アルザス地方&スイス

  • 精霊教会/ハイデルベルク
    東フランス・アルザス地方の美しい村とスイス・アルプスへの旅でした。 30年ぶりのユングフラウ、ドイツ・ハイデルベルクも懐かしく訪れました。

フランス

  • エッフェル塔
    初めての南フランスから北部ノルマンディー地方への縦断の旅でした。憧れのコート・ダジュールやフランスの美しい村など満喫しました。

オーストリア世界遺産の旅

  • ザッハートルテ
    ウィーン以外は初めてのオーストリア。憧れのハルシュタットを含む世界遺産が8つもありました。

パリ&北イタリア

  • 午後11時のエッフェル塔
    パリは2年ぶり、トリノ、マジョーレ湖は初めて!美食天国フランス・イタリアの名に恥じない?グルメな旅でした。

イギリス

  • お土産
    ロンドン以外は10年ぶりの再訪。緑萌える麗しきカントリーサイドの旅でした。

トラベル

  • オリエント急行の旅
    旅行が大好き。一番好きなところは? う~ん、どの街にも思い出がいっぱい。

スペイン

  • カサ・ミラの吹き抜け
    10年ぶりのスペイン。懐かしいところも初めての街も。

香港グルメツアー

  • パンダクッキー
    14年ぶりの香港へ自力グルメツアー。おいしいものがいっぱいでした。

ソウルわがまま旅

  • チャマシヌントゥルの外観
    宮廷料理など味はもちろん見た目も美しい料理の数々。目でも楽しんでみてください。

韓国旅行3

  • 元祖サンパブチップ入り口
    三度目の韓国は伝統家屋(=韓屋)の村や町並みなどの見学が目的でした。

韓ドラの世界を訪ねて

  • ブタのぬいぐるみ
    二度目の韓国は「韓ドラ・ミーハーツアー」。 いろんなドラマロケ地を網羅しました。

韓国旅行

  • お土産
    韓国旅行のアルバムがやっと完成。 韓国ドラマ以降、文化、食べ物にもすっかりハマっています。

済州島

  • 五味子茶とトウモロコシのひげ茶
    初めての済州島は真冬。 幸い暖かい日々だったので念願だった ヨン様のドラマロケ地も見学できました。 おいしいものもいっぱい!

由布院2

  • 日田市豆田町・街並み
    二度目の由布院は亀の井別荘でした。天領日田市のおひなまつりも。

由布院

  • 駅前からの由布岳
    初めて由布院に行ってきました。

箱根・宮ノ下富士屋ホテル

  • ランチ
    建て替えのため閉館する東京の歌舞伎座へ行くついでに 箱根で泊まろうと憧れのクラシカルホテル、 宮ノ下の富士屋ホテルへ

アレンジメント作品集 

  • 第71回作品 ツインズデコレーション
    自宅でお稽古しているヨーロピアン・ フラワー・アレンジメントの作品集です。

自慢コーナー

  • クリスマスリース
    自称・ビーズ職人という、友人の手作り作品です。 私が作った作品はリングピローが3つになりました。

ガーデニング

  • ポインセチア
    狭いガーデニングですが姉の丹精です。 私は水やりだけ~。

さくら

  • 大手毬
    日本人なら誰もが好きな花、さくら。

« 休養&リフレッシュ | トップページ | 母の日食事会 »

2006年5月13日 (土)

スペインの旅

_264_1 _299_1 10年ぶりのスペイン旅行。姉の念願だった、マドリッド・ソフィア王妃芸術センターにあるピカソの「ゲルニカ」は何度見ても心打たれる。人間、動物、植物などすべての叫びが聞こえてくるようならこの作品を理解できたことになるというガイドさんの説明にも納得。プラド美術館でのベラスケスの傑作「ラス・メニーナス(宮廷の女官たち)」も、博識なガイドさんの解説と<隣の部屋からその大作を見る>という鑑賞の仕方で、今までに一番理解できたと思う。本当にその部屋での出来事のように奥行きが感じられ改めて感動。ほかにゴヤの「裸のマハ」「着衣のマハ」、グレコの「受胎告知」など。トレドでもグレコの最高傑作「オルガス伯の埋葬」を同じガイドさんの詳細すぎるほど(?)の説明で鑑賞した。初めて訪れた、ドン・キホーテで有名なラ・マンチャ地方のコンスエグラは丘の上に白い風車が並んでいて可愛らしい。オリーブ畑一色の中、グラナダへ。アンダルシアの光と影が織り成すイスラム文化の結晶と言われ見ごたえあるアルハンブラ宮殿。竹之内豊のカメラCMでも登場していた地中海を臨む白い村ミハス。昔はこぢんまりした印象だったが大きく(?)なったように感じるのは私だけかな。姉もお気に入りでもっとフリータイムが欲しいと。泊まってみたい素敵なホテルを見~っけ。コスタ・デル・ソル(太陽海岸)は地中海リゾートで、ここで連泊したかった~と姉はのたまう。最後はバルセロナでピカソ美術館、ガウディのグエル公園とサグラダファミリア(聖家族教会)へ。以前来たときはまだまだ50年くらい先でも完成しないという話だったが、資金の目途(寄付以外に入場料も随分と多いらしく)もつき、2022年完成予定とか。見てみたいな~。バルセロナではちょうどサッカーのFCバルセロナが優勝したばかりでホテル近くの大通りで優勝パレードも。本場のパエジャ、ガスパチョ、トルティージャ(スペイン風オムレツ)、生ハムなどもおいしかった。スリ、怪我をさせられるほど悪質な引ったくりなどが多く、今一番治安が悪い国と言われるスペインで少々心配だったが、ガイドさんたちの忠告&注意を守り、安全に快適な旅となったことに感謝。_362 _329

« 休養&リフレッシュ | トップページ | 母の日食事会 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

はい、イタリア絵画も好きですがスペイン絵画も素晴らしいですね。宗教的な意味合いはわからなくても純粋に感動できました。

「オルガス伯の埋葬」見てきたんですね!
私も二十数年前(!)に見て、そのときの感動はいまだに忘れられません。名作だよね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13235/1755376

この記事へのトラックバック一覧です: スペインの旅:

« 休養&リフレッシュ | トップページ | 母の日食事会 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ