アルザス地方&スイス

  • 精霊教会/ハイデルベルク
    東フランス・アルザス地方の美しい村とスイス・アルプスへの旅でした。 30年ぶりのユングフラウ、ドイツ・ハイデルベルクも懐かしく訪れました。

フランス

  • エッフェル塔
    初めての南フランスから北部ノルマンディー地方への縦断の旅でした。憧れのコート・ダジュールやフランスの美しい村など満喫しました。

オーストリア世界遺産の旅

  • ザッハートルテ
    ウィーン以外は初めてのオーストリア。憧れのハルシュタットを含む世界遺産が8つもありました。

パリ&北イタリア

  • 午後11時のエッフェル塔
    パリは2年ぶり、トリノ、マジョーレ湖は初めて!美食天国フランス・イタリアの名に恥じない?グルメな旅でした。

イギリス

  • お土産
    ロンドン以外は10年ぶりの再訪。緑萌える麗しきカントリーサイドの旅でした。

トラベル

  • オリエント急行の旅
    旅行が大好き。一番好きなところは? う~ん、どの街にも思い出がいっぱい。

スペイン

  • カサ・ミラの吹き抜け
    10年ぶりのスペイン。懐かしいところも初めての街も。

香港グルメツアー

  • パンダクッキー
    14年ぶりの香港へ自力グルメツアー。おいしいものがいっぱいでした。

ソウルわがまま旅

  • チャマシヌントゥルの外観
    宮廷料理など味はもちろん見た目も美しい料理の数々。目でも楽しんでみてください。

韓国旅行3

  • 元祖サンパブチップ入り口
    三度目の韓国は伝統家屋(=韓屋)の村や町並みなどの見学が目的でした。

韓ドラの世界を訪ねて

  • ブタのぬいぐるみ
    二度目の韓国は「韓ドラ・ミーハーツアー」。 いろんなドラマロケ地を網羅しました。

韓国旅行

  • お土産
    韓国旅行のアルバムがやっと完成。 韓国ドラマ以降、文化、食べ物にもすっかりハマっています。

済州島

  • 五味子茶とトウモロコシのひげ茶
    初めての済州島は真冬。 幸い暖かい日々だったので念願だった ヨン様のドラマロケ地も見学できました。 おいしいものもいっぱい!

由布院2

  • 日田市豆田町・街並み
    二度目の由布院は亀の井別荘でした。天領日田市のおひなまつりも。

由布院

  • 駅前からの由布岳
    初めて由布院に行ってきました。

箱根・宮ノ下富士屋ホテル

  • ランチ
    建て替えのため閉館する東京の歌舞伎座へ行くついでに 箱根で泊まろうと憧れのクラシカルホテル、 宮ノ下の富士屋ホテルへ

アレンジメント作品集 

  • 第71回作品 ツインズデコレーション
    自宅でお稽古しているヨーロピアン・ フラワー・アレンジメントの作品集です。

自慢コーナー

  • クリスマスリース
    自称・ビーズ職人という、友人の手作り作品です。 私が作った作品はリングピローが3つになりました。

ガーデニング

  • ポインセチア
    狭いガーデニングですが姉の丹精です。 私は水やりだけ~。

さくら

  • 大手毬
    日本人なら誰もが好きな花、さくら。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

三朝温泉~倉吉

姉夫婦と姉の友人、私の4人で昨日から鳥取・三朝温泉へ1泊ドライブ旅行に。001 025 白壁土023_2 蔵群が立つ倉吉という小京都の町に立ち寄った後、三朝温泉に到着。ラジウムとトリウム温泉がウリで、旅館は川沿いに120mもの長さの文化財日本家屋。料理長はなんとか賞を受賞していて格別、料理にも力を入れているとのこと。確かに豊富な材料と見映えのいい料理が次々と並ぶ。とても気に入った付き出しのイチジクの胡麻クリーム和え、 見た目もかわいくきれいで品数の多い前菜010020 目の前で作ってくれる伊勢えびの炙り焼き、016 活平目の刺身(焼き石で軽く焼いてもグー)、鱧のしゃぶしゃぶ、牛肉の鉄板焼きなど、どれも満足。みんな健啖家だからほとんど完食だ~。私は調子に乗って同じように食べると胃がもたれるのでちょっと控えめに。でも私にしてはほぼ完食に近い。お風呂上りに飲む生ビールも格別。姉友人の飲む相手をするのは私…。二人でおいしいね~って飲みながら食も一層進む。日曜泊だから温泉も空いていてのんびり3つのお湯を楽しめた。朝風呂も気持ちいい。帰りはあいにく雨模様となったが、せっかく鳥取に来たのだから鳥取といえば砂丘、ということで砂丘にも寄ることに。砂の美術館というのが開館していたので入った。砂を固めて彫刻してあるものが展示されている。今回はアジア世界遺産がテーマで、035 アンコールトムや027 兵馬俑、028 ア ッシリアなど見事な出来映えでなかなかよかった。037_2

2008年9月27日 (土)

相談ランチ

友人から仕事の件で相談兼ねてランチをというお誘いがあり、梅田の松江料理「皆美」で鯛めしを食べた。久しぶりでおいしい。以前長らく一緒に仕事をしていて、私が辞めた後も残っていたけど最近の状況があまりいいものではなく、どうしようかと悩んでいたとか。いろいろおしゃべりするうち少しは気が晴れて、新しく始めてみるのもいいかも…と。しばらく落ち込んでいたけどだいぶ元気が出たannoypunchと言う。よかった~wink。面白かったお互いのおすすめの本の話も楽しかったし、私もおしゃべりしまくりでストレス解消した。お昼前は歯医者でケア(交互に2ヵ所の歯医者に行くので毎週歯医者通いだ~coldsweats01)、友人とのゆっくりしたランチ&ティーの後、阪急デパ地下に寄るとワインwineのセールがあったのでシチリアワインの赤と白を買ったhappy01。一時凝っていたドイツ・フランケンのワインは飲み終わり、今はシュペトレーゼを飲んでいるところで、もうすぐなくなりそうなので買い置きをsmile

2008年9月26日 (金)

冷蔵庫 その2

直接メーカーから冷蔵庫の修理に来てもらった結果、予想通りコンプレッサーがダメになっているそうsweat01sad。購入後8年で10年寿命より少し早いけど部品がないので、市価の半額くらい(?)と思われる金額で今と同じくらいの容量の新品と交換してくれるとのことflair。家電店で新しく買うとしたらもちろんもっと高いし、オシャレなデザインの新しい型とか、もっと容量の大きいものでなくても構わないからその提案を受けることにした。一応、今年の型番だし、派手さのないシンプルな、今のとよく似たデザインとカラーだ。ただ、すぐには入荷しないので来週半ばくらいになりそう。氷が出来ているから冷凍庫は大丈夫だと思っていたが、アイスクリームが柔らかくなってしまっている~bearing。せっかくハーゲンダッツをセールのときに買い込んでまだ5個くらい残ってるのにweep。冷凍庫の中のものも処分しないといけないかな~、残念sweat02

2008年9月25日 (木)

冷蔵庫が壊れた?

冷蔵庫の冷蔵室が冷えなくなってしまった。先日からドアポケットに入れている冷茶や牛乳がどうも冷えていないな~と思っているうちに、そこだけでなく冷蔵室全体が常温みたいになってしまった。これって全く冷蔵庫じゃない?製氷や冷凍室は何とか大丈夫だけど、それも以前ほどではないし。購入後10年近く経っているはずだから寿命と言われればそうかも。とりあえず明日修理・点検に来てもらうことに。で、今夜は冷蔵庫掃除。冷蔵室の中はほとんど空っぽ~。さてどうなることやら。

2008年9月23日 (火)

お彼岸恒例行事

彼岸参りで朝から姉と四天王寺へ。この恒例行事はいつも義兄や姪も参加していたが今秋は姪も結婚して遠くなったので不参加、義兄も今日は留守番。朝早いうちにお参りしたので空いていたが、まだまだ日差しsunが強かった。二人だと気楽に境内の露店を冷やかしながら歩ける。出店する傾向も年とともに違っているのが興味深い。一時はブランドコピー品が席巻していたが、今日はほとんどなくなっていて、昔みたいに骨董品的なもの、リサイクル店が多かった。骨董品みたいな大きな絵皿などの陶器を見るたび、姉が「昔、うちにもこんなのがいっぱいあったよね~」と。確かに!建て替え&住み替えで引っ越すたびに古い陶器は処分してしまったのか、今ではもう一枚もない。数年前にガレージセールしたときにももう倉庫にも残っていなかったからなあ~。今あれば大皿料理などに使えて、いい味があっただろうに。夕方、友人と芦屋のインド料理へ。久しぶりに辛いカレーを食べて元気happy01になれたかな。

2008年9月21日 (日)

食欲の秋、来る!

仕事は珍しく単調な1週間だった。忙しい時期が過ぎてちょっと一休みという狭間のようだ。彼岸の入りで昨日は近所の墓地へ墓参り。今日は月命日で朝からお寺さんが来たし、雨だったので四天王寺へのお参りは23日に行くことに。昨日の夕方、歯医者の帰りに友人とお茶をするつもりが、小腹が空いたというのでピッツァを食べようということになった。となると、お茶ではなくやっぱり白ワインか~。まあまあいけるシチリア白ワインのハーフボトルがあったので注文。でも足りなくなって結局もう1本(ハーフだけどね)。ピッツァも普通サイズだからおかわりを…と。食欲の秋、来る!噛みにくい、食べにくい、と言いつつ食べた~。食欲旺盛な友と一緒だとついつられて食べてしまう。おいしいからいいけどね。今日は一日家にいたので、読書と録画してたまっているビデオ、DVDの消化を。

2008年9月15日 (月)

一家、全員集合

姪が里帰りしているので甥たちも来て、姪の結婚式以来、姉一家が全員集合で食事をするからと、私にも集合がかかった。久々に姪と台所に一緒に立っておしゃべりしながら料理の準備をした。新米主婦として料理のレパートリーも出尽くしたのでネットや雑誌を見て新作料理にも挑戦しているとか。頑張ってるね~。不器用で料理もあまりできない姪だったが、結婚前に母の特訓のおかげでなんとか合格点をもらっているらしい。何でもおいしいと喜んで食べてくれる旦那さまだからよかったね。元気で幸せそうなので安心。紗和子姫も寝返りが上手に打てるようになったし、だいぶしっかりしてきた。姪や甥が赤ちゃんの頃を思い出すなあ。甥にとっては「育ての母」だった時期もあったし…。大勢でにぎやか、楽しく過ごせた。

2008年9月14日 (日)

シャガール展

三連休の2日目は友人と兵庫県立美術館でシャガール展を見た。ロシアやニースの美術館、パリのシャガール家の全面協力だとかで多数の作品で構成されている。展示の目玉はユダヤ劇場という大壁画やタペストリーらしいが、私はやはりブルーと赤の鮮やかな色使いの絵が印象的。いつもは空いているこの美術館だけど、さすがにシャガール展だけあって賑わっていた。9月になってから残暑が厳しいとの予報は大当たりのようで、連日暑い日sunが続いてうんざり~。美術館の帰りはやっと海からの心地よい風が吹いてきた。来週のお彼岸頃には涼しくなるだろうか。夕方、三宮へ出て食事、というよりドイツ料理のお店でビールを。喉が渇いていたのでハーフ&ハーフbeerがおいしかったgood

2008年9月 6日 (土)

映画「SATC」

今、話題の映画「SATC」を見たhappy0110年くらい前からwowowで放映していたテレビ版は好きな番組で全シリーズ見ていたが、数年前に終了し、続編はもう作らないと聞いていたので突然、映画版ができたと知って楽しみにしていた。ファッショナブルで本音トークが面白い30代のキャリアウーマンたちも10年経ってアラフォーに。日本の社会ではありえない?設定だからこそアメリカらしさを感じられる。韓ドラにハマっていて日本のドラマは全くと言っていいほど見ない私だけど、こういうアメリカのドラマは別。以前に日本版SATCというキャッチフレーズのドラマがあったようだが、一度見てがっかりしたpout全然「らしさ」がなく、設定も同じでは無理sadやっぱりこれはアメリカ社会の女性たちを描いたドラマだ。さすがに出演者たちにも10年の歳月は感じられるが、テレビ版の続編として納得いくものを見せてくれた。以前のテレビ版は昨年くらいまでビデオ保存していたが、もう見ないだろうとテープを潰してしまっていたsweat01映画版公開記念として、wowowでも放映があったが(もう解約しちゃった~)、ケーブル局でも来週から全シリーズを放映するので改めて録画しなおそう。映画版が面白かったという姉もテレビ版を見たがっていたし…deliciousそういえば以前のは吹替版だったが、今度は字幕版だとか。本来、吹替は好きじゃないがテレビ版はそれしかなかったので仕方なくsmile長らく吹替で見ていたので出演者たちと声優の声がイメージ的にも一致していたが、映画版は字幕。初めはちょっと違和感があったが見ているうちに慣れてきた。テレビ版を字幕で見るのも新たな楽しみかもflair久々にフェイシャルエステにも行った。

2008年9月 5日 (金)

「天使と悪魔」

「ダ・ヴィンチ・コード」の作者ダン・ブラウン「天使と悪魔」を読んだ。「ダ・ヴィンチ・コード」の読後、こちらも読もうと思っていたが、図書館では上巻だけだったり、下巻だけしか本棚になく、なかなか揃わなかったので借りそびれていたが、先週たまたま上下揃っているのを発見したので即借り。あっという間に読み終えた。時間的には「ダ・ヴィンチ・コード」より前の設定なので、ラングドン教授シリーズの第1弾ということだ。こちらはヴァチカンが舞台。ローマの観光案内のように行ったことのある有名な教会や場所が出てくるので読んでいても臨場感がある。ちょうど先日、仕事で小説の舞台となっている観光地の写真を扱ったこともあり、余計入り込めた。面白い!「ダ・ヴィンチ・コード」が難しいという友人もいたが、こちらのほうがわかりやすいみたい。ベルリーニの作品が指針となる設定も興味深い。ダ・ヴィンチほどメジャーじゃないから、あれほどの話題にはならなかったのかな。第3弾も出してほしいな~。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ