アルザス地方&スイス

  • 精霊教会/ハイデルベルク
    東フランス・アルザス地方の美しい村とスイス・アルプスへの旅でした。 30年ぶりのユングフラウ、ドイツ・ハイデルベルクも懐かしく訪れました。

フランス

  • エッフェル塔
    初めての南フランスから北部ノルマンディー地方への縦断の旅でした。憧れのコート・ダジュールやフランスの美しい村など満喫しました。

オーストリア世界遺産の旅

  • ザッハートルテ
    ウィーン以外は初めてのオーストリア。憧れのハルシュタットを含む世界遺産が8つもありました。

パリ&北イタリア

  • 午後11時のエッフェル塔
    パリは2年ぶり、トリノ、マジョーレ湖は初めて!美食天国フランス・イタリアの名に恥じない?グルメな旅でした。

イギリス

  • お土産
    ロンドン以外は10年ぶりの再訪。緑萌える麗しきカントリーサイドの旅でした。

トラベル

  • オリエント急行の旅
    旅行が大好き。一番好きなところは? う~ん、どの街にも思い出がいっぱい。

スペイン

  • カサ・ミラの吹き抜け
    10年ぶりのスペイン。懐かしいところも初めての街も。

香港グルメツアー

  • パンダクッキー
    14年ぶりの香港へ自力グルメツアー。おいしいものがいっぱいでした。

ソウルわがまま旅

  • チャマシヌントゥルの外観
    宮廷料理など味はもちろん見た目も美しい料理の数々。目でも楽しんでみてください。

韓国旅行3

  • 元祖サンパブチップ入り口
    三度目の韓国は伝統家屋(=韓屋)の村や町並みなどの見学が目的でした。

韓ドラの世界を訪ねて

  • ブタのぬいぐるみ
    二度目の韓国は「韓ドラ・ミーハーツアー」。 いろんなドラマロケ地を網羅しました。

韓国旅行

  • お土産
    韓国旅行のアルバムがやっと完成。 韓国ドラマ以降、文化、食べ物にもすっかりハマっています。

済州島

  • 五味子茶とトウモロコシのひげ茶
    初めての済州島は真冬。 幸い暖かい日々だったので念願だった ヨン様のドラマロケ地も見学できました。 おいしいものもいっぱい!

由布院2

  • 日田市豆田町・街並み
    二度目の由布院は亀の井別荘でした。天領日田市のおひなまつりも。

由布院

  • 駅前からの由布岳
    初めて由布院に行ってきました。

箱根・宮ノ下富士屋ホテル

  • ランチ
    建て替えのため閉館する東京の歌舞伎座へ行くついでに 箱根で泊まろうと憧れのクラシカルホテル、 宮ノ下の富士屋ホテルへ

アレンジメント作品集 

  • 第71回作品 ツインズデコレーション
    自宅でお稽古しているヨーロピアン・ フラワー・アレンジメントの作品集です。

自慢コーナー

  • クリスマスリース
    自称・ビーズ職人という、友人の手作り作品です。 私が作った作品はリングピローが3つになりました。

ガーデニング

  • ポインセチア
    狭いガーデニングですが姉の丹精です。 私は水やりだけ~。

さくら

  • 大手毬
    日本人なら誰もが好きな花、さくら。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月30日 (水)

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン3~ワールド・エンド」

Jack シリーズ完結編の「パイレーツ・オブ・カリビアン3~ワールド・エンド」を見た。前作がテンポよく、ジャック・スパロウ船長がどうなってしまうのか?という繋ぎがあったので続編を楽しみにしていたのにがっかり。息をも切らさずという展開ではないので3時間近いというのは長すぎ~。初めの30分くらいが前作との繋がりもないのに何となく説明じみて退屈だったし(睡魔に襲われたほど)、ラストの海戦も迫力あるけど延々長すぎる。その上PART1、2のキャラとはまるで違う人のようなジャック、ウィル、エリザベスの主要3人にも戸惑うし、今回はバルポッサ船長が目立ったかな。ストーリー展開と「10の謎」というのもイマイチ訳わからなくなっている。前回はその役を楽しんでいるんだろうなと思ったジョニー・デップだったが、今回は出番の少なさと重要度によって消化不良かも。見ているこちらも同様。最近の常で、延々と長いエンドロールの後におまけ映像(というより10年後なので本当の結末?)もあり。

2007年5月28日 (月)

マヤ・ハクフォート・ソロ・ライブ

ウィーン版エリザベート役のマヤ・ハクフォートのソロ・ライブをブルーノートで聞いた。ミュージカルとは違う、今までの持ち歌やジャズなど緩急自在で表情豊かなステージだった。最後はもちろん「私だけに」を熱唱。ナビゲーター(司会でもなく進行役?)として元タカラジェンヌのノルが登場。マヤさんの英語のMCを芝居風に日本語にしたり、現役時代に演じたフランツ・ヨーゼフとしてマヤさんと「夜のボート」をデュエット。ブルーノートへは初めて行ったが、カジュアル指定席という1ドリンク付きの席はステージの真正面だったし、かぶりつき席より一段高いので見やすかった。パリのムーラン・ルージュやリドの客席みたいな作りになっているんだな~。かぶりつき席はステージに対して垂直にテーブルが設置されているので舞台を見るには横向きになるが、一段高い席だと同様な並びでも見やすい。今日はテーブルも前にあり楽だったし、やっぱりライブはこれくらいのハコの方がいいなあ。

2007年5月27日 (日)

アレンジメントお稽古

Twins 2カ月ぶりのアレンジメントお稽古。今日はツインズデコレーションです!と言われてう~ん。お稽古自体も久しぶりだし、ツインズもしばらくやっていないのでみんな黙々と活けていた。私もイマイチ気に入らない出来だが仕方ない。ティータイムは先生のドイツ舞踊公演のお話や私たちのイギリス珍道中の話で爆笑続き。先生からはかわいく着色されたイースター卵をお土産にいただいた。夜は甥夫婦がアメリカハネムーンの写真やお土産を持参しての食事会。どちらも今日は一日中おしゃべり続き。いや、昨日もそうだったなあ~。

2007年5月26日 (土)

宝塚OG vs 現役公演

昨夜は梅芸で宝塚OG公演ショー「DREAM ON」観劇。昔のご贔屓マリコちゃんが年に1度出演するのでやっぱりはずせないかなと。懐かしの名曲や思い出深いダンスなど、爆笑トークも楽しかった。偶然、友人夫妻とも同じ日に観劇とわかり、待ち合わせて三人総見で大いに盛り上がった。今日は宝塚バウホールで現ご贔屓キリヤンの主演「大坂侍」を知人と観劇。こちらは大阪弁炸裂の爆笑時代劇?で面白く、フィナーレのショーでは男役着流しのダンスがカッコよかった~。帰りに三宮のグリルミヤコへ、パパさんが亡くなってすぐに店を再開していると聞き陣中見舞いに。今日のお昼にテレビ放映があったり、また「MEETS」にも掲載されたのでお客さんがひっきりなしで、ゆっくり話もできないくらい大忙しだった。忙しい方が寂しさもまぎれるかも。大繁盛で結構だ。明日は2カ月ぶりのアレンジメントお稽古。

2007年5月25日 (金)

イギリス旅行アルバム完成!

写真アップは早くにできていたが、コメントを書くのに時間がかかるので毎日少しずつ…のつもりが、結局いつものようにここ2日ほどで一気にして、やっと完成。フ~ッ、疲れた~。肩凝った~、腕も腱鞘炎になりそうなくらいダルい~(嫌ならしなきゃいいのにって言われそう、エヘヘ、ちょっとだけボヤいてみたいだけ)。厳選したつもりでも合計134枚と力作(自画自賛?)。今日は一日雨降り。夕方出かける前に寄り道しようと思ったけど、あまりにどしゃ降りだから小雨になるまで待っていようっと。

2007年5月21日 (月)

悲しい出来事

先日来、話題として時々書いていたグリルミヤコの名物パパさんシェフが先週亡くなった。ちょうど旅行中だったので私はお別れには行けなかったが、連絡を受けた姪が友人とも顔見知りなので代わりにお参りしてくれていた。長らく闘病生活を送られていたが、安らかに逝かれたそうだ。ご冥福を祈ろう。合掌。友人と当代シェフの弟さんはお父さんの死にもめげず昨日からお店も再開しているとか、今週末には一度お店に顔を出してみよう。近いうちに仲間で励まし会もする予定。

2007年5月20日 (日)

イギリス旅行

昨日、無事帰国。曇り一時雨のち晴れという天気予報がほとんどで、一日の中で四季があるといわれるくらい天候が安定しないイギリスだけど、ほとんど雨にも遭わず天気に恵まれた。Scotsエジンバラはさすがスコットランド、北の果て近いせいか気温10℃前後とまだ冬!みんなコート、ダウンジャケットなど冬服。私たちもセーター、コート持参で完全武装に。 

Home_1 Hilltop_2 ピーター・ラビットの地、湖水地方は15℃快晴!ミニSLや遊覧船でのレイククルーズを。ピーター・ラビットの作者ビアトリクス・ポターの愛した住まいであるヒル・トップ農場は、10年以上前の旅行では近くの湖までは来たのにそこまで行けなくて残念な思いをしていたので今回の目玉。思った以上に素敵な場所で絵本の世界そのまま。ポターが描いたピーター・ラビットの絵に出てくる風景、庭、家や階段、暖炉、家具などもすべてこの農場と近隣の場所を描いたもの。それが今でもそのままの形で保存されているというから素晴らしい。グッズもたくさん。

Bibury二度目のコッツウォルズも前回とは違った村、ウイリアム・モリスが「イングランドで一番美しい村」と讃えたバイブリー(以前は知らなかった所でここ数年来、憧れの場所)を訪れることができた。

Teaロンドンでは優雅なアフタヌーン・ティーやこれも10年ぶりにミュージカルの本場で「オペラ座の怪人」観劇。やっぱりブラボー!パブならぬホテルのバーでドラフトのギネスを1パイント飲んだ、これが実においしかった!

翌日は二階建てバスに乗って(実は初めて!)ノッティングヒル界隈へ。映画「ノッティングヒルの恋人」でも出てきた、アンティークから洋服、野菜、果物などなんでも売ってるポートベローの屋外マーケットをブラブラ散歩。まずはサワリの写真を、アルバムは近日作製予定。

2007年5月11日 (金)

明日からリフレッシュ休暇

ずっと忙しかった仕事が今日で一段落。明日からしばしリフレッシュ休暇ということで、イギリス旅行に。さてどんな珍道中になるか?

2007年5月 6日 (日)

宝塚・雪組「エリザベート」

ウィーン版エリザベートの余韻も覚めぬまま、今度は宝塚・雪組の「エリザベート」観劇。まあ、ウィーン版、宝塚版、東宝版は同じエリザベートとはいえ、それぞれ全く別物だからそのつもりで見なきゃね。トップお披露目公演でもあるし、衣装などはいつも見応えあって楽しみだし。5組での公演が一巡してそれぞれ個性あるトート&エリザベートが魅力でもある。今回も今までのとはまた違った魅力あるキャストだった。まだまだこなれていないところもあるが、日一日進化していくことだろう。一番のお気に入りはフランツ役と皇太后ゾフィ。二人とも歌がうまいことには定評があるが、役に徹した歌い方で聞き応えあった。

2007年5月 5日 (土)

KOBE Walkerにグリルミヤコ掲載

先日、友人から「グリルミヤコ」が「KOBE Walker」に掲載されたとメールが。早速見てみると、神戸の洋食屋さん特集で震災から助かった奇跡のドミグラスソースというキャッチで大きく取り上げられていた。ここは以前から有名で人気の洋食屋さんだから数々の雑誌やメディアからの取材も多いし、先々月も他の雑誌に紹介されていたが、こんなに大きく掲載されたのは久しぶり。船に乗っていた頃の若かりし先代パパ・シェフや亡くなったママの写真も懐かしい。当代シェフの調理姿やいつもは写真に写らない看板娘の友人の姿もあった。しかし、こういう風に雑誌などに出るとすぐにお客さんがいっぱいになって大忙しになり大変~とうれしい悲鳴らしい。繁盛でいいんだけどね。きっとこのGWも千客万来だったろうな。お疲れさま~。

今年もスズランが咲いた~Suzuran

2007年5月 4日 (金)

GWはあっという間に後半

今年のGWはカレンダー通りのお休み。後半の昨日は所要で三宮へ、暑かった~。まるで急に夏がやってきたみたい?!おかげで予定通り洗濯した毛布類もよく乾いたみたい。今日は朝から天王寺の一心寺へ。ここでは10年ごとに納骨されたお骨で1体の仏様を作られるが、父のお骨が今期13期の仏様になったというお知らせがあったのでお参りに。ご先祖供養の食事会は夜に。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ