アルザス地方&スイス

  • 精霊教会/ハイデルベルク
    東フランス・アルザス地方の美しい村とスイス・アルプスへの旅でした。 30年ぶりのユングフラウ、ドイツ・ハイデルベルクも懐かしく訪れました。

フランス

  • エッフェル塔
    初めての南フランスから北部ノルマンディー地方への縦断の旅でした。憧れのコート・ダジュールやフランスの美しい村など満喫しました。

オーストリア世界遺産の旅

  • ザッハートルテ
    ウィーン以外は初めてのオーストリア。憧れのハルシュタットを含む世界遺産が8つもありました。

パリ&北イタリア

  • 午後11時のエッフェル塔
    パリは2年ぶり、トリノ、マジョーレ湖は初めて!美食天国フランス・イタリアの名に恥じない?グルメな旅でした。

イギリス

  • お土産
    ロンドン以外は10年ぶりの再訪。緑萌える麗しきカントリーサイドの旅でした。

トラベル

  • オリエント急行の旅
    旅行が大好き。一番好きなところは? う~ん、どの街にも思い出がいっぱい。

スペイン

  • カサ・ミラの吹き抜け
    10年ぶりのスペイン。懐かしいところも初めての街も。

香港グルメツアー

  • パンダクッキー
    14年ぶりの香港へ自力グルメツアー。おいしいものがいっぱいでした。

ソウルわがまま旅

  • チャマシヌントゥルの外観
    宮廷料理など味はもちろん見た目も美しい料理の数々。目でも楽しんでみてください。

韓国旅行3

  • 元祖サンパブチップ入り口
    三度目の韓国は伝統家屋(=韓屋)の村や町並みなどの見学が目的でした。

韓ドラの世界を訪ねて

  • ブタのぬいぐるみ
    二度目の韓国は「韓ドラ・ミーハーツアー」。 いろんなドラマロケ地を網羅しました。

韓国旅行

  • お土産
    韓国旅行のアルバムがやっと完成。 韓国ドラマ以降、文化、食べ物にもすっかりハマっています。

済州島

  • 五味子茶とトウモロコシのひげ茶
    初めての済州島は真冬。 幸い暖かい日々だったので念願だった ヨン様のドラマロケ地も見学できました。 おいしいものもいっぱい!

由布院2

  • 日田市豆田町・街並み
    二度目の由布院は亀の井別荘でした。天領日田市のおひなまつりも。

由布院

  • 駅前からの由布岳
    初めて由布院に行ってきました。

箱根・宮ノ下富士屋ホテル

  • ランチ
    建て替えのため閉館する東京の歌舞伎座へ行くついでに 箱根で泊まろうと憧れのクラシカルホテル、 宮ノ下の富士屋ホテルへ

アレンジメント作品集 

  • 第71回作品 ツインズデコレーション
    自宅でお稽古しているヨーロピアン・ フラワー・アレンジメントの作品集です。

自慢コーナー

  • クリスマスリース
    自称・ビーズ職人という、友人の手作り作品です。 私が作った作品はリングピローが3つになりました。

ガーデニング

  • ポインセチア
    狭いガーデニングですが姉の丹精です。 私は水やりだけ~。

さくら

  • 大手毬
    日本人なら誰もが好きな花、さくら。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

洗濯日和

昨日は新緑散策で陽を浴びながら長い時間散歩したので今日は家事に専念。朝から布団干し、洗濯、冬物片付け兼衣類入れ替え、掃除など。毛布も洗おうと思ったけど明日から雨になるそうなので3日以降にすることにしよう。掃除はしばらくサボっていたので隅々までしているとあっという間に時間が過ぎてしまう。自室もきれいになったのでシーツやベッドスプレッドなども新しいものに交換して睡眠時間も気分新たにってことで。明日、明後日2日行くとまた4連休だ。甥夫婦は明日から念願のラスベガス、グランドキャニオンなど雄大な自然を訪ねて国立公園へ、遅ればせながらハネムーンに出発。楽しんで~行ってらっしゃ~い。

2007年4月28日 (土)

映画「クイーン」

Queen1 アカデミー賞主演女優賞を受賞したヘレン・ミレン演じる「クイーン」を見た。ダイアナ元妃の死への対応により、国民の王室不信を招いたという女王の苦悩を淡々としたタッチで描かれいる。外見だけでなく歩き方や話し方までそっくりに真似ているとかでそれだけでも話題だったけど、オスカー受賞というのも納得の演技。なんと言っても女王役のヘレン・ミレンの威厳に満ちた凛とした姿が素晴らしい。ブレア首相や夫人もそっくり!首相就任時の挨拶に対する女王の態度(笑える~)と、王室と批判する民衆との橋渡し的な役割を果たし終えた後に対面した態度に、女王、首相ともにお互いを理解し合えた感情が静かに流れていて感動的。首相を取り巻くブレーンのやり取りも興味深い。

2007年4月24日 (火)

自分へのご褒美ディナー

1月まで同じビル内で仕事していた友人から「晩ご飯食べようよ~」とずっと誘われていたが、なかなか仕事が早く終わる目途が立たなくて延び延びになっていた。以前はランチを一緒にしていたが、今また近くで仕事しているそうだけど昼休みの時間が合わないのでランチには行けないし、夜ゆっくりおしゃべりしながら食事をということに。昨日まで忙しかったが、わりとヨミ通り今日は定時で終わることができたので約束もOK。お互いの仕事場の中間点、本町の国際ビルのレストラン「mitte」へ。ここは来たことはないが、以前の仕事の某ブライダル誌でレストランウエディングとして記事を扱っているので読んだことがあった。天井が高くモダンな内装。コース料理がメインみたいなので、重いコースではなく魚か肉料理を選べる軽めのコースにした。大きなお皿にチマチマと並んでいる今風のディッシュだ。味はイケル!量はすべて小さめなので少食の私にはぴったり。先日、お肉を食べたばかりなので今夜は真鯛のポワレ・アサリのチャウダーソースに。黒豆のカプチーノ仕立てというスープはちょっと味が濃いかな。でもデザートはクリームブリュレ、マーブルホットチョコケーキ、アイスクリームという3種の盛り合わせがうれしかった~。友人曰く「一生懸命仕事した自分へのご褒美ディナー」。

2007年4月22日 (日)

グリルミヤコ40周年記念ワイン会

Miyako 40 友人のお店、三宮のグリルミヤコで開店40周年記念のランチ会があった。北野のドイツワイン専門店ローテ・ローゼとミヤコの料理のコラボレーションという企画。友人たち5人で参加し、お祝いのお花をプレゼント。ほかのメンバーは知人が1名、ミヤコ創業当時からのお客さんたちで12名ほどのアットホームな会となった。ローテ・ローゼの選りすぐりワインが4種類で詳しい説明付き、料理はミヤコ当代のシェフが説明してくれ、どちらも楽しめた。オードブルには先代パパさんシェフから受け継いだもの、当代のオリジナルなど新旧取り合わせて、さらに今回はワインに合う料理ということでいろいろ考えてくれたというのもうれしい。最近はあまり飲む機会がなくなったドイツワインだが、目から鱗みたいな味もあり、リストをいただいたので気に入ったワインを探してみようかな。もちろんローテ・ローゼへ行けばすぐに手に入るだろうけど。この企画、なかなか楽しかったし、次回はディナーでもっとゆっくり時間をかけて味わってほしいとのこと。期待してるよ~。オードブルバリエ、プティポワのスープ(グリーンピース)、ホホ肉のビーフシチュー、コールスローサラダ、苺のタルトレット、コーヒーというメニューに、シュペトレーゼのデザートワインがおいしかった。Zensai Beef Ichigo

2007年4月19日 (木)

二度目のウィーンエリザ

先日観劇したウィーン版「エリザベート」の二度目は3階センター席から。1階では見えない舞台装置などを楽しむためというのが一番のポイント。今日はお目当てのルカス君がルドルフだったけど、トートはマテ氏ではなくセカンドのマルティン氏だったのが残念。歌はもちろん上手だけどマテのような激しいスリリングなアクションではない、フツーなのがもう物足りないくらい?ルキーニが一番ノリノリだったような。終演後、出口で元タカラジェンヌで宝塚版エリザベートの初代ルドルフを好演したタータンと遭遇。今やすっかり女優さんで素敵なオーラが漂っていた。ちょっぴりミーハーして写真も。昨日までの連日の残業続きでお疲れモード全開だったけど、今日は有休にしたので念のため午前は整骨院でマッサージ。観劇後、姉と軽食を食べ、数ヶ月ぶりにフェイシャルエステにも。いいリフレッシュになったようだ。明日からまた頑張れる?

2007年4月15日 (日)

忙しさの反動?

昨日は整骨院へ行き、その後美容院でカット&カラー。夕方は知人との食事会で三宮のグリルミヤコへ。本当はその前に宝塚の友人が引っ越したので、その「豪邸」お披露目パーティに顔だけでも出すつもりだったけど、結局時間がなくてそちらは断念。また後日第2弾パーティがあることを期待しよう。美容院へ行くときにパンツの丈が合わないのでいつもの平底靴ではなく、少しだけヒールのある靴を履いて歩き出したら急に腰に違和感が。玄関でソックスを脱いだり、靴を何足か履き替えたりしていただけで別に腰をひねったわけではないのに。そのまま違和感が腰痛になりそうな気配。電車に乗って立っても椅子に座ってもなんだか痛いような~。う~、せっかく整骨院へ行って肩や背中は治ったばかりなのに、また明日にでも今度は腰痛で診てもらわなくちゃ。トホホ。今日も外出予定があったがまだ痛いので急遽キャンセルに。一日腰を温めながら休養。

2007年4月13日 (金)

悩まされたセキュリティソフト更新

この間からセキュリテイソフトの更新を促すお知らせがあったが今年1月に新しく正規版を購入したばかりなので無視していたら、危険だとか何度もお知らせがあるので一応チェックしてみた。すると一定の期間に正規版を購入した人には無料でXPよりスムーズというVISTA版への更新が可能だというのでやってみた。しかし、なぜかうまく更新できないでエラーばかり。調べると購入した正規版を再度ダウンロード、インストールし直すのがいいと。仕方なく今入っているもののアンインストールをしてからもう一度やり直し。しかしこれにえらく時間がかかり、眠い目をこすりながら待つ。途中で勝手にセキュリティチェックをし始め、新しいソフトの更新にはさらに時間がかかりそう。いつの間にか夜中の1時半。翌日はまだ仕事があるからもっと早く寝たかったのに~。こんなに時間がかかるならもっとヒマなときにしたのに~、と後悔しても後の祭り。泣く泣く更新&チェックが終わるのを待つ。とりあえず無事インストールまでは終わったので、また勝手に!セキュリティチェックし直している項目は何万項目にも及ぶから、もう知~らないとあとはPCに任せて放ったらかして寝ちゃった。朝、スリープ状態になっているPCを見ると当然チェックも終わっていた。ごくろうさん!ウィルスの脅威があるから無下にできないから困るわ。これで当分は大丈夫。ふ~、やれやれ。おかげで今日の仕事中、午後から眠気が~~。

2007年4月 8日 (日)

リフレッシュ

昨日とは打って変わって穏やかな暖かい日。統一地方選挙の投票をすませ、図書館へも久々に自転車で行くと途中あちこちの桜が満開。心地いい風に吹かれながらサイクリングのように走らせた(おかげで夜はちょっと脚がだるい?)。ついでに遠くのスーパーで買い物し、午後は姉とハーブサウナへ。風邪が長引いていたのでエステはもちろんハーブサウナにも行けなかったからほんとに久しぶりのこと。汗をかいてすっきり。明日から忙しい週が始まる。

2007年4月 7日 (土)

花見には無情の雨?

昨日の天気予報では雨降りなんて言ってなかったのに(むしろ晴れでお花見日和とか?)朝の曇り空から午後には雨になってしまった。大阪ではまだ降っていなかったけど三宮まで行ったら本格的な雨に。用を済ませると夕方にはなんとか雨も上がったので、帰りに友人と芦屋でちょっとだけ夜桜見物を。ちょうど芦屋さくら祭りの最終日で河岸の特設ステージではカントリー音楽などのライブをしていた。川沿いの大きな桜が満開でライトアップされてとてもきれい。沿道の夜店も雨にたたられて気温が下がり、また冬みたいに寒くなったのでお客さんが少なくお気の毒。雨もなく暖かい夜だと、ワインの店などもあったので桜の下でワイングラスを傾けて、なんてこともできたのに残念。夙川の桜も駅から見えたがまさに満開。桜が咲く頃にはワクワクしてやはり日本人だな~って思う。

2007年4月 6日 (金)

風邪→花粉?→整骨院

咳も止まり、なんとか風邪が治ったと思ったら花粉症の疑い、それも治まってきたかなと思ったら今度は突然に肩と背中の痛み到来。2月は頚だったけど今度は右肩甲骨に沿って筋がズキンと痛んだ。朝起きる前から肩が痛くて寝返りが打てなかったし、起きてもうがいできない。どうにか出勤したがつり革も持てない。たまたま仕事は書くより読む方が多かったので助かったが仕事を終え、整骨院へまっしぐら。で、この3日間は整骨院通い。やっと痛みが和らいでラクになった~。今週は花冷えだけど明日は暖かくなりそう、お花見日和かな。

2007年4月 2日 (月)

続さくら便り

Sakura1 夙川の友人から八分咲きになった桜の写真が送られてきた。きれい~。開花が予想より遅くなったので今週末でもまだ満開の桜が見られそう。雨降りじゃなければお花見に行こう!濃いピンクの桜もキュート。やっと咳も直ってきたようだが、くしゃみ、鼻水というパターンになってきたので花粉症デビュー?かな。風邪がよくなったら美容院へも行かなきゃ。Sakura2 Sakura3

2007年4月 1日 (日)

ウィーン版「エリザベート」

Elithabeth 待ちに待ったウィーン版「エリザベート」観劇日。姉、姪、姉の友人の4人でS席チケットを確保して待ち望んでいた公演だ。10年近く前にウィーンで見て大感動。抜群の歌唱力もさることながら斬新な舞台装置にも驚かされ、エリザベート好きな姉や姪にもぜひ見せてあげたいなと思っていたら、やっと初めての完全引越し公演が実現するというので本当に楽しみにしていた。期待にたがわず素晴らしかった!みんな大感激。ウィーンの初演以来ずっと出演しているエリザベート役のマヤさん、なんとも艶やかな声のトート役マテさんは年末の来日コンサートでも聞いた通り。ルドルフ役のハンサムなルカス君は今日は出演ではなく、う~んと(名前忘れた)別の俳優さんだった。当日の体調などを考慮した配役になるらしい。ルカスのファンになったので残念だが、次回見るときはルカスのルドルフであることを祈ろう。リピーター割引というチケットを特別に売っていたのでもう1回分即買い。上の階からも見たいので今度は残り少ないB席を購入。装置もやはり見事。ほとんどがウィーンと同じようにできているが、たぶん無理だろうと思った船のようなものが真ん中から二つに割れていくようなセットはいくつかのセリを組み合わせてあったのが惜しかったな~。あれは大きな船が沈没していくイメージでハプスブルクの崩壊を表していて好きだったんだけど、やっぱり無理だよな~。それ以外、ナイフと呼ばれるヤスリのイメージの舞台上斜めに降りてくる橋のようなセリや、カフェ客の遊園地カー、チェス盤上で動く馬に乗ったゾフィと重臣たちなど、懐かしい思いで見た。歌はほんとに素晴らしい。ストーリーは十分すぎるくらい知っているが字幕で細かい歌詞の意味なども理解でき、奥の深い作品だと感じられた。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ