« 正しい食生活 | トップページ | 人気店のパンの評価は? »

2008年5月25日 (日)

ウィーンミュージカルコンサート

梅田芸術劇場のウィーンミュージカルコンサートに行った。昨年のウィーンミュージカル「エリザベート」招聘1周年記念コンサートだ。エリザベートのマヤ・ハクフォート、トートのマテ・カマラス、ルドルフのルカス・ペルマンに加えて、フランツのアンドレ・バウアー、ルカス君とロミオ&ジュリエットで共演していたマジャーン・シャキの5人が、1部では「ダンス・オブ・ヴァンパイア」「ロミオ&ジュリエット」「レベッカ」、2部で「モーツァルト」「エリザベート」の主な曲をそれぞれ歌ってくれる。見たことのないミュージカルでも楽曲や雰囲気が素敵なのでぜひ見てみたいと思うし、おなじみのモーツァルトやエリザベートはやっぱり素晴らしい。今回はトートのマテ氏が「最後のダンス」で客席降りしたり、「愛と死の輪舞」を見事な日本語で、しかも彼特有の色っぽい声で歌うのが絶品だった。アンコールは「闇が広がる」を5人が歌い継ぐのだが、女性たちも低い地声で聴かせてくれる。みんなさすがにうまい!ので聞き応えあった~。

|

« 正しい食生活 | トップページ | 人気店のパンの評価は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィーンミュージカルコンサート:

« 正しい食生活 | トップページ | 人気店のパンの評価は? »