« 自分へのご褒美ディナー | トップページ | 洗濯日和 »

2007年4月28日 (土)

映画「クイーン」

Queen1 アカデミー賞主演女優賞を受賞したヘレン・ミレン演じる「クイーン」を見た。ダイアナ元妃の死への対応により、国民の王室不信を招いたという女王の苦悩を淡々としたタッチで描かれいる。外見だけでなく歩き方や話し方までそっくりに真似ているとかでそれだけでも話題だったけど、オスカー受賞というのも納得の演技。なんと言っても女王役のヘレン・ミレンの威厳に満ちた凛とした姿が素晴らしい。ブレア首相や夫人もそっくり!首相就任時の挨拶に対する女王の態度(笑える~)と、王室と批判する民衆との橋渡し的な役割を果たし終えた後に対面した態度に、女王、首相ともにお互いを理解し合えた感情が静かに流れていて感動的。首相を取り巻くブレーンのやり取りも興味深い。

|

« 自分へのご褒美ディナー | トップページ | 洗濯日和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「クイーン」:

« 自分へのご褒美ディナー | トップページ | 洗濯日和 »