アルザス地方&スイス

  • 精霊教会/ハイデルベルク
    東フランス・アルザス地方の美しい村とスイス・アルプスへの旅でした。 30年ぶりのユングフラウ、ドイツ・ハイデルベルクも懐かしく訪れました。

フランス

  • エッフェル塔
    初めての南フランスから北部ノルマンディー地方への縦断の旅でした。憧れのコート・ダジュールやフランスの美しい村など満喫しました。

オーストリア世界遺産の旅

  • ザッハートルテ
    ウィーン以外は初めてのオーストリア。憧れのハルシュタットを含む世界遺産が8つもありました。

パリ&北イタリア

  • 午後11時のエッフェル塔
    パリは2年ぶり、トリノ、マジョーレ湖は初めて!美食天国フランス・イタリアの名に恥じない?グルメな旅でした。

イギリス

  • お土産
    ロンドン以外は10年ぶりの再訪。緑萌える麗しきカントリーサイドの旅でした。

トラベル

  • オリエント急行の旅
    旅行が大好き。一番好きなところは? う~ん、どの街にも思い出がいっぱい。

スペイン

  • カサ・ミラの吹き抜け
    10年ぶりのスペイン。懐かしいところも初めての街も。

香港グルメツアー

  • パンダクッキー
    14年ぶりの香港へ自力グルメツアー。おいしいものがいっぱいでした。

ソウルわがまま旅

  • チャマシヌントゥルの外観
    宮廷料理など味はもちろん見た目も美しい料理の数々。目でも楽しんでみてください。

韓国旅行3

  • 元祖サンパブチップ入り口
    三度目の韓国は伝統家屋(=韓屋)の村や町並みなどの見学が目的でした。

韓ドラの世界を訪ねて

  • ブタのぬいぐるみ
    二度目の韓国は「韓ドラ・ミーハーツアー」。 いろんなドラマロケ地を網羅しました。

韓国旅行

  • お土産
    韓国旅行のアルバムがやっと完成。 韓国ドラマ以降、文化、食べ物にもすっかりハマっています。

済州島

  • 五味子茶とトウモロコシのひげ茶
    初めての済州島は真冬。 幸い暖かい日々だったので念願だった ヨン様のドラマロケ地も見学できました。 おいしいものもいっぱい!

由布院2

  • 日田市豆田町・街並み
    二度目の由布院は亀の井別荘でした。天領日田市のおひなまつりも。

由布院

  • 駅前からの由布岳
    初めて由布院に行ってきました。

箱根・宮ノ下富士屋ホテル

  • ランチ
    建て替えのため閉館する東京の歌舞伎座へ行くついでに 箱根で泊まろうと憧れのクラシカルホテル、 宮ノ下の富士屋ホテルへ

アレンジメント作品集 

  • 第71回作品 ツインズデコレーション
    自宅でお稽古しているヨーロピアン・ フラワー・アレンジメントの作品集です。

自慢コーナー

  • クリスマスリース
    自称・ビーズ職人という、友人の手作り作品です。 私が作った作品はリングピローが3つになりました。

ガーデニング

  • ポインセチア
    狭いガーデニングですが姉の丹精です。 私は水やりだけ~。

さくら

  • 大手毬
    日本人なら誰もが好きな花、さくら。

« 旧交を温めた一日 | トップページ | 続さくら便り »

2007年4月 1日 (日)

ウィーン版「エリザベート」

Elithabeth 待ちに待ったウィーン版「エリザベート」観劇日。姉、姪、姉の友人の4人でS席チケットを確保して待ち望んでいた公演だ。10年近く前にウィーンで見て大感動。抜群の歌唱力もさることながら斬新な舞台装置にも驚かされ、エリザベート好きな姉や姪にもぜひ見せてあげたいなと思っていたら、やっと初めての完全引越し公演が実現するというので本当に楽しみにしていた。期待にたがわず素晴らしかった!みんな大感激。ウィーンの初演以来ずっと出演しているエリザベート役のマヤさん、なんとも艶やかな声のトート役マテさんは年末の来日コンサートでも聞いた通り。ルドルフ役のハンサムなルカス君は今日は出演ではなく、う~んと(名前忘れた)別の俳優さんだった。当日の体調などを考慮した配役になるらしい。ルカスのファンになったので残念だが、次回見るときはルカスのルドルフであることを祈ろう。リピーター割引というチケットを特別に売っていたのでもう1回分即買い。上の階からも見たいので今度は残り少ないB席を購入。装置もやはり見事。ほとんどがウィーンと同じようにできているが、たぶん無理だろうと思った船のようなものが真ん中から二つに割れていくようなセットはいくつかのセリを組み合わせてあったのが惜しかったな~。あれは大きな船が沈没していくイメージでハプスブルクの崩壊を表していて好きだったんだけど、やっぱり無理だよな~。それ以外、ナイフと呼ばれるヤスリのイメージの舞台上斜めに降りてくる橋のようなセリや、カフェ客の遊園地カー、チェス盤上で動く馬に乗ったゾフィと重臣たちなど、懐かしい思いで見た。歌はほんとに素晴らしい。ストーリーは十分すぎるくらい知っているが字幕で細かい歌詞の意味なども理解でき、奥の深い作品だと感じられた。

« 旧交を温めた一日 | トップページ | 続さくら便り »

「宝塚・ミュージカル・歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13235/5938802

この記事へのトラックバック一覧です: ウィーン版「エリザベート」:

« 旧交を温めた一日 | トップページ | 続さくら便り »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ