~coldsweats01 仁左衛門は勘平などの白塗りより、「桜姫~」の釣鐘権助のような色悪と呼ばれるトノコ塗りの役が好きheart02なんだもん。愛之助が驚くほど仁左衛門に似ていた。白塗りもトノコ塗りも若い頃の仁左衛門の顔にそっくり。別々に出ているときはハッとするほど間違えそうだが、一緒に登場すると圧倒的にオーラが違うのがわかる。これってすごいな~。やはり華のある役者がひとたび舞台に出ると雰囲気がまるで違うもの。実感。

今月は観劇ラッシュ。昨日は友人から来週のミュージカルのチケットがあるけど、行けなくなったので代わりに~って誘われたけど、来週は仕事が忙しくなるので無理そうweepと残念ながらお断りした。でも何のミュージカルだったんだろうcatface

2009年1月12日 (月)

「エリザベート」

昨夜は梅田芸術劇場で「エリザベート」観劇。エリザベート役が宝塚トップOGのカナメちゃん(コムちゃんとのダブルキャスト)に代わって初の観劇となった。「エリザベート」というミュージカルの観劇歴が積み重なり、eyeearが肥えてsign02いくたび、期待heart04や失望sweat02も。もっといいものを聞かせてくれるはず、見せてくれるはずと思っていたのが意外と期待はずれだったりしてsweat01 カナメちゃんのエリザベートは後半はよかったと思う。一番いいと思ったのは病院の場面。孤独感が胸を打った。トートの祐一郎さんは以前気になっていた動きが少しは改善されていたかな。ゾフィもOGダブルキャストで今回はぜひこの人で見たいと思っていた、歌のうまさでは定評のあるイーちゃん。でもこちらも期待しすぎたのか、音域が合っていないのか感動とまではいかない。一昨年のウィーン版引っ越し公演や昨年のウィーン版キャスト・コンサートを見た後では、どうも欲が出てしまって、あそこまでとは言わないがもっとそれに近いものを見せてほしいと思ってしまう。確かに欲張りなんだろうけどcoldsweats01 この「エリザベート」は5月にまた宝塚版が上演されるが、実際のところ自分の中ではもうあまり感動heart02できなくなってしまうような気がしてsweat01 ちょっと悲しい。でも、キャスティングによっては楽しみでもある。

2009年1月11日 (日)

恒例のえべっさん

090110_094259 昨日は十日戎でえべっさん=今宮えびすへ姉とお参り。この不況の折りから商売繁盛を願うsign02 福笹にお飾りは打出の小槌、熊手、米俵、和銭、福袋など。いつもは金の大判をつけていたが、姉がテレビtvで紹介していたという、古いお札の再生紙で作ったエコ和銭にしようというので今年はそれに決定。かわいい福娘さんにつけてもらった。福は来るかな~。

お昼前に姪(亡長姉の娘の方)が子供たちを連れて久々に遊びに。陽菜ちゃんは4歳、翔馬くんはもうすぐ2歳でやんちゃ盛り。一緒に遊んでいると面白いけど疲れる~sweat01 夕方は歯医者へ。年明け最初の土曜日だからか、予約患者が多く、珍しく待たされて治療とともに余計疲れた。一日、密なスケジュールで疲れ過ぎ。帰りの予定がまだあったけど省略して早々に帰宅。

2009年1月 9日 (金)

偶然の再会

月に一度発生する仕事で堺筋本町の本社ビルへ行ったら、偶然古い友人にばったりflair 以前は同じ職場で一緒に仕事していたが、数年前に異動になって別れ別れに。一昨年はあるsign01宴会beerwinericeballbottleで会えたがそれ以来のこと。今は別の仕事をしていてそれで短期で来たとか。それももう今週で終わりらしく、よく偶然にも会えたものだ。私が行くのはいつもは月末か月初めだが、年末年始で遅れて、そのうえ昨日行くはずが急ぎの仕事が入ったため今日に延期したのだ。仕事の手を止めさせてしまったけどsweat01 しばしおしゃべり。また近いうちに宴会をしようということに。今日の仕事はスムーズだったので予定していたより早く終わったが、同僚が電話当番で一緒にランチに行けなくなったためsad 帰社がてらお一人様ランチをすることにしたsmile いつもと違うルートで帰り(うふっ、ちょっと大回りcoldsweats01)なんばウォークにあるデザートの「パステル」レストランに寄った。以前は梅田にもあったのにビル建て替えのため閉店してしまっていたsweat02 先日、日本橋からなんばまで歩いたときにお店があるのに気づいたのでflair うれしくて今日はいいチャンスsign03とばかり立ち寄った。せっかくだからlovelyワンカップデザートランチをオーダー。本日の料理(パスタかドリア)・ドリンク・好きなデザートというメニューで、パスタはピリッとしたイタリアンに温泉spa卵のせ、デザートは宇治金時プリンshine 満腹full

明日は寒そうだが、十日戎なのでえべっさんへ行かなくちゃpunch

2009年1月 8日 (木)

下関・門司港レトロ観光編

この間は食べ物の話と写真ばかりだったが、一応、観光もしたのでwink これは明治時代の旧英国領事館と海饗館という水族館。Cimg2057_2Cimg2055下関と言えば「ふく」ということでホテルのすぐ側には唐戸市場という大きな魚の卸市場がある。見学もできるそうだがあいにくお正月は4日まで休み。獲れたて、卸たての魚の寿司を食べさせるお店も数軒あるようでぜひ味わってみたかったが(まだ食べるのか~)、回転寿司店しか開いていなかったので断念。亀山八幡宮には世界最大のふくの銅像。 Cimg2051Cimg2053こちらはカモンワーフというグルメ・お土産ショップのあるボードウォークにある、愛嬌のある、ふくの像。 ホテルの裏側は唐戸桟橋で向かいの門司港や巌流島へ行く船が出ている。門司港へは5分、巌流島も10分の船旅なので行ってみた。Cimg2017 Cimg2018 Cimg2019 武蔵と小次郎が決闘をした当時は確か今の1/14程度の小島だったとか。今は埋め立て部分がほとんど。でも巌流島ってこんなところにあったのね~。二人の碑とか武蔵が乗ってきた小船と浜辺をイメージしたところも作ってあった。うんうん、いかにも。門司港レトロ地区は今も使われている昔の雰囲気そのままの文字通りレトロなJR門司駅や旧税関など、大正時代の建築が今も残る。港付近はきれいに整備されている。ここの名物は「焼きカレー」。ドライカレーにクリームソースやチーズをかけてオーブンで焼いたもの、カレードリアって感じ。これも食べてみたかったけど、ふく三昧したのでこれまでは無理。残念。Cimg2024 Cimg2032 Cimg2028_2 Cimg2033

2009年1月 5日 (月)

下関フグ三昧グルメツアー

お正月休みの3日~4日は友人と下関フグ三昧グルメツアーに出かけた。大阪では「てっちり、てっさ」と呼ぶけれど、下関ではフグのことを福につながるということから「ふく」と呼ぶそうだ。ふくちり鍋、ふく刺し、など。今回は友人の十分な下調べの結果、本場でしか味わえない、とらふくのフルコース(とらふく皮刺しなど小鉢、ふく刺し、鉄焼き、小ふくの唐揚、ふくちり、雑炊)のほか、ふくの天丼、ふく刺しぶっかけ丼など三食をふくづくしで堪能した。 焼きひれ酒もおいしい。フルコースの中で一番のお気に入りは鉄焼き。「やぶれかぶれ」というお店のオリジナル料理らしく、 焼肉のように鉄板で焼いてピリ辛たれで食べるのがグー。唐揚も抜群。ふく刺しぶっかけ丼(最後の写真)はあっさりして、これも気に入った。観光コースはまた次回。Cimg2038 Cimg2040

Cimg2042Cimg2044Cimg2045Cimg2046Cimg2043Cimg2020 Cimg2059

2009年1月 2日 (金)

宝塚花組公演「太王四神記」

090102_150028 お正月早々、宝塚花組公演「太王四神記」を観劇。言わずと知れたヨン様heart04のドラマ「太王四神記」の初ミュージカル化だ。制作発表があったときは「ええ~~、映画並みのCGを駆使した、あの壮大な歴史ファンタジーを宝塚で上演するなんて~bearing 」と思っていたが、意外や作品としてはなかなかよかった。長大な物語を2時間半の舞台にうまくまとめていたなあ~というのが一番の感想。ドラマを見ていない人は名前がわかりにくいとか(確かにcoldsweats01)、神話時代からの人間関係や歴史もわかりにくいらしい(確かにsign03ドラマも見る前後にお勉強したものsign04)。でもドラマを見ている者にとっては、こういう風に端折っているのかと興味津々。大長老役は中堅のスターが演じていたが、老け~若返りまでメイクにも凝り、すっかりなりきって大きな悪役として敢闘賞ものflair コムル村村長役も語り部分を担当し、明瞭なセリフと歌で健闘していた。主役タムドクはドラマでは子供時代から青年になってヨン様が登場した途端、オーラshineが漂うのが感じられるほどインパクトがあったので、やはり相当な役者の魅力を発揮しなければ難しい役なのだと思う。本来、戦いにおける家来たちの命をも大切にする王、という人物像だが舞台ではその辺は描かれていないので、役の魅力自体も半減してしまったのかも。敵役のホゲは主役を食ってしまえるような、いわゆるおいしい役。四神の目覚めもスムーズな展開で後半はスピード感があった。前半がちょっともたついたような気もするが、まあヨシとしよう。

2009年1月 1日 (木)

新年の抱負

2009年、新しい年が始まった。今年はどんな年になるか?いや、どんな年にするか?一日一日を有意義に過ごせるよう、何事にもぶつかっていけるようでありたい。って、これが新年の抱負かな?!ま、ほんとはお気楽にいければいいかな~bleah

今年のfuji年賀状にはメルアドと一緒に久々にこのブログURLを記載した。昨年、記載しなかったらこのURLを見失ってブログを見られなくなった、という人が何人か連絡してくださったので。そうしたら中学~高校の同級生で高校時代はクラブ活動でも一緒に過ごした仲間から、ブログへコメントがあった。数年前に同窓会をしたがそれ以来は年賀状交換だけだったのが、PCは触れないから子供さんにこのブログにアクセスしてもらった、と。こういう懐かしい友人からの便りはうれしいhappy01

午後から姉一家、甥一家がうちへ。姫も2~3週間会わないうちに、バイバイと一つ(というか、イチと指を出す)という芸?ができるようになっていた。みぞれsnowrain交じりの天気がsun晴れ出したのでみんなで氏神さんにお参り。夜は一緒にカニすきをして、甥とは久々にビールbeerを飲んだ。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ